都市ガスに変える初期費用は損なの?お得なの?

ガスはお風呂やキッチンで大活躍する、家庭の大切なエネルギーです。必須なものだけに毎月1万円前後もする料金を支払い続けるのは、節約や貯金を目指す人にとって辛いものです。

特にガス代の負担が大きくなりやすいのが「プロパンガス(LPガス)」を使っている家庭です。

もし、自宅で都市ガスを使えるようなら、乗り換えを検討してみてください。年間にして4万円前後も安くなることがあるくらいです。

これだけのお金を節約できるなら、さっさと都市ガスに乗り換えたいですよね。ところが、都市ガスは無料で導入できるわけではありません

本当にプロパンガスから都市ガスに乗り換えるべきなのか、考えてみましょう。

都市ガスに乗り換えるとどのくらい安くなる?

プロパンガスと都市ガスの料金を比較した記事を書いています。

種類に問題あり?あなたの家のガス料金が高い理由

上の記事を読めば、節約効果がなんとなくわかるでしょう。

都市ガスの安さは従量料金と呼ばれる単価にあらわれています。プロパンガスの半額もしくはそれよりも安くなる可能性が高く、たくさんのガスを使っても1カ月の料金を低く抑えられるのがメリットです。

乗り換えには初期費用が必要

気になるのが、自宅のプロパンガスから都市ガスへ変更する費用です。ボンベからガスを供給するプロパンガスとは違い、都市ガスは地中のガス管から各家庭にガスを送り込みます。今までのものと仕組みが変わりますから、専門の作業員による都市ガス工事が必要です。

主な費用
  • 道路のガス管から住宅の敷地内へガス管を通す工事
  • 敷地内の住宅・設備へガスを供給するための工事
  • ガス機器で都市ガスを使えるようにするための部品交換・改造工事
  • 都市ガスが使える機器に取り替える購入費用

基本的にこれらの工事や取替が完了すれば、都市ガスを使えます。

大掛かりな工事に感じるでしょうが、敷地内の工事なら基本的に1日で終了するほど短いものです。その日にガスを使えますので、すぐに普段どおりの生活を送れます。

早く工事が終了するのはわかっても、一番気になるのが各工事と機器の取替にかかるお金です。いくつかご紹介した費用を一つずつ見ていきましょう。

個人で負担すべき都市ガス工事の費用は?

ガス会社によって負担する部分が微妙に違います。参考程度にとどめてください。

ガス管(本管)から敷地内に通す費用

都市ガスの場合、道路の下に本管が通っています。そこから枝分かれして各家庭の敷地内に管を通します。本管から敷地に入るまでの工事費用については、ガス会社側が負担してくれます。

しかし、本管が自宅前の道路まで通っていない場合だと、本管を通す費用をガス会社と依頼者で負担することになります。

敷地内の建物にガスを送り込む費用

依頼者側の負担になります。敷地内に入ったガス管とガスメーターを繋ぐ工事、ガスメーターから家の中へガスを送り込むガス管の工事・設備費用です。ガスメーターはガス会社の所有物ですから、依頼者側が費用を負担する必要はありません。

ガス機器を使えるようにするための部品交換・改造の費用

ガス会社側の負担(無償サービス)、もしくは依頼者側の負担です。

プロパンガスで使っていた給湯器やガスコンロ、ガスファンヒーターなどを都市ガスで使えるように、部品交換や改造工事をしてくれます。

都市ガスが使えるガス機器の買い替え費用

部品交換や改造工事ができず機器が使えないなら、都市ガス用の機器に交換しなければなりません。機器の買い替え費用は依頼者側の負担になります。とはいえ、古い機器や特殊な機器でもない限り、部品交換・改造工事で対応できることが多めです。

費用を合計すると?

ガス会社がどこまで負担するのか、設備や機器を交換・改造するかによって費用が違ってきます。例として大阪ガスの場合、敷地内の配管工事費用に限れば10万円が平均的な相場です。

これにガス機器の部品交換・改造工事の他、機器の買い替えを合わせると総額で15万円~30万円くらいは見積もっておきたいところです。

但し、自宅前の道路まで都市ガスの本管が通ってない状態だとガス会社と一緒に工事費用を負担しなければならず、更に高額な費用を必要とする場合があります。

具体的な初期費用を知りたいなら、ガス会社に見積もりをしてもらいましょう。無料で行ってくれます。見積もりを依頼したからといって、ガス会社側から強制的に契約を迫られることはありません。

乗り換えるべきなのか悩む

月々のガス代が安くなる都市ガスではあるものの、15万円や25万円もの多額の費用を考えるとお得感がない、節約効果が実感できないと思いますよね。

都市ガスに変えるべきなのかどうかは、長期的に見たメリットで判断するのがおすすめです。

数年ガマンすれば将来お得になる

電化製品と違って、都市ガスには劣化がありません。電化製品のように時間の経過で壊れないのが大きなメリットです。ガスというエネルギーが日本で使われなくなる日がやってくるまで、何年も何十年も先まで利用できます(敷地内に通したガス管の工事が必要になる場合があります)。

ガスコンロやガス給湯器はそのうちに壊れてしまうでしょうが、これはプロパンガスでも同じように起こる現象です。

初期費用が高くても月々の料金が安い都市ガスを使い続けることで、数年後に初期費用を回収できます。回収した後ならプロパンガスを使い続けるより毎月数千円、毎年数万円以上のお金を節約できるのを強く実感できるでしょう。

無料で今すぐ節約効果を狙うのではなく、最初にお金をかけて将来的に節約する、投資の感覚に近いかもしれません。

どのくらいの期間で初期費用を回収できるのか?

各家庭におけるガスの使い方によって変化します。一つの目安として、ガス会社が提供するシミュレーションを使ってみましょう。今のプロパンガス料金と比較できるサービスです。

参考 プロパンガス使用量から都市ガス料金算出中部ガス 参考 プロパンガスと都市ガスの光熱費シミュレーション大阪ガス

ガス会社によって都市ガスの基本料金と従量料金は違います。上の参考リンクのシミュレーションが全ての地域にあてはまるわけでないことを知っておいてください。計算方法については最初のほうでご紹介した、以下の記事を読んでみてもよいと思います。

種類に問題あり?あなたの家のガス料金が高い理由

一般的にガスの使用量が多い家庭ほど、都市ガスへの乗り換えで大幅に節約しやすいといえそうですね。

プロパンガスに比べて都市ガスなら年間どのくらいの料金が抑えられるのかをシミュレーションで導き出した後、初期費用を回収できる年数を大まかに調べてみましょう。

簡単な例として、都市ガスの初期費用が20万円、プロパンガスに比べて年間4万円の節約効果があるとします。「20万÷4万=5」ですから、都市ガスを5年使い続ければ回収できる計算です。

初期費用を少しずつ返済

ガス会社によっては、都市ガスの初期費用を分割払いにしてくれるところがあります。10万円単位のまとまったお金を用意できなければ少しずつ支払える分割払いを利用することで、初期費用の負担をあまり気にすることなく支払い続けられるでしょう。

都市ガスを利用した節約が無理そうな場合は?

「初期費用が高すぎてリスクを感じる」
「都市ガス本管を自宅前まで通す工事費が高すぎる」
「我が家では都市ガスを使えない」

都市ガスに魅力を感じても、金銭的な問題で今すぐ決断できない人だっていますよね。そもそも都市ガスが通っておらず、利用できない家は全国にたくさん存在します。

こうなると料金の高いプロパンガスを使い続けるしかなくなります。

プロパンガスでは節約効果を狙えないと諦めてしまうところですが、方法が全くないわけではありません

ガス会社の見直しによって、今のプロパンガス料金が安くなる場合があります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

知らないのは損!プロパンガス会社の乗り換えでガス代が安くなる