お得なWiMAX2+おすすめ4社を特典と月額料金で比較

インターネット代を節約する手段はさまざま。その内の一つとして、光回線よりも安い無線タイプのWiMAX2+を導入する方法があります。

WiMAX2+のメリット・デメリットや適している人などについては、以前の記事にまとめています。

【WiMAXで節約】ネット固定回線やスマホ代がお得になる人とは?

今回は、WiMAX2+に対して「自分と相性が良さそう!」「使ってみたい!」と思った後にふと感じる

『どこの業者と契約すればお得なのか?』

この疑問について、おすすめ業者の特徴を見ながら答えを導き出してみます。

基本的にどの業者を選んでも、サービスの品質自体に大きな差はありません。貯金したい・節約したい目的で格安なWiMAX2+を選ぶなら、「お金を受け取れるキャッシュバック特典」と「月々の料金の安さ」が比較ポイントとして絞られてくるでしょう。

それらの点を考えて、個人的におすすめと判断したWiMAX2+の業者は4社です。

単純な安さだけで選ぶのではなく、実績豊富な大手企業の安心感を持っている業者に絞ってみました。

ご紹介する4社があなたにとってメリットのある業者なのか?この記事を読んで自由に判断してみてください。

MEMO
ご紹介する各社の料金はすべて税抜きです。記事内容が古くなっている・間違っている場合もありますので、必ず各サービスの公式サイトで最新情報の確認をお願いします。

業者選びの前に知っておきたいWiMAX2+のポイント

4社すべてに共通する内容です。先に基本情報を覚えてから比較しましょう。

ツープラスギガ放題(ギガ放題プラン)

月間のデータ通信量が決まっていないプランです。

とはいえ使い放題ではなく、3日間でデータ通信量が10GBを超えると数時間の速度制限が行われます(速度制限の間は、大容量の動画をスムーズに視聴できなくなるなどの影響が出ます)。

2年契約・3年契約などの長期契約を選ぶと、通常に比べて月々の料金が安くなるのが特徴です。

ツープラス(基本プラン)

月間7GBまでデータ通信をスムーズに利用できる基本プランです。

ギガ放題と同じく、お得な2年契約・3年契約を選べます。月間のデータ通信量が決まっている分、ギガ放題よりも月額料金が安めです。

動画をほとんど見ないなど、インターネットで大容量データをあまり使わない人にぴったりな節約プランでしょう。

LTE(au 4G LTE)

WiMAX2+が繋がりにくい場所で、auスマホ並みのつながりやすさを実現するオプションです。月額1005円。ハイスピードプラスエリアモードとも呼ばれる回線です。

データ通信量が月間7GBを超えると、WiMAX2+と共に翌月まで速度が制限されます。

ギガ放題・基本プラン共に、3年契約ならLTEオプション料金が無料です。auユーザー限定の割引サービス、「auスマートバリューmine」適用中も同様です。

モバイルルーターとクレードル

加入時にもらえるモバイルルーターとは、自由に持ち運べるネット接続専用の端末です。これがあるおかげで、スマホのように外でインターネットを利用できます。

クレードルとは、モバイルルーターをはめて充電できるスタンドの形をした機器です。LANケーブルを差し込める部分があるため、Wi-Fi接続機能が付いていないデスクトップパソコンに有線接続してインターネットを楽しめます。

有料の機器ですが、強制的に購入を迫られることはありません。欲しい人だけ注文しましょう。業者によってはプレゼントしてくれるところも存在します。

MEMO
モバイルルーター以外に、自宅に設置するタイプのホームルーター(L01s・HOME01)も用意されています。

手数料と違約金

事務手数料・登録手数料として、初回に3000円を支払います。

2年や3年で契約した場合、途中で解約すると各社が定めた違約金(契約解除料)を支払うことになります。代わりに契約期間無しよりも安い月額料金で長く利用できる仕組みです。スマホの「○年縛り」と同じようなものだと思えばわかりやすいでしょう。

業者によっては月々払いで購入するかたちで、最初から安く端末を入手できるパターンが存在します(大手キャリアのスマホ本体の分割払いと似た感じです)。もし、契約途中の解約時に端末代の支払いが終了していない場合、残高を一括請求されますので注意してください。

【重要】15日間無料お試しを利用しよう!

公式のUQ WiMAXから「Try WiMAX」という無料サービスが提供されています。

参考 Try WiMAXUQ WiMAX 公式サイト

15日間だけWiMAXのルーターを貸し出してくれるサービスで、自分の環境でWiMAX2+を利用できる・できないを実際に使って試すことが可能です。

2年や3年といった長期契約をすればWiMAX2+の月額料金が安くなります。しかし、長期契約をしてからネットにつながらないことを理由に途中で解約すると、違約金をとられてしまいます。

違約金のリスクを避けるなら、先にTry WiMAXで試しましょう。それから申込先を決めるのがおすすめです。

レンタルするにはクレジットカードが必要です。デビットカードでも書面で申し込めば受け付けてもらえます。

2年契約と3年契約

今回の記事でご紹介する特典や月額料金は、3年契約の内容が中心です。特典のお得感が下っても2年契約で利用したいなら、別記事の2年契約でおすすめする業者比較を参考にしてください。

ですが今現在、2年契約でお得なキャンペーンを行っている業者がかなり減っている状態です。これから申し込むなら3年契約を軸に考えるのが良さそうです。

書類に記入WiMAX2+で2年契約を選んでもお得な特典がある申込先

業者比較1「UQ WiMAX」

UQ WiMAXのUQコミュニケーションズは、WiMAXの技術を提供する会社です。他社のWiMAX(WiMAX2+)はUQコミュニケーションズのWiMAX回線を借りるかたちで、自社ブランドとして提供しています。

主な特典 ギガ放題(3年契約)申し込みで3,000円~13,000円キャッシュバック
  • 機種別の特典内容
WX04
W05
L01s
10,000円
クレジットカード払いなら13,000円
WX05
HOME 01
3,000円(クレジットカード払い限定)

※「WX05」は2018年11月8日に発売の新端末です。
※「HOME01」は2018年12月7日に発売のホームタイプの新端末です。

  • 月額料金(3年契約)
ギガ放題プラン
  • 初月:月額3,696円の日割り計算
  • 1~2カ月目まで:月額3,696円
  • 3カ月目以降:月額4,380円
7GB通常プラン
  • 初月:3,696円の日割り計算
  • 1カ月目以降:月額3,696円
端末代と送料 ルーター本体4,800円。送料無料。
ポイント
  • 加入月は月額3,696円の日割り計算(※日数分だけ支払い)。
  • クレジットカード払いの他、口座振替が使える。
  • 最新端末「WX05」「HOME 01」のキャッシュバック特典は口座振替だと対象外になるので注意。

公式の安心感はUQだけ

節約を最優先に考えるなら、今回比較する4社の中で最もお得感の薄い存在かもしれません。月額料金が突出して安いわけではなく、端末が有料です。特典が最大1万3000円のキャッシュバックというのも控えめな印象です。

ただ、特典が以前の商品券からキャッシュバックに切り替わったのはメリットですね。

契約月の翌々月にメール連絡が来て、指定口座を知らせれば翌営業日までにお金を振り込んでくれる対応の速さです。他社だと振込まで半年から1年近く待たされます。この点はUQ WiMAXだけが持つ強みかもしれません。

その他のUQ WiMAXおすすめポイントは、「WiMAX2+の公式」「口座振替が使える」ところです。

お得感の大きさよりも公式と直接契約する安心感が欲しい人にとって、UQ WiMAXが唯一の選択肢になります

口座振替を利用できるためクレジットカードを持っていない、もしくは使いたくない人でも契約しやすいのが嬉しいですね。

●公式サイトはこちら → UQ WiMAX

業者比較2「GMOとくとくBB」

ネット事業を手広く行っている大手企業GMOのサービスです。「GMOとくとくBB」ブランドの一つのサービスとしてWiMAX2+を取り扱っています。

主な特典 41,500円~42,200円キャッシュバック
(クレードルセットだと金額が下がります)
  • 機種別の特典内容(3年契約の場合)
WX05 41,500円
W05 41,500円
WX04 42,200円
※クレードルセットのみ
L01s
HOME 01
38,100円

※「WX05」は2018年11月8日に発売の新端末です。
※「HOME01」は2018年12月7日に発売のホームタイプの新端末です。

  • 月額料金(3年契約)
ギガ放題プラン
  • 初月:月額3,609円の日割り計算
  • 1~2カ月目まで:月額3,609円
  • 3カ月目以降:月額4,263円
7GB通常プラン
  • 初月:月額3,609円の日割り計算
  • 1カ月目以降:月額3,609円
端末代と送料 無料
ポイント
  • 加入月は月額3,609円の日割り計算(※日数分だけ支払い)。
  • クレジットカード払いのみ。
  • 専用クレードルが無料。
  • 継続利用20カ月目以降であれば、0円でルーターを機種変更できる。
  • WX04のキャッシュバック特典は「クレードルセットを選んだときのみ」適用される。

キャッシュバックが太っ腹で割安感が大きい

お得感が欲しい・支出を少しでも節約したい場合に一番おすすめの申込先です

他社よりもキャッシュバック特典の金額を高く設定する傾向があり、お得なWiMAX2+の業者としてよく知られています。

専用クレードルを無料でもらえるのは嬉しいですね。

ルーター本体はどれを選んでも無料です。初期費用が事務手数料くらいで、気軽に始めやすいのがメリットでしょう。

●公式サイトはこちら → GMOとくとくBB

業者比較3「BIGLOBE WiMAX2+」

インターネットのプロバイダとして古くから有名な、BIGLOBEが提供するWiMAX2+のサービスです。「キャッシュバック」もしくは「月額料金大幅値引き」の2種類の特典から選びます。

主な特典
  • 30,000円キャッシュバック
  • 月額料金大幅値引き

(口座振替以外の支払い限定。上のいずれか1種類を選択)

  • 15,000円キャッシュバック+月額料金値引き
  • 月額料金大幅値引き

(口座振替払い限定の特典。上のいずれか1種類を選択)

  • 機種別の特典内容(3年契約の場合)
全端末 2種類の特典から選択。口座振替の場合も同様。
WX03限定 クレジットカード払い限定で「専用クレードル・ACアダプタセット」を割引価格で提供。

※全端末には2018年11月8日に発売されたばかりの新端末「WX05」も含まれます。

  • 月額料金(3年契約・口座振替以外の支払い方法を選んだ場合)
ギガ放題プラン
キャッシュバック特典のみ」の場合。
  • 初月:0円
  • 1~2カ月目まで:月額3,695円
  • 3カ月目以降:月額4,380円
月額料金大幅値引き」の場合。
  • 初月:0円
  • 1~2カ月目まで:月額2,695円
  • 3~24カ月目まで:月額3,380円
  • 25カ月目以降:月額4,380円
7GB通常プラン
キャッシュバック特典のみ」の場合。
  • 初月:0円
  • 1カ月目以降:月額3,695円
月額料金大幅値引き」の場合。
  • 初月:0円
  • 1~24カ月目まで:月額2,695円
  • 25カ月目以降:月額3,695円
端末代と送料 口座振替以外の支払いの場合
  • ルーター本体実質無料。送料無料。
口座振替の支払いを選んだ場合
  • ルーター本体4,800円。送料無料。代引手数料300円~。
ポイント
  • 加入月の月額料金が無料。
  • クレジットカード払いの他、口座振替が使える。
  • 口座振替以外の支払いを選んだ場合、端末代が実質無料。実際には24カ月の分割払いが割引の状態で月額料金に含まれている。端末代の支払いを終える前に解約してしまうと、分割払い残高を一括返済する必要あり。
  • 22カ月目以降なら0円でルーターを機種変更できる。
  • BIGLOBEの別サービスを契約中でモバイル回線「ベーシックコース」を既に使っているなら、月額料金が200円安くなる。

値引きよりもキャッシュバック特典を選ぶのがお得

UQ WiMAX同様に口座振替を選べるのが便利です。しかし、口座振替を選ぶと初期費用として端末代がかかるので割安感がほぼなくなります。

全機種が3万円のキャッシュバック対象です。受け取れる金額の多さを気にせず、好きな端末を選べるのが良いですね。

月額料金の大幅値引き特典よりも3万円のキャッシュバックを選んだほうが、総合的に見るとお得になります。

加入月の月額料金が日割りではなく完全無料です。申し込むタイミングを気にしなくて済むのがメリットでしょう。

●公式サイトはこちら → BIGLOBE WiMAX 2+

業者比較4「So-net モバイル WiMAX2+」

BIGLOBEと同じく、老舗のプロバイダとして有名なSo-netのサービスです。

主な特典
  • 3年契約で月額料金大幅値引き
  • セキュリティソフト・安心サポート・機器補償サービスの有料オプションが12カ月間無料
  • 機種別の特典内容
WX05
W05
L01s
HOME 01
月額料金大幅値引き

※「WX05」は2018年11月8日に発売の新端末です。
※「HOME01」は2018年12月7日に発売のホームタイプの新端末です。

  • 月額料金(3年契約)
ギガ放題プラン
  • 初月:0円
  • 36カ月目まで:月額3,380円
7GB通常プラン
  • 初月:0円
  • 36カ月目まで:月額2,780円
端末代と送料 ルーター本体無料。送料無料。
ポイント
  • 加入月の月額料金が無料。
  • クレジットカード払いのみ。
  • 3年契約の継続利用で22カ月目以降であれば、0円でルーターを機種変更できる。
  • 月額料金にはSo-netのモバイルコース料金(月額200円)が含まれている。但し、既にSo-netの接続コース料金を払っている会員の場合、この費用は発生しないため月額料金から引かれる。

どの機種を選んでもお得

機種によって特典の違いは見られません。好みで選べば良いですが、せっかくなので発売されてから間もないWX05を選ぶのが良いでしょう。ホームルーターを使いたいなら、2018年12月上旬発売の「HOME 01」がおすすめです。

WiMAX2+の月額料金にはモバイルコースの200円が含まれます。しかし、大幅値引きのおかげで十分に安く、気になるほどの存在ではありません。

有料オプションが12カ月間無料です。料金を気にすることなくオプションの内容と質をじっくり体験できます。

●公式サイトはこちら → So-net モバイル WiMAX 2+

おすすめ業者をタイプ分け

安さで狙うなら

GMOとくとくBB」を選びましょう。

最大4万円台というキャッシュバック特典の高さが最大の魅力です。キャッシュバックのおかげで、WiMAX2+の総額を安く抑えられます。

注意したいのが選ぶ端末の種類です。種類によってはキャッシュバックの金額が下がるからです。

So-net」も月額料金の大幅値引き効果が高く、節約しやすいWiMAX2+の業者です。GMOの安さにはさすがにかないませんが、ソニー系列で老舗プロバイダとして経験が豊富という安心感を得たいならSo-netの選択肢も悪くないと思います。

GMOの場合、WiMAX2+の利用開始から経過した日数分だけ初月の料金を請求されます。一方でSo-netなら利用開始のタイミングに関係なく、初月が完全無料です。

口座振替を利用したい!

BIGLOBE WiMAX2+」もしくは「UQ WiMAX」から選んでください。GMOとSo-netでは口座振替を利用できません。

3年ギガ放題の口座振替で限定するなら、特典適用後の総額の差は約1万円で、UQよりもBIGLOBEが安くなっています。

但し、BIGLOBEの口座振替を選ぶ場合、キャッシュバック+月額料金値引きのパターンを選ぶのがポイントです。月額料金大幅値引きだけのパターンを選ぶと数千円高くなります。

UQ WiMAXは今回ご紹介した4社の内、WiMAX契約から3年間で最も総額の高い業者です。安さよりも公式の安心感を得たい場合に選ぶことになるでしょう。

手間なくお得に機種変更したい

4社の内、どこを選んでも構いません。

すべての業者で20~22カ月ほどWiMAX2+の利用を続けていると、無料で機種変更できるサービスを提供しています。このサービスさえあれば、モバイルルーターのバッテリーの持ちが悪くなっても安心です。

特典やキャッシュバック適用のポイント

キャッシュバックを受け取りたい場合、特設のキャンペーンページから申し込む必要があります。同じ会社のサイトでも他のページから申し込むと対象外になったり、キャッシュバックの金額が下がったりする場合があるため注意しましょう。

(15日間無料レンタル「Try WiMAX」を除く、この記事内でご紹介している各公式サイトへのリンク先がキャンペーンページです。)

また、各社のサービスに新規加入する人が対象です。同社のサービスを利用して解約した経験のある人だと、特典が適用されません。

キャッシュバックをもらい損ねないために

注意したいのが、「キャッシュバックの受け取り方法」です。

すぐにもらえるのではなく、利用から数カ月後にお金を受け取れます。その前に各社から手続きに関する連絡がやってきますが、手続きには期限があります。

期限を過ぎてしまうとキャッシュバックを受け取る権利がなくなります。忘れずに手続きをしてください。

UQ WiMAXの場合
契約月を1カ月目として数え、4カ月目に登録メール宛に連絡が届きます。メールに記載のURLからアクセスして指定口座を伝えた後、翌営業日までにお金を振り込んでくれます。
GMOとくとくBBの場合
端末発送月を含む11カ月目に、GMOとくとくBB加入時に取得したメールアドレス宛に申請メールが送られてきます。申請メールを見逃す恐れがあるため、入会したら早めに普段よく使っているメールアドレス宛にGMOの取得メールを転送するのがおすすめです。会員サービスの「BB navi」にログインし、「メールの転送設定」から行えます。
BIGLOBE WiMAX2+の場合
口座振替以外の支払い方法ならサービス開通月から12カ月目、口座振替の支払い方法ならサービス開通月から6カ月目に、BIGLOBEのマイページへログインして手続きします(事前にBIGLOBE契約時に取得したメール宛に連絡が届きます)。その後、手続きの際に指定した口座へ現金が振り込まれます。マイページに手続きの期限が書かれていますので、必ず確認してください。

期日を過ぎるとせっかくのお得感が無くなってしまいます。連絡がきたら後回しにせず、すぐに手続きを済ませておきましょう。

結局どこが一番お得なのか?

業者で比較、というよりは「どの特典を選ぶべきか?」が重要です。

最も安くWiMAX2+を利用できるのが、キャッシュバックの特典を適用する方法です。これを適用すればGMOの安さが際立ち(3年ギガ放題の場合)、GMOの総額に比べるとSo-netが8千円程度、BIGLOBEは1万3千円前後、UQは3万6千円程度高くなります。

月額料金大幅値引きのみの特典も魅力的ですが、高額キャッシュバックの特典に比べると割安感が下がります。メリットとしてはキャッシュバックと違い、特典のもらい忘れが起こらないことくらいでしょう。

例外として、So-netの月額料金大幅値引きはとてもお得感が高く、UQとBIGLOBEのキャッシュバック適用よりも安く利用できます。

料金の支払い方法で比べるなら、口座振替よりもクレジットカードがお得です。口座振替は安さを狙うのではなく、あくまでもクレジットカードを使えない人の解決策、といった感じですね。

クレジットカードなら、WiMAX2+の支払いで自動的にカードのポイントが貯まります。節約に役立つお得な支払い方法ですので、持っていないなら作っておきましょう。

クレジットカード節約に使える年会費永年無料のクレジットカード3選

ちなみにこの記事で紹介した各社の特徴は、特典の条件を満たして契約してから3年の契約期間が終わるまでを比較した話です。この契約期間をすぎると特典の恩恵が薄れるため、各社の月額料金の差がほぼなくなります

契約期間後もWiMAX2+を格安に利用したいなら、特典を提供する他社へ乗り換えて新規契約する方法を試してみてください。

ただし、一度でも契約したことのある業者だと特典の適用外になる場合がほとんどです。その点には注意しましょう。