証券会社で投資するなら特定口座!源泉徴収あり・なしの違い

確定申告の書類

証券会社で口座開設の手続きをするときに、お金を預ける総合口座とは別に「特定口座」もしくは「一般口座」を作るよう促されます。

特定口座と一般口座に預けるものは、証券会社で取引した株式や投資信託、債権などの投資向け金融商品です。

そしてこの2種類の口座は一つの証券会社につき、いずれか1種類しか作れません。

投資初心者だとどちらを選択すべきか迷うかもしれませんね。でも、それぞれの口座の特徴を知っていれば迷う必要のないくらい、両者には使い勝手に大きな差があります。

ぜひ、便利な特定口座を選びましょう。

一般口座よりも特定口座を選ぶのが良い理由

確定申告が簡単に終わるからです。

証券会社で買える株式や投資信託などは資産なので、状況によっては税金がかかります。

投資家が持っている株式などを売却してお金に換えたとき、もしくは保有中に発生した配当金や分配金を受け取る際に、所得税と住民税が発生します

現金を受け取ると所得が増えるからです。毎年1月1日~12月31日までの合計所得を確定申告して、税金を納める必要があります。

一般口座を選んだ場合、1年間で発生した投資の利益や損失を投資家自身が計算して書類を作ります。それから税務署に申告しなければなりません。

特定口座を選んだ場合なら、証券会社が投資家の代わりに投資の利益と損失を計算してくれます。手間のかかる計算をする必要もないですし、間違った所得を申告する恐れもないので安心です。

特定口座には2つの種類が存在

確定申告がラクになる便利な特定口座ですが、さらに「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2つに分類されます。

「源泉徴収あり」の特定口座

投資の取引で利益が発生すると、直ちに証券会社が必要な税金を納税してくれます。

銀行の普通預金や定期預金にお金を預けておけば、自動的に利息を受け取れますよね?

利息には税金がかかりますが、顧客が受け取る利息の発生と同じタイミングに銀行が勝手に納税してくれます。これと同じものだと思ってください。

源泉徴収ありの特定口座であれば、基本的に投資家が納税について何かをする必要はありません。取引ごと自動的に源泉徴収されるため、確定申告をしなくても大丈夫です。

とはいえ申告義務がないだけで、源泉徴収されていても投資家自身の判断で確定申告を行うこともできます。

「源泉徴収なし」の特定口座

源泉徴収がないですから、株式などの投資向け商品を売って利益が出たときや配当を受け取ったときなど、投資家に代わって証券会社が税金を納めることをしません。

1年間の取引で発生した所得について、投資家自身が確定申告をする義務があります。

しかし、証券会社が「年間取引報告書」を作成してくれますので、この資料を見るだけで難しい計算をしたり取引内容を1つずつチェックする作業がなくなります。

確定申告の手間はかかりますが、一般口座よりも簡単に書類の作成が終わるでしょう。

特定口座の「源泉徴収あり」がおすすめ

特定口座の「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」は両方を選ぶことができません。必ずいずれか1種類を選ぶ決まりになっていますが、通常は「源泉徴収あり」を選ぶのがおすすめです。

投資で大きな利益を得る状況なら節税できる

投資で儲けた分は所得税と住民税の対象になると言いましたよね?

これを何も考えずに投資家自身で確定申告をすると、納める税金が高くなる場合があります。

所得税と住民税もそうですが、所得の多さによって税負担が変わる各種保険料といった他の税金にも影響するので注意しましょう。

確定申告ではサラリーマンの給料や事業の報酬による所得と、投資の利益分の所得を合算します。下手をすると源泉徴収の課税分を超えてしまう危険があるということです。

仕事で得た所得に対する税金源泉徴収された投資の利益の税金

よりも

仕事で得た所得と投資の利益を合算した金額に対する税金

が上回る状態だと、確定申告を行ったばかりに納税額が高くなってしまいます

つまり投資で大きな利益を獲得できた場合、源泉徴収してもらったほうが節税になるんですね。

控除の対象外になるのを防げる

主婦や所得が少ない人の場合、所得の多い家族の扶養になることで配偶者控除といった各種控除の恩恵を得られます。税負担が軽くなる、とても助かる制度です。

それゆえに、扶養対象の人が投資で多くの利益を獲得したまま確定申告するのは危険です。所得が増えたばかりに扶養から外される恐れがあるからです。

扶養から外れると当然、控除の恩恵もなくなります。結果的に支払う税金が増えてしまうんですね。

今現在の制度であれば、源泉徴収ありの特定口座を選ぶことで扶養の立場の人がいくら投資で多額の利益を出しても、投資家自身で確定申告をしない限り扶養から外されません。

扶養や控除の恩恵を維持したいなら、源泉徴収ありの特定口座で運用するのが安全でしょう。

投資家自身で確定申告を行うメリット

給与や事業所得、投資で発生した所得の合計金額によっては、源泉徴収で強制的に税金を取られるより、投資家自身で確定申告したほうが節税になります。

所得の合計が少ないために所得税が発生しなかったり、住民税や各種保険料の負担が少なかったりする人にメリットがあるでしょう。

他のメリットとして、確定申告をすれば「損失の繰越控除」を利用できます。

1年間の投資の損失が利益を上回っていた場合、最大で3年間損失が繰り越される制度です。

3年の期間中に投資の利益が損失を上回った場合、以前の繰り越された損失で相殺すれば本来の利益を少なく見せることができます。

結果、支払う税金を低く抑えられるわけです。

とはいえ、源泉徴収ありの特定口座を選んでも投資家の自由な判断で確定申告自体はできますから、これだけの理由で無理に源泉徴収なしを選ばなくても良いと思います。

源泉徴収なしの特定口座のメリットは?

多くの投資資金を手元に残せることです。

源泉徴収されると利益が出た瞬間、強制的に税金分を取られるため、その分だけ資金が目減りします。

源泉徴収なしなら確定申告して納税するタイミングまで100%の利益が手元に残るため、より多くの資金で取引できるでしょう。

ただ、投資資金をできる限り多く手元に残す方法は、主に短い期間で売買を繰り返す投資家にメリットがあるものとして活用されます。

のんびりじっくりと投資を行いたい人であれば、確定申告しなくて済む源泉徴収ありの特定口座を使うのが便利だと思います。

基本は源泉徴収ありの特定口座を使い、1年間の利益と損失を見て自分自身で確定申告をしたほうが大きなメリットがあるならやってみる。そのくらいの気持ちで構えていれば良さそうですね。

一般口座を選ぶ意味はほぼナシ

ここまで主に特定口座のメリットばかりを書いてきました。

影に隠れてしまっている一般口座にもメリットはないのか知りたくなりますよね。

なにかメリットがあれば良いのですが、はっきりいって一般口座を選ぶメリットはありません

ただただ確定申告の作業が面倒になるだけです。よほど確定申告が趣味であったり強い興味があったりする人でもない限り、無視して構わないでしょう。

証券会社が代わりに確定申告を行ってくれるといっても、手間賃として手数料を取られることはありません。

どうせタダでやってくれるなら、特定口座を選んでラクをしながら投資するのが断然良いですよね。