もっと安くインターネット代を節約するパターンいろいろ

今やインターネットは欠かせない存在です。自宅で使っている家庭がほとんどでしょうが、節約や貯金をしたい人にとって気になるのが、毎月発生するインターネット料金の高さです

戸建て住宅だと月額6000円以上もすることがありますので、この支出をもう少し減らせれば、貯金に回せるお金を増やせそうですね。

インターネット代を安くする方法はあります。どのような環境で使っているかにもよりますが、月々1000円以上節約できる場合があるほどです。

既に方法を知っていて、お得に利用を始めている人もいるはずです。あなたがまだ方法を知らないというのなら、ぜひ読み進めてくださいね。

安くできるパターンとは?

すべての人がインターネット代を安くできるとは限りません。しかし、以下の項目のどれかに当てはまれば、実現できる可能性が高くなるでしょう。

  • フレッツ光(NTT東日本orNTT西日本)を利用している。
  • 大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を利用している。
  • 自宅でも外出先でも料金そのままで利用できればよいと思う。
  • 光回線はあるけれど、自宅であまりインターネットを利用しない。

これらに該当して、毎月5000円後半~6000円以上のインターネット代を支払っているなら、安くなるチャンスがあるかもしれませんよ。

フレッツ光の回線を契約している場合

光コラボ(光コラボレーション)を活用すると、今より料金がお得になる場合があります。

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本のインターネット回線です。光回線の提供だけなので、別にプロパイダ(接続業者)と契約を結ばなければ、インターネットを使えません。

ところが、光コラボのサービスが始まったおかげで、フレッツ光の回線を1つのプロバイダにまとめられるようになりました。これでNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光と契約を結ばずに済みます。

様々なプロバイダから光コラボの提供が行われており、従来の光回線とプロバイダを別々に契約する方法よりもお得に使えるところが目立ちます。今現在NTTのフレッツ光を契約しているなら、乗り換えを検討するのがおすすめです。

特にNTT東日本のフレッツ光は月額料金が高めです。もしあなたの自宅で使っているなら、積極的に乗り換えたいところです。

タイプ別にみるネット固定回線の節約に最適な光回線&プロバイダ

新規でも転用でも対応してくれる

光コラボの利用はフレッツ光以外からの乗り換えや、初めて光回線を申し込む新規の顧客だけが対象ではありません。転用でも利用できるのがメリットです。

「転用」とは、フレッツ光回線を使っていた家庭が、その回線を維持したまま光コラボの別業者に乗り換える方法です。

フレッツ光の回線をそのまま使えますので、自宅に派遣スタッフが来て作業する必要がなく、工事費を安く抑えられます(※品目変更を希望すると、派遣工事が必要になる場合があります)。

フレッツ光の違約金が発生しない

2年や3年契約などの縛りでフレッツ光を利用していると、契約更新月以外のタイミングで解約すれば違約金をとられます。

戸建住宅で5000円~3万円もする高い違約金ですが、光コラボへの転用であればフレッツ光の違約金が発生しません

プロバイダからは違約金をとられるものの、相手は1社だけですから、ずいぶんと負担が和らぐでしょう。

大手キャリアの携帯を使っている人に朗報

ドコモやau、ソフトバンクといった大手携帯キャリアの携帯やスマホを使っていると、プロバイダの組み合わせによっては料金の割引が適用されます。

ドコモ光&ドコモの携帯、auひかり&auの携帯、ソフトバンク光&ソフトバンクの携帯などの組み合わせです。この他のプロバイダとの組み合わせも多くあります。

光コラボを活用しよう

先に光コラボのお話をしましたが、単に光コラボへ変えるだけでは大きな節約効果を期待できないことがよくあります。

ところが、大手携帯キャリアと組み合わせることでその分の割引サービスが適用されるため、節約効果が大きくなります

フレッツ光系の光コラボだけでなく、auひかり系の光回線もauケータイとの割引効果を狙えます。auケータイのユーザーなら注目したいところです。

各携帯キャリアでお得な固定回線については、以下の記事をご覧ください。

タイプ別にみるネット固定回線の節約に最適な光回線&プロバイダ

自宅と外出先のネット利用を安く抑える方法

WiMAX2+(WiMAX)を検討しましょう。モバイルルーターで送受信してインターネットを利用するサービスです。

無線で利用しますので、自宅に回線を通す工事が不要です。これなら自宅が賃貸でも気兼ねなく契約できます。

固定回線と比較して月額料金が安い

月額の基本料金がかなり安く、4000円前後で利用できるほどです。戸建住宅の人なら、固定タイプの光回線に比べて月々1000円近くか、それ以上の安い料金に抑えられます。

外出先で使っても月額料金そのまま

WiMAX2+はモバイルルーターを持ち運ぶことで、外出先でも高速通信が可能です。使う場所が変わっても、追加の利用料金は発生しません

スマホやタブレット、パソコンに携帯ゲーム機など、Wi-Fi接続できるものなら何でも使えます。

外出先で使うにはモバイルルーターを持っていく必要があります。この間は自宅で他の人がインターネットを利用できません。それでは困る場合、回線を複数契約すれば解決します。

ただ、回線を複数契約する方法だと、月額料金が倍になります(※旧式のWiMAXなら安く追加契約できる方法があります)。

  • 外出先でノートパソコンやタブレットなど複数の端末を使っており、携帯キャリアのモバイル回線、テザリングでは不十分。
  • 外出先では使わないものの、光回線がムダに高いと感じる家庭。
  • 一人暮らしで、自宅のインターネット代とスマホのパケット代を節約したい人。

以上のような項目に当てはまる人たちに、お得でおすすめなサービスだといえます。auケータイを持っている人なら、WiMAX2+をもっと安く利用できるチャンスがあるのも魅力です。

【WiMAXで節約】ネット固定回線やスマホ代がお得になる人とは?

自宅ではあまりインターネットを利用していない場合

光回線の2段階定額制」もしくは「ADSL」を使う方法があります。

光回線の2段階定額制とは?

光回線の2段階定額とは、大手携帯キャリアのパケット定額サービスによく似た料金体系です。

動画やウェブサイトを見るなど、インターネットを利用する際にはデータを送受信しています。このデータ量を1ヶ月間で見て、「一定以下の量で済んだ場合の月額料金」と、「一定量を超えた場合の月額料金」の2種類存在するのが、2段階定額制の特徴です。

1ヶ月間でメールや少しウェブサイトを閲覧するくらいなら、送受信するデータ量はそんなに多くありません。一定以下の安い月額料金でおさまる可能性が高まります。

月額1200円のプロバイダ料金と合わせても、一定以下の定額制におさまれば4000円前後のインターネット代に節約できるのがメリットです。

2段階定額制のデメリットも理解しましょう。一定のデータ量を超えた後の料金が適用されると、通常の1ヶ月定額制よりも高くなるリスクを持っています。

パソコンでインターネットを使う場合、データ量の大きな動画や音楽、ファイルのダウンロードなどを利用する機会が増えます。1ヶ月間に使うデータ量を完全に把握できる知識がなければ、節約に失敗してしまうでしょう。

ADSLを利用する方法について

今は光ファイバーを使った光回線が主流です。ADSLは電話回線を使ったインターネットサービスで、一昔前に利用されていたものです。

光回線よりも月額料金の安さがメリットです。

デメリットは回線速度の低さですね。高画質な動画をスムーズに視聴するのはやや困難です。データ量の多いファイルのダウンロードやアップロードに時間がかかり、イライラすることもあるでしょう。

光回線を利用できない地域、もしくは大容量のデータを扱わないことを理解している人が使うもので、節約方法としては一般向けではありません。

ただ使い続けるだけで長期的な節約効果がある

安くできそうな方法はありましたか?2段階定額やADSLを使った節約方法は難しい一方で、その他の方法なら導入が簡単です。

今回は方法を大まかに取り上げましたが、光回線やWiMAX2+のおすすめ業者を別記事で紹介しようと考えています。

インターネット代の節約は月単位で見ると、大きな効果は望めないかもしれません。

しかし、インターネットは何年も使い続けるサービスです。長期的に見れば少しでも安い業者を利用することで、1年間で1万円以上といった大きな節約効果を狙えます。

お得なプロバイダと契約したなら、後は使い続けるだけです。節約のために使い方を工夫する手間などありません。

計画的な貯金や節約が苦手な人でも実践しやすいのが、この節約方法のメリットです。