【WiMAXで節約】ネット固定回線やスマホ代がお得になる人とは?

毎月のインターネット代に、5000円や6000円もかかっていないでしょうか。スマホの料金と合わせればかなりの支出になりますし、どうにか節約したいと考えるのが普通ですよね。

インターネット代の節約方法として、契約業者を変更する方法をご紹介しました。

タイプ別にみるネット固定回線の節約に最適な光回線&プロバイダ

但し、上の記事でご紹介した節約方法は、フレッツ光や光コラボ、auひかりなどの固定回線をよく使う人に適したものです。

自宅であまり固定回線を使っていないのに、5000円も6000円も払うこと自体がムダに感じているなら「WiMAX2+(WiMAX)」を検討してみてください。

WiMAX2+なら固定回線よりも月額料金が安くなります。1000円前後、場合によってはそれ以上の節約効果を狙えるでしょう

ですが、WiMAX2+はややクセのあるインターネット回線です。注意したいポイントについて語ってみましたので、納得できたなら利用の決断をしてみましょう。

WiMAXは一昔前の技術です。今は「WiMAX2+」という、高速通信を実現する新しい技術が主流です。

「WiMAX2+」の利用がお得な人とは?

ただ安いだけで判断するのはおすすめしません。WiMAX2+の利用が適している人・向かない人がいます。あなたが向いているタイプなのか、ここでしっかり調べておきましょう。

自宅でほとんど固定回線を利用しない家庭

せっかく高速な光回線が自宅にあるのに、ちっとも使っていないなんて状況になっていませんか?

「パソコンがホコリまみれ」「テレビはアンテナで受信している」「インターネットを使うならスマホだけ」。

これらに当てはまる人なら、WiMAX2+へ切り替えるのがお得です。自宅の固定回線を全く使わないわけでなく、たまに使う程度でも、WiMAX2+さえあればパソコンやテレビゲーム機などを接続してインターネットを利用できます。

固定回線の2段階定額制で節約する方法もありますが、一定のデータ量を超えると通常の定額制よりも割高になるのが2段階定額制のリスクです。WiMAX2+は定額制でありながら料金が安く、リスクを気にせずにインターネットを楽しめるのがメリットです。

高画質動画を長時間見ない・あまり興味がない

インターネット配信の高画質動画は送受信するデータ量が大きいため、固定回線の有線接続に比べ、無線のWiMAX2+では安定した品質で動画を視聴できない場合があります。

とはいえ、YouTubeやHuluなどの有名な配信サービスの動画をWiMAX2+で普通に楽しめますから、そこまで心配しなくても大丈夫です。

パソコンやテレビで高画質動画を1日に何時間も見る人は別ですが、暇つぶしに軽く動画を見るくらいならWiMAX2+で十分でしょう。動画に興味がなければなおさらです。

1人暮らしの人

WiMAX2+はモバイルルーターを使いますので、外出先に持っていけます。

1人暮らしで外出時間が長いと、自宅の固定回線がムダに感じる人も出てくると思います。固定回線をやめてモバイルルーターだけにすれば、大幅な節約効果が狙えます。

自分以外の家族が自宅で固定回線を使わない

モバイルルーターを持って外出すると、自宅にいる家族がインターネットを利用できなくなります。WiMAX2+のデメリットですが、家族が固定回線でパソコンをしない、スマホを接続しない、動画を見ないなら話は別です

スマホだけで十分な人だっています。あなただけが固定回線を使っているなら、WiMAX2+へ切り替えても家族に迷惑をかけないでしょう。

スマホのパケット定額は不要・ムダに高く不満な人

大手携帯キャリアのパケット定額の高さにうんざりしていませんか?ドコモのスマホを例にすると、標準的な5GBプランで月額5000円です。

WiMAX2+はスマホを接続できます。それも1カ月定額制の契約で月5000円もしません。

携帯キャリアの利用は通話だけにして、スマホのインターネットと自宅の固定回線をWiMAX2+にすれば、大きな節約効果が得られます。

ここがWiMAX2+の魅力!

光回線よりも料金が安くなることがある

光回線とプロバイダがセットのドコモ光を例にあげましょう。

注意
すべて税抜きによる説明です。また、例にあげる料金のプランは以下のようになります。
  • ドコモ光:2年契約・Aプランのプロバイダを選んだ場合。
  • WiMAX2+:UQ WiMAXの3年契約・ツープラスギガ放題を選んだ場合。
ドコモ光
  • 戸建てプラン:月額5200円
  • マンションプラン:月額4000円
WiMAX2+(UQ WiMAX)
  • 月額4880円-500円割引(永久)=4380円

戸建てプランに比べて、WiMAX2+だと月800円くらい安くなりお得です。

固定回線&スマホ通信費が無しなら節約効果大

戸建て住宅よりも料金が安いWiMAX2+。一方で、マンションプランを比較すると固定回線のドコモ光のほうが安くなります

このときに考えたいのが、固定回線は外出先で使えないことです。スマホを必ず使うと想定して、料金の比較を続けてみましょう。

注意
以下は、ドコモスマホのパケット定額+インターネット利用で契約が必要なspモードの料金を参考に比較したものです。通話料金や諸費用は含まれません。
ドコモ光(戸建てプラン)
  • 月額5200円+ドコモのスマホ通信費(標準的なベーシックパック「ステップ3」5GB)月額5000円+spモード月額300円=1万500円
ドコモ光(マンションプラン)
  • 月額4000円+ドコモのスマホ通信費(ベーシックパック「ステップ3」5GB)月額5000円+spモード月額300円=9300円

ベーシックパック「ステップ3」5GBの場合、状況によっては

  • ドコモ利用が15年以上だと800円割引
  • ドコモ光+ドコモのセット契約で800円割引

以上の特典が付いてきます(ちなみに料金割引ではなくdポイント進呈の特典を選ぶと、料金割引に比べて1.2倍のポイントがもらえます)。

ドコモ光(戸建て)+ドコモスマホ通信費(ベーシックパック「ステップ3」5GB)
  • 月額1万500円-(割引分:800円+800円)=月額8900円
ドコモ光(マンション)+ドコモスマホ通信費(ベーシックパック「ステップ3」5GB)
  • 月額9300円-(割引分:800円+800円)=月額7700円
「WiMAX2+」+ドコモスマホ通信費(ベーシックパック「ステップ3」5GB)
  • 月額4380円+パケット定額5000円+spモード月額300円-ドコモ15年以上800円割引=月額8880円

WiMAX2+ではドコモ光を使わないため、ドコモの長期割引のみ適用で計算してみました。

これだけを見ればWiMAX2+を選ぶメリットがあまり感じられません。しかし、スマホのパケット定額をやめてしまえば状況が変わります

ドコモだと国内通話24時間「カケホーダイプラン」ならパケット定額を外せます(5分以内かけ放題の「カケホーダイライトプラン」だと外せません)。インターネット接続に必要なspモード(月額300円)も外せます。

スマホでドコモのインターネット(データ通信)を契約しなければ、ドコモの15年割引がなくてもWiMAX2+の『月額4380円』で済みます

標準的なベーシックパック「ステップ3」5GBの例に限った話ですが、ドコモ光のマンションタイプに比べ、月3300円以上の安さです。戸建てなら、なんと月4500円以上の大きな節約効果を実現します

回線工事が不要

フレッツ光やauひかりなどを使う際、回線を自宅に通す工事が必要です。派遣スタッフによる工事だと2~3万円前後かかるのが普通です。在宅で工事が終わるのを待つのも面倒に感じるところです。

WiMAXなら宅配便でモバイルルーターを自宅まで届けてくれ、あとは自分で設定すれば使えます。引越しの際には、モバイルルーターを新居へ持っていくだけです。工事する必要がなく、手続きがとても簡単です。

同時にいろんな機器をつなげられる

ルーターにはスマホの他、パソコン・タブレット・ゲーム機など、Wi-Fi機能があればなんでもつなげられます。

回線速度に優れる

古い技術のWiMAXだと速度の遅さがやや気になりましたが、新しいWiMAX2+なら下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。光回線だと1Gbpsや2Gbpsの超高速通信を実現するものの、常にこの速度を保っているわけではありません。440Mbpsでも通常の使い方なら必要十分な速さです。

速度制限の条件がゆるい

スマホのパケット定額では3GBや5GBなどの容量で契約しますよね。これは1カ月間におけるデータ通信の上限値を意味します。契約した容量を超えると速度制限がかかってインターネットの送受信が遅く、使いにくい状態になります。

速度が制限されると次の月まで待つか、料金を払ってデータ量を追加しなければ、速度が元に戻りません。

ところが、WiMAX2+なら1カ月のデータ量を決めずに契約する定額制の「ギガ放題」が用意されています。3日間で10GB以上の通信を行った場合に速度制限が実施されるものの、とてもゆるい内容です。18時~翌日2時まで制限された後、普通の速度に戻ります

動画を長時間見るヘビーユーザーでもない限り、3日間で10GBを超えることはそうありませんので安心しましょう。

ヘビーユーザーを自覚するなら、迷わず固定回線を使ってください。

WiMAX2+を使う前に注意したいポイント

auスマホの同時利用で安くはなるが…

WiMAXはUQコミュニケーションズのサービスです。KDDIと関連の深い会社とあり、auユーザーならセットで利用すると「auスマートバリューmine」の割引サービスを受けられます。

しかし、auスマートバリューmineの割引はパケット定額に加入しないと適用されません。

さらにドコモと違って、auだとスマホのかけ放題だけの契約ができません。必ず通信費がかかるパケット定額とセットで加入する仕組みです。ソフトバンクはドコモと同じく、国内通話24時間かけ放題になる「スマ放題」の契約ならパケット定額を外せます。5分以内かけ放題の「スマ放題ライト」では外せません。(ソフトバンクの「スマ放題」は、2018年9月5日で新規受付が終了しています。新しい「通話基本プラン」だとパケット定額を外せません)

注意
インターネット接続に必要なドコモのspモードは外せますが、ソフトバンクのウェブ使用料(月額300円)は外せません

auユーザーのままだとWiMAX2+で大幅な節約効果を期待できないばかりか、インターネット利用をWiMAX2+だけに絞りたい場合だと却って割高になる危険が増します。

auスマホのパケット定額を利用しつつWiMAX2+を利用する人なら問題ありませんが、もしあなたがスマホのパケット定額をやめたいと思うならインターネット契約が必須ではないドコモに乗り換えるのがよいかもしれません

ドコモならインターネットをWiMAX2+に制限する使い方が簡単にできますし、マンションタイプのご家庭であっても大きな節約効果が期待できます。

…と言いたいところですが、ドコモのパケット定額に申し込まないと端末割引が利用できない場合があります。このあたりはWiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンを活用する、端末代金の割引が終わるまで最も安いパケット定額に加入するといった対策が必要になりそうです。違約金の条件についてもよく調べておきましょう。

端末はドコモで買わず、今使っているスマホを継続利用もしくはSIMフリースマホにする方法もあります。

参考 SIMロック解除ならびに他社製品の携帯電話などのご利用NTT docomo

スマホの通信費に注意

携帯キャリアのパケット定額をやめてデータ通信をせず、WiMAX2+だけで利用する際にはスマホの設定を忘れないようにしましょう。

  • 携帯キャリア:モバイルデータ通信
  • WiMAX2+:Wi-Fi接続

以上の仕組みでスマホとつながっています。せっかくWiMAX2+で料金を節約しても、携帯キャリアのモバイルデータ通信が有効になっているといつの間にか接続されてしまい、パケット料金を取られて節約どころか損をします

特にソフトバンクはスマホのウェブ使用料を絶対に外せないため、うっかりデータ通信を行ってしまうリスクを持っています。

スマホの設定でモバイルデータ通信を切っておきましょう。Wi-Fi接続のみの利用に制限されて、余計な通信費が発生しなくなります。

つながりやすさについて

新しいWiMAX2+は高速通信が可能ですが、地下や鉄筋コンクリートの建物内、郊外では繋がりにくい場合があります。ただ、WiMAX2+のエリアは拡大中ですから、徐々に使いやすくサービスが向上しています。

つながりにくさの対策として、LTEのオプションが使えます。au 4G LTEが採用されており、auスマホ並のつながりやすさなので、WiMAX2+のデメリットをカバーできます。

3年契約のツープラスギガ放題を選べば、オプション料金無料でLTEがセットでつきますから、大変お得に快適なインターネット環境を作れます。

MEMO
LTEは「ハイスピードプラスエリアモード」として通信が行われます。WiMAX+とは違い、ギガ放題でもLTEの通信が『月間7GB』を超えるとWiMAX+の通信を含め、翌月まで速度制限がかかることを覚えておきましょう。LTE接続はWiMAX+が繋がりにくいときだけにし、補助的に利用するのがおすすめです。

どこで契約すればいいの?

…辺りが良いかと思います。おすすめの業者については以下の記事にまとめています。

お得なWiMAX2+おすすめ4社を特典と月額料金で比較

WiMAXは向かないみたい…

節約効果が望めそうにない、ご自分の環境に合わないなら、固定回線の節約を参考にしてください。

タイプ別にみるネット固定回線の節約に最適な光回線&プロバイダ

大手スマホから格安スマホに変えるだけでも、大きな節約効果があります。

大手スマホを格安スマホにする節約がおすすめの人・すすめない人

WiMAX(WiMAX2+)は安いですが、万人向けとはいえません。情報を吟味して、あなたにとって最もふさわしいインターネット代の節約方法を探してくださいね。