水道代が意外にも高いトイレの使い方のヒント&やってはいけないこと

生活の中で、最も水道代がかかる場所はお風呂だと思っていませんか?実はお風呂と同じ、もしくはそれよりもっと水の使用量の多い場所がトイレです。

なんと、お風呂とトイレの2箇所だけで、家庭で消費する水道代の50~60%を占めると言われているんですね。

以前からずっと続けている今のトイレの使い方では、水道代が無駄に掛かっているかもしれません。トイレの水道代を節約する使い方についてご紹介しましょう。また、トイレの節水目的でついやってしまいがちな良くない対策方法についても、記事の最後で説明します。

トイレで使う水の量ってどれくらい多いの?

トイレには排泄物を流すための、レバーがついています。大と小の2つがありますが、大に動かせば、1回で約10L(リットル)の水を使います。小は大よりも水の量が少なめで、1回5~6Lくらいが一般的です。

ただ、トイレが製造された年代やメーカーによって、使われる水の量は違います。上でご紹介した数字は、一般家庭全体の平均的な量だと思ってください。

1日に1回だけしかトイレを使わない家庭はほぼないでしょう。トイレを使う回数が増えれば、それだけ水の使用量も増えます。

例えば、1日に3回トイレに行ったとして、3回すべて大で流せば

3(流した回数)×10(大の水量)= 30L

合計で30Lの水を使います。

家族が多ければもっと水道の使用量が増えます。2人家族で住んでおり、それぞれが同じ条件でトイレを使えば2倍ですので、合計60Lの使用量というわけです。

正しい量でトイレの水を流せているか?

トイレを使用したら必ず水を流します。全く水を使わないやり方などできないので、水道代を節約するならムダのない水の使用量を守って、水の量を減らす工夫をしましょう。

レバーの「大と小」の正しい使い方を知る

水をムダに使用する原因に、トイレのレバーを正しく使い分けていないことがあります。

トイレのレバーには「大と小」の2種類が存在します。普段の生活で大と小、どっちの方向へレバーを動かしていますか?

  • しっかり流したいから、常にレバーを「大」に動かす。
  • 節水のために、できるだけ「小」の方向へレバーを動かしている。

正しく使っているように見えますが、実は上のような考えでレバーの大と小を使い分けるのは良くありません。節水を妨げてしまう恐れのあるやり方だからです。

レバーの大と小は、排泄物の大きさごとに使い分けるのが正しいやり方です。大便は重量がありますので、水の勢いが強い「大」にレバーを動かして流しましょう。小便はほぼ水分で軽いので、水の勢いが弱くても大丈夫です。「小」にレバーを動かしましょう。

いつもトイレのレバーを大にして流し続けた場合の水の使用量

使用するたびにレバーの大でトイレの水を流していれば、水道代の負担が大きく増えます。単純に水の量が多くなりすぎてしまうからです。どれだけ水を使ってしまうのか、具体的に数字で比較するとわかりやすいでしょう。

トイレのレバーは平均的に大なら1回10L、小なら1回5~6Lの水が流れます。

1日5回トイレを使用すると考えてみましょう。大は10L、小は5Lで比較します。

5回全て、大にレバーを動かした場合
10L × 大5回 = 50L
大便1回、小便4回でレバーを正しく使った場合
10L × 大1回 + 5L × 小4回 = 30L

使い分けを行えば、1日で20Lの節水ができます。30日続ければ600L、180日続ければ3600Lもの節水効果です。

レバーを適切に使い分けるだけで本来なら使わなくても良い水の量を減らせ、水道代を安く抑える効果を期待できるんですね。

節水のために「何がなんでも小」は逆効果

大で流すべき排泄物であっても、小で流せば節水できるので水道代を安くできると思われがちです。しかし、このやり方はあまりおすすめしません。むしろ流す水の量が増える場合もあるからです。

重い排泄物だと、レバーの小では水の勢いが弱すぎて流し切るのが難しくなります。見た感じは流れたようでも、排水の入り口付近に排泄物が残ってしまうパターンもよくあることです。

排泄物を流し切れなければ、あと数回、トイレのレバーを動かして水を流さなければなりません。

たとえ水の量が少ない小であっても、1回のトイレで水を2回以上流せば、大と同じかそれよりも多くの水を使ってしまいます。それならば最初から大にレバーを動かして勢いよく流すほうが、1回で流しきれる確率が高いので節水できるというわけですね。

トイレットペーパーの使い方を見直す

1回に使う量が多すぎないか?

つい昔からの癖で、トイレットペーパーをぐるぐると厚く巻いて使っていませんか?たくさん巻くとそれだけトイレットペーパーの量が増え、多くの水を使わないと押し流せなくなってしまいます。

本来なら小で済むのに、トイレットペーパーの量が多すぎるために、大の方向へレバーを動かす必要が出てくるでしょう。また、トイレットペーパーの量が多いと紙が水に溶けきれず、塊ができればトイレが詰まってしまいます。

水道代が掛かってしまうので、必要以上にトイレットペーパーを使うのは控えましょう。

たくさん使う必要がある場合の対処法

体調によっては、1回のトイレでトイレットペーパーをたくさん使わなければならないときもあります。この場合には最後にまとめて流すのではなく、2~3回にわけて、こまめに水を流すと良いでしょう。トイレの詰まりを防げるので、詰まり解消のために5回も6回も水を流さずに済みます。

やってはいけないトイレの節水方法

口コミや噂で、トイレの節水効果を高めるグッズの使い方について紹介されています。しかし、グッズを使う節水はあまりおすすめしません。理由は以下のとおりです。

ペットボトルを使った節水の問題点

トイレタンクの中にペットボトルを入れると、タンクにたまる水の量を減らせます。お手軽に節水するアイディアとして昔から人気の高い方法ですね。ところが、この節水対策をやると逆に水道代が高くなる恐れのある危険なやり方なので、利用をさけましょう。

ペットボトルのような異物をトイレタンクの中に入れると、タンクの中にある装置が異物に引っかかって正常に作動しなくなる場合があります。装置が排水する状態のまま異物に引っかかれば、気づかないうちに何時間でも水が垂れ流されてしまいます。

節水グッズの落とし穴

市販のトイレ用節水グッズが用意されています。専用の市販品ならペットボトルのようなトラブルを起こすリスクは低そうですが、必ずしも適した節水効果を望めるとはいえません。

トイレは適量の水を流せるようにメーカーが調整して作っています。必要な水量を節水グッズで減らしてしまうと、排泄物やトイレットペーパーを排水口から奥まで流す力が弱まってしまいます。

最新トイレよりも水の使用量が多い、古いトイレで便利グッズを使えば節水の効果が高まりそうに感じますよね?しかし、節水の技術が使われていない古いトイレは、少ない水量で流し切る力を持っていません。便利グッズで強制的に水量を少なくする方法は適さないといえるんですね。

もし便利グッズを使ってみて水の流れが悪くなったなら、直ちにトイレから取り外しましょう。