水道代が異様に高い!節水の効果がないなら水漏れを疑ってみる

アイキャッチ

水道代を節約するにはムダに水を使いすぎない行動・心構えが必要です。トイレやお風呂、キッチンなどの水を使うポイントで、節水対策を頑張って行っている人は多いと思います。

ところが、徹底的に節水を心がけているのに「ここのところ妙に水道代が高くなった」と感じたなら要注意です。

もしかしたら、水漏れが発生している可能性があるからです。

節水対策を台無しにする水漏れ

具体的に「水漏れ」とは、どのような状態でしょうか?

蛇口を閉めているのに水が流れ出している状態」が当てはまるかと思います。

水道代は使った水の量に対して課金されます(基本料金を除きます)。蛇口をきちんと閉めていれば水は出ないはず。使用した量を超える水道代がかかるわけないんです。

ところが、水漏れが発生していると蛇口の開け閉めに関係なく、何時間でも何日でも水が出続けます。

いつもどおりに水を使っていて以前よりも水道代が高くなった、先月に比べて異様に請求額が高くなっているなら、家の中で水が漏れ出すトラブルが発生している可能性が高いでしょう。

水漏れが発生する原因

  • 水道の蛇口
  • 排水管・パイプ
  • トイレなどの水を使う設備本体

このあたりが水漏れに関係する怪しいポイントですね。

別の原因として、水道メーターがトラブルを起こしていることも考えられます。

とはいえ、考えているだけで水漏れが消滅するなんてことはありません。水道代が不自然に高くなっていると感じたのであれば、その原因を突き止める方法を今すぐ行うことが重要です。

水道トラブルの確認方法

1. 全ての水道を止める

自宅で水漏れが発生しているのかを調べるなら、水道メーターの動作をチェックするのが簡単です。

まず自宅の全ての水道を止めてください。キッチン・お風呂・庭の蛇口など全てです。トイレなら水を流すレバーがきちんと止まる位置にあるかを確認します。

完璧に水道を止めたと思ったなら、次へ進みましょう。

2. 水道メーターを調べてみる

自宅の水道メーターの場所を探します。戸建住宅やアパートなら周辺の地面・道路などに蓋が閉まった状態で設置されています。マンションだと玄関に近い側面の扉や床の中に存在するケースが多めです。

蓋を開けると内部に水道メーターがあり、いろんな数字や針が並んでいるのがわかります。

水道メーターのパイロットという部分が動いていなければ、自宅の中で水漏れは発生していません。パイロットはコマとも呼ばれています。動いていれば、どこかで水漏れが発生しているサインです。

水道メーター

引用元:漏水があったとき|西条市

水道を全て止めているなら、水道メーターのパイロットは絶対に動かないはずです。この基本を覚えておくことで、水漏れのトラブルを素早く発見できます。

水漏れが発生していそうな怪しい場所を調べる

もし、水漏れが起こっているのが分かったなら、次はその発生場所を特定してみましょう。

蛇口から水が滴り落ちていないか

もし水が出ているなら、蛇口の中のトラブルである可能性が高いでしょう。蛇口の中にはゴム製のパッキンが入れられており、このパッキンが水漏れを防いでいます。

但しゴム製なので、年月が経過するごとに必ず自然劣化を起こします。ゴムに亀裂が入る、すり減るなどして隙間から水が漏れ出します。

パッキンは素人でも簡単に交換できます。ホームセンターやネット通販で同じ大きさのパッキンを購入しましょう。水道の蛇口部分をドライバーやレンチなどの工具を使って外し、取り替えてください。

床や壁が濡れていないか

洗面台やトイレ、キッチンなどの蛇口や水が流れる部分の床や側面の壁を見てください。もし水がたまっていたり、水のシミがあるようなら排水管や設備本体が劣化・故障などして、そこから水漏れを起こしている可能性が高いでしょう。

パイプのつなぎ目から漏れ出しているなら、水道の蛇口と同じくパッキンの劣化が考えられます。他にナットの緩みを締めなおすことで水漏れが止まるケースがあるため、スパナやレンチを使って締まり具合を確かめてください。

水の音を聞く

蛇口やトイレタンクに耳を近づけて音がしていないかチェックします。異様な音がしていれば、蛇口やトイレタンクの中のトラブルで水が漏れ出しているかもしれません。

トラブルの場所がトイレタンクの場合、タンクの下や便器の中で水がチョロチョロと出ていることが多いので、気づきやすいと思います。タンク内の部品を交換する、開閉弁(フロートバルブ)がズレているようなら元に戻すことで水漏れを簡単に直せます。

修理前に止水栓を閉めること

止水栓を閉めずに修理を始めてしまうと水が次々と流れ出してしまいます。先に止水栓を閉めて水を完全に止めてから作業を開始するのが原則です。

キッチンや洗面台、トイレなどと繋がるパイプに止水栓はついています。マイナスドライバーを使ったり、ハンドルを回したりすることで閉まりますので覚えておきましょう。

水道メーターにも止水栓はついていますが、こちらを閉めてしまっても構いません。自宅の全ての水道を止めて作業できます。止め方については、以下のサイトが参考になります。

参考 水道メーターの位置と止水栓(止水栓の種類)大阪府茨木市

水漏れの場所が分かったなら

急いで水道修理の専門業者に依頼

パッキンの交換ができる器用な人なら自分で直してしまうのが最も簡単で、コストをかけずに済みます。

ただ、水漏れの状態があまりにもひどかったり、自分でパッキンを取り替える自信がなかったりするなら水道局指定の水道修理業者へ依頼してください(悪質業者を避けるため、必ず水道局指定の業者を選びましょう)。

電話帳やインターネットで水道修理業者を探してみましょう。連絡次第、専門のスタッフが駆けつけてくれます。24時間265日、休まず対応する業者であればいつ水漏れのトラブルが発生しても安心できますね。

水漏れの場所がわからない場合

水道修理業者に全てを任せるしか方法はありません。プロの技術と経験をもって水漏れの場所を特定し、適切に直してくれるはずです。

専門の修理業者が水漏れを直したのに水道メーターの動きが異常を示しているなら、水道メーター自体が故障している可能性が高まります。

この場合は地域の水道局に連絡することでも対応してもらえます。

自宅の水を全て止めた状態で水道メーターが動いていないにもかかわらず、水道代が異様に高くなる場合も同様のことがいえますから、直ちに連絡しましょう。

設備そのものが故障している場合

蛇口や排水管・パイプではなく、トイレや洗面台などの設備そのものが劣化を起こして水漏れを発生させているなら、交換せざるを得ません。購入と工事に多くの費用が発生しますので、万が一のトラブルに対応できるよう、日頃から貯金をしておきたいですね。

コツコツと貯金をするなら誰でも継続しやすい、積立定期預金がおすすめです。

預金通帳&小銭&貯金箱毎月貯金できない人ができるようになる積立定期預金の特徴

貯金が少なくて今すぐ全額の支払いが難しいなら、分割払いを利用できる販売店を選んでみてください。

早めに水漏れの解決を目指すこと

水漏れのトラブルが発生しているのに放置するのは厳禁です。放置したからといって水漏れや故障が自然に直ることはなく、水道代を余分に支払い続ける結果になります。これではお金の節約などできません。もったいないからと直す費用をケチらず、早めに修理を終わらせましょう。