水道代を高くする原因になりやすいシャワーの使い方を工夫しよう

電気やガスと並んで、生活に必要でコストがかかるものといえば水道代ですよね。

地域や家族の人数によって金額は異なりますが、1カ月で比較して安くても3000円台後半、高い地域なら7000円を超えてきます。

家計を圧迫する水道代を節約するなら、使う水の量を減らします。

生活の中で使う水の量は決まっているし節水なんて無理だろうと思っていては、いつまでも水道にムダなお金を支払う結果になりますよ。

水道代を高くする原因になりやすいのが、お風呂場におけるシャワーの使い方です

シャワーの使い方を工夫して、家計の負担を少しでも減らしてみましょう。

ちなみに浴槽の節水方法については別記事で紹介しています。合わせて読んでみてください。

【お風呂で節約】浴槽のお湯を減らせるタイプとあふれる問題の対処法

シャワーはどれほどの量の水を使うのか?

水の出し方、使っているシャワーヘッドの種類などにより変化します。目安として1分間シャワーを使い続けたなら、10~12L(リットル)の水を消費します。5分間使えば5倍なので、50~60Lです。

リットルで説明されて、どのくらいの水を使っているのかをイメージできる人は少ないと思います。そこで、浴槽のお湯を比較の対象にしてみましょう。

浴槽には200L前後のお湯をはるのが一般的です。5分間のシャワーで100Lもいかないわけですから、シャワーは思ったほどたくさんの水を使っていないと感じてしまいがちです。

確かに人数の少ない家庭ならば気にならない量かもしれません。ところが3人、4人と家族の人数が増えれば状況が変わります。

1人がシャワーで50Lの水を使うとします。4人家族の全員が同じようにお風呂でシャワーを使えば、合計して200Lです。シャワーの水の量が、浴槽の水の量と同じになってしまうことがわかりますよね。

ムダに水を使ってしまう原因を探る

浴槽と違ってシャワーの使用が水道代を高くする問題点は、水を垂れ流してしまう部分です。水をためておける浴槽なら毎回使う量がほぼ一定で、そんなに足すことがないので水を使いすぎる心配はありません。

ところがシャワーだと、使い方次第で水をいつまでも流せてしまいますし、流した水の全てを有効に使っているわけではありません。この問題を解決しないと、水道代を節約するのが難しくなるでしょう。

水をたくさん垂れ流すのが原因だとわかったなら、シャワーを使いすぎないようにするだけですね。全く水を使わないわけにはいきませんので、使い方を工夫する努力をしてみましょう。

努力と言われると途中で挫折して続かない感じがしますが、あなたにできそうな方法を選んで、とりあえずやってみてください。

毎日少しずつでもシャワーの節水を行うことで効果が積み重なっていき、月単位や年単位で使う水の量を大きく減らせるようになるでしょう。

この辺は挫折しにくい貯金の方法と同じような感じですね。焦らず、無理をせず、コツコツと節水する癖をつけてみてください。

節水効果のある特別なシャワーヘッドを使う

おすすめの節水方法です。

シャワーヘッドはどれも同じではありません。最初からホースに付いているシャワーヘッドをそのまま使っている家庭ばかりでしょうが、実はあのシャワーヘッド、誰でも簡単に取り替えられるんです。

シャワーヘッドの交換方法
  • シャワーヘッドとホースの接続部分を回すだけで外れます。
  • メーカーが違うと相性の問題でうまくはまらない場合がたまにあります。別売りのアダプターを接続部分に取り付けることで対処できます。

ホームセンターやネット通販などで売られている、節水効果の高いシャワーヘッドに変えてみましょう。見た目は普通ですが、少ない水の量で勢いをあまり落とさずにシャワーを使えるのが特徴です。

普通、シャワーを節水しようと考えたなら、蛇口のハンドルを調整して水の出る量を減らしますよね?このやり方だと水の勢いまで弱まってしまいますから、シャンプーや体を洗うときに十分なすすぎができないと感じるのがデメリットです。

節水効果の高いシャワーヘッドならそのデメリットを解決しながら、使う水の量を減らして水道代を節約する効果を高めてくれます。

わりと節水効果が高いと以前から評判の商品ですので、シャワーの使いすぎが気になるならぜひ導入したいところですね。

取り替えには専門の業者さんを呼ばなくても大丈夫です。女性でもお年寄りでも作業できます。

アラミック 節水シャワープロ・プレミアム ST-X3BA

水をたくさん使いすぎないシャワーのコツ

シャンプーをするとき

最初に髪の毛全体をお湯で濡らします。髪が長い人だと地肌までお湯が伝わりにくいので、手のひらを軽くすぼめてお椀のような形を作りましょう。そこにお湯をためながら頭皮の部分へ行き渡らせるようにすると素早く髪の毛全体を濡らせます。

次にシャンプーを手のひらにとって髪の毛につける作業をしますが、この間にシャワーを出しっぱなしにすると節水効果が出ません。

風呂桶に少量のお湯をためたら、シャワーを止めます。ためたお湯を少しずつすくって、シャンプーになじませながら手のひらで泡立てましょう。それから髪の毛と頭皮にシャンプーをつけて洗います。

洗ったらここでシャワーのお湯を出してよくすすぎます。最初に髪の毛全体を濡らしたときと同じく、手のひらをお椀のようにすれば素早くまんべんなくすすげて便利です。

コンディショナーやトリートメントをつける際にもシャワーを止めてください。

体を洗うとき

石鹸やボディーソープをタオルまたはスポンジで泡立てている最中に、シャワーを出しっぱなしにすることが多いと思います。

シャンプーのときと同じように、まず風呂桶にお湯をためておきましょう。そのお湯をタオルやスポンジに含ませながら泡立てるとお湯の垂れ流しを防げます。

体を泡で洗っているときにはシャワーを使わないようにします。最後まで洗いきったらお湯を出して、キレイにすすぎましょう。

すすぐ前に泡を取り除いておく

シャンプーや体を洗うと、たくさんの泡がつきます。その状態でシャワーを使えば、泡が残らないように時間をかけてすすがなければなりません。

シャワーを使う前に手を使って、髪の毛や体から泡を軽く取り除いておきましょう。泡が減った分だけ短時間ですすげるようになります。

シャワーを使わないときには必ず水を止める

水道代は従量制です。たくさんの水を使えば使うほど、料金が高くなる仕組みとなっています。シャワーで節水する方法はとても単純で、必要としないときにただ水を止めるだけです。それに加えて節水用のシャワーヘッドに取り替えて、水道代の節約効果を高めてみてください。