【食器洗いで節約】水の使いすぎを防ぐ改善ポイント

自宅で料理を楽しんだ後の食器洗い。キッチンで水をたくさん使う作業ですよね。

水道代が多くかかるからといって、汚れた食器を洗わないわけにはいきません。

お風呂とトイレにかかる水道代の割合が高いと知られていますが、キッチンでかかる水道代も比較的高いため無視するわけにはいきません。

食器洗いで節水するなら、やり方の改善が近道です。普段から何気なく行っている食器洗いのどこかに改善ポイントがないか、探してみましょう。

水を流しっぱなしにしやすい食器洗い

お風呂もトイレも、水を流しっぱなしにすることで水道代が高くなります。キッチンも同じです。スポンジと洗剤を使って食器を洗った後に付着した泡をすすぎますが、1個や2個で終わらないことがほとんどです。最後の1個まで食器を洗いきるまで、蛇口から水を流し続けます。

この水の垂れ流しをできるだけ控えれば、節水できそうですね。どうすれば少ない水で食器洗いを終わらせられるのか、見ていきましょう。

水の垂れ流しを防ぐ方法

道具を使ってしつこい汚れを取り除く

ご飯粒や油などのこびりつき。水でさっと洗い流すだけでは取れないしつこい汚れです。このときに使いたいのが、ヘラのような硬めの道具です。こそぎ落とすようにしてしつこい汚れを取り除いてみましょう。

しつこい汚れの場合、流水に食器をつけながらスポンジでゴシゴシ洗いする方法が一般的ですが、これでは汚れを落としきるまでに時間がかかります。作業中はずっと水を垂れ流しますので、水道代を節約するのが困難です。

先に道具を使って汚れを落とすことにより、スポンジの泡で軽くこする程度で簡単に汚れが落ちます。これなら水を大量に流しながらこすり続ける必要がなくなります。

不要になったキャッシュカードやポイントカードなど、硬めのプラスチック製カードをヘラ代わりに使う方法でも構いません。身の回りにヘラ代わりになる似た道具がないか、探してみましょう。

油汚れなどの水分が多いしつこい汚れに対してなら、キッチンペーパーや不要な紙などで拭きます。油分が紙に吸着されて薄まり、洗剤が泡立ちやすくなります。

桶を使う

流しに桶をセットしたら、その中へ水をためて食器を洗う方法です。流水ではなく、桶にためた水で食器の汚れを落とすことにより、たくさんの水を垂れ流さなくて済みます。

水の入った桶の中に食器をつけておくと、汚れが水でやわらかくなります。その後に取り出してスポンジの泡で洗えば、軽い力で汚れを取り除けるでしょう。

どのような順番で洗ったらいいの?

油分が少ない・汚れが少ない食器から洗ってください。汚れの軽いものから順番に水をためた桶に投入し、スポンジで洗います。

汚れがたくさんついている食器から桶に入れると、ためた水がすぐに油まみれになってしまいます。他の食器へ油がついて、汚れを落とす作業に時間がかかるでしょう。油はスポンジの泡立ちを悪くする原因です。比較的汚れの軽い食器から洗うことで、快適に食器洗いを終わらせられます。

油分の多い食器は桶の水へつける前に、キッチンペーパーや不要な紙で汚れを軽く取り除きます。こびりつきの強い汚れは桶の水に浸しながらヘラなどの道具を使って落とします。その後は他の食器と同じように洗ってください。

スポンジの泡で洗った食器は桶の中には入れないようにします。油汚れが再び付着するのを防ぐためです。泡で洗う作業が全て終わったら蛇口の水を出して、食器をすすぎましょう。

桶にキレイな水をためてすすぐ方法もありますが、これだと食器に洗剤が残ってしまいます。桶を使うにしても、必ず最後は流水ですすぐのがベストです。

汚れのひどい鍋やフライパンは後回し

カレーや炒め物など、油分や焦げ付きがたくさんついている鍋やフライパンといったものは大きくて洗いにくいですよね。桶を使った方法だと難しいでしょう。先に小さな食器だけを洗っておき、最後に大きくて汚れのひどい調理器具や食器を洗うのがおすすめです。

これらに対してもヘラやキッチンペーパーを用いながら先にある程度の汚れを取り除くようにして、水を流す時間を短縮する工夫をしてみましょう。

桶を使うとか何だかめんどくさい…

最初に軽く食器全体を流水で濡らします。スポンジで洗うときには水を止めて作業を続けましょう。洗い終わったら水を出してすすぎます。

水がもったいなく感じる部分は、「スポンジで洗っているタイミング」です。この部分だけでもやり方を改善すれば、節水効果が高まるでしょう。

しつこい汚れを落とすときには調理で使ったボール、お椀などの深さのあるモノに水をためておき、スポンジにためた水を含ませながらこする方法でやってみてください。

スポンジに泡をつけすぎない

泡のすすぎに時間がかかってしまう

たくさんの泡で洗えば汚れの落ちが良さそうに感じますよね。しかし、泡が多いとすすぐのに時間がかかってしまいます。

泡の多さは洗剤のつけすぎが原因です。濡らしたスポンジに少量の洗剤をつけて、よくもみながら泡立てるくらいで十分です。

泡切れの良い洗剤を使う

市販の洗剤の中には泡切れの悪いものが混じっています。洗剤を落とし切るのに水をたくさん使ってしまう原因になります。泡切れが良く、軽い力で落としやすい洗剤を選びましょう。

水を出す量を調整する

蛇口から水を勢い良く出しすぎない

水の勢いがあれば食器の汚れを素早く落とせそうですよね。ただ、水の勢いがありすぎるのは水をムダに使いすぎる原因になります。ハンドルを回して水量を微調整してから洗い始めてください。

水の勢いを増してくれるシャワーヘッド

蛇口から出る水をシャワーにすることで、少ない水量でも勢い良く広範囲に水を出せます。自宅の蛇口にシャワー機能が無くても後から取り付けられる、キッチン用のシャワーヘッドが市販されています。

「蛇口から出る水を少なくするやり方では食器を素早くすすげない」といった不満を解決してくれるでしょう。

首振り節水キッチンシャワー

上のシャワーヘッドは蛇口の外側にネジ山があるタイプに取付可能です。ご自宅の蛇口の形状をチェックしてから購入すると失敗を防げます。

クリタック シャワー蛇口 クリシャワースイングDX SFSWD-1562

こちらのシャワーヘッドなら昔から馴染みのある、ネジ山のない一般的な蛇口に装着できます。しかし、大きなサイズや角型の蛇口などには使えないため、注意してください。

食器洗い機を導入する

少ない水の量で洗ってくれる優れた家電

食器洗い機は自動で洗ってくれるだけではありません。手洗いに比べて洗浄に使う水の量が少ないため、節水効果を狙えます。

本体価格の高さがデメリット

問題は食器洗い機の本体価格です。3万円~10万円が相場といったところでしょうか。食器洗い機の「節水効果による水道代の節約」と「本体価格」を比較した場合、大きなメリットを感じられないため、無理に導入する必要はないかもしれません。

食器洗い機をおすすめする人とは?

時間短縮や給湯器のガス代を節約したいなどの、節水を含めた複数のメリットを感じられるなら、食器洗い機を導入する意義があると思います。

つけ置き洗いなら汚れが簡単に落ちそうだけど?

最後に「つけ置き洗い」についてのアドバイスです。

しつこい汚れの食器や調理器具を水の中へ入れ、しばらく放置する方法です。水によってふやけてスムーズに汚れを落とせるので、節水効果があるように感じられます。

ただ、この方法は雑菌が繁殖するためおすすめしません。1時間くらいなら大丈夫ですが、それ以上の時間で放置するのはやめましょう。

やるならつけ置き用の洗剤を使います。洗剤の説明書きを読んで、正しいつけ置きのやり方を守ってください。