タイプ別にみるネット固定回線の節約に最適な光回線&プロバイダ

節約上手になるために、自宅のインターネット代を安くする方法を考えていきましょう。

もっと安くインターネット代を節約するパターンいろいろ

固定回線だと光回線が主流ですが、今なら大手のフレッツ光以外に

  • 「光コラボ」
  • 「他社の光回線」
  • 「大手携帯キャリアの割引キャンペーン」

などを活用して、今のインターネット代を月に1000円前後安くできるチャンスがあります。

環境によっておすすめの光回線・プロバイダが違ってきます。あなたにとってどれがふさわしいのか、節約を狙えそうなサービスを探してみてください。

節約に適した光回線・プロバイダを選ぶ目安

安いと評判の光コラボは、フレッツ光回線とセットで契約できるプロバイダのことです。別途、フレッツ光と契約する必要はありません。

転用を利用すればフレッツ光回線を維持したまま、工事不要で他社のプロバイダに乗り換えられます。フレッツ光を使っていない家庭でも、新規による契約ができますよ。

しかし、ただ光コラボに乗り換えるだけでは大幅な節約効果がなく、お得感は弱まります。フレッツ光の割引を利用すれば、光コラボに近い料金になるからです。

節約のポイントは大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を

  • 利用し続けている人
  • 新規契約する人
  • 他社から乗り換えで使う人
です。

(※その他の立場の人にとっておすすめの光回線やプロバイダについては、記事の後半でご紹介します。)

大手携帯キャリアのドコモ・au・ソフトバンクのユーザーなら、特定の光回線やプロバイダと一緒に利用することで、独自の割引キャンペーンが適用されます。

携帯やスマホの割引によって月額料金を抑えられ、インターネット代の節約効果を高められるのがメリットです。

公式よりも代理店経由の申し込みがお得

光回線の申し込みは公式で受け付けています。フレッツ光ならフレッツ光の公式サイトから…といった具合ですね。

これとは別に、代理店経由で申し込む方法があります。代理店が独自にキャッシュバックやプレゼント商品を用意しているのが特徴です。

代理店と公式のキャンペーンが同時に適用されるケースもよくあります。キャッシュバックを利用すれば、解約時の違約金や加入時にかかる工事費の負担が軽減されるでしょう。

公式よりも代理店経由の申し込みをおすすめします

代理店とは?
公式(NTT東西、KDDIなど)から商品の販売や宣伝を委託されている業者のことです。光回線やプロバイダの申し込み窓口の役割を果たしています。

契約した後は公式のサービスを利用しますから、代理店経由で申し込んでも光回線やプロバイダそのものの品質は全く同じです。

…ここからは環境別におすすめの光回線やプロバイダを見ていきましょう。お得な代理店のご紹介も兼ねています。

ドコモユーザーにおすすめ!

「ドコモ光」

ドコモ光は光コラボの一種です。ドコモのスマホ・携帯を持っている人なら、割引サービスを受けられます。

ドコモ光の代理店経由で申し込むなら、プロバイダの「GMOとくとくBB」が断然お得です。プロバイダ自身ではなく、ドコモ光の申し込みのみ行っている代理店がいくつか見られるものの、特典の条件が曖昧でおすすめしにくいため、紹介は控えます。

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックやルーターをタダでレンタルできる特典などが豊富です。

GMOとくとくBB【ドコモ光】『GMOインターネット株式会社』

企業としてGMOを評価すると、インターネットサービスの分野ではトップクラスの大手として君臨しています。さすがに大手とあり、サービスの内容自体は悪くありません。

ただ、サポートの電話がやや繋がりにくい点がよく指摘されている感じですね。とはいえ、顧客の多い大手企業ならどこも似たようなものです。この部分が気にならなければ、お得にドコモ光へ加入するための最適なプロバイダだといえます。

ドコモ光なら他のプロバイダも自由に選べます。でも、特典が地味だったり何もなかったりするところが大半です。GMO以外のプロバイダにしたい場合、単純に好みで選べばよいでしょう。

※主なプロバイダ:So-net、BIGLOBEなど

有名なOCNをプロバイダに選択できるものの、GMOやSo-netなどに比べると料金が高くなるので、OCNを節約目的に選ぶのはおすすめしません。

auユーザーにおすすめ!

「auひかり」

auひかりはKDDIの光回線です。NTT東日本のフレッツ光よりも料金が安めで、auのスマホや携帯を持っている人なら割引サービスが手厚く、節約効果が大きくなります。

申し込みは代理店経由が圧倒的におすすめです。auひかり公式やプロバイダのものを含めて、キャッシュバックなどの特典がたくさん付いてきます。

auひかり正規代理店『株式会社NNコミュニケーションズ』

光コラボではないため、フレッツ光から乗り換えると回線工事が必要です。

auひかりのひかり電話に移行すると、固定電話の番号が変わる場合があります。詳しくは記事の最後で説明しますが、NTTの加入電話(アナログ回線の電話番号)であれば番号を維持したまま移行できます。安心しましょう。

次点で「So-net光」

auひかりは東海地方・関西地方だと利用できない地域が多めです。エリア外やフレッツ光系の回線を使いたいなら、光コラボのプロバイダ「So-net光」を選ぶのも手です。

auひかりに比べてややお得感が薄れるものの、auユーザー向けの割引サービスを利用できます。

So-net光公式『So-net』

So-netはSo-net光の代理店ではなく、公式のプロバイダです。代理店経由に比べて特典の魅力はやや下がりますが、タイミングによってはそこそこお得感の高いキャンペーンを実施しています。お得にSo-net光を使うなら、キャッシュバック特典やAmazonギフト券のプレゼント企画などを上手く利用したいところです。

ソフトバンクユーザーにおすすめ!

「ソフトバンク光」

ソフトバンク光は光コラボのプロバイダです。本家のソフトバンクが提供するサービスですし、スマホ・携帯ユーザーにとっては安心感があるでしょう。

SoftBank光 正規代理店『株式会社エヌズカンパニー』

ソフトバンクユーザーの料金が安くなる仕組みは、auの割引とよく似ています。

「NURO光」

NURO光は光コラボではありません。しかし、本家と同じくソフトバンクの携帯やスマホ料金が安くなる割引サービスがあるため、選択肢の一つになってきます。

NURO光 正規代理店『株式会社アウンカンパニー』

ソフトバンク光と比べて、光回線の下り速度が最大2Gbpsと高速なのがメリットです(※他社は最高1Gbpsが大半)。

但し、NURO光は関東地方と一部の東海・関西地方でしか普及していません。あなたが関東地方に住んでいるなら、速度に優れるNURO光を最優先に検討してもよいと思います。

集合住宅に住んでおり、NURO光のマンションタイプを契約できない場合は、ソフトバンク光のほうが安くておすすめです。

格安スマホユーザー・その他の環境でおすすめは?

大手スマホを格安スマホにする節約がおすすめの人・すすめない人

「NURO光」

利用地域が限られるものの、安いわりに2Gbpsの高速な光回線でネット環境を作れるのがメリットですね。但し、集合住宅の人だと条件によって割高な戸建て料金と同様になりますので、別のサービスを選ぶのがおすすめです。

NURO光 正規代理店『株式会社アウンカンパニー』

「フレッツ光」(NTT西日本エリア)

フレッツ光は料金が高いという口コミが圧倒的です。ところが、NTT東日本と違ってNTT西日本なら3年割の「もっともっと割」を利用できます。長く使い続ければ意外にも月額料金が安くなります。プロバイダの選択肢の多さがメリットですね。あえて光コラボを利用せずに節約する方法です。

割引サービスの受付終了について
NTT西日本の「もっともっと割」は、2018年4月30日で新規受付を終了しました。代わりに「光はじめ割」という新しい割引サービスが、2018年5月1日から始まっています。3年契約のもっともっと割と違い2年契約なので気軽に申し込めるものの、代わりに割安感が消えてしまいました。NTT西日本エリアの人がフレッツ光系でこれから安い光回線を利用するなら、光コラボの業者を選ぶのがおすすめです。

「有名なところならどこでも」

NTT東日本の料金の高さが気になる人、大手携帯キャリアを使わない人、NURO光を利用できない地域の人向けです。

大手携帯キャリアの割引が適用されない場合、どこを選んでもインターネットの料金に大きな差はありません。キャッシュバックが魅力だとか、好きな会社だとか、その程度の感覚で自由に選べばよいでしょう。

光回線やプロバイダ変更の注意点

有名なサービスの利用が安心

今回取り上げたサービスだけでなく、光回線やプロバイダの業者はたくさん存在します。特にプロバイダはかなりの数で、もっと安く提供している業者があるかもしれません。

それでもあえて、今回取り上げたサービスとの契約をおすすめします。知名度が高くない業者だとサービスの質やサポートの対応が悪いなどの問題が発生したり、利用者が少ないために採算が合わず、突然事業を撤退するリスクを持っています。

長く付き合っていくインターネットの業者ですから、安さだけで判断するのは危険です。何があってもしっかり対応してくれることの多い、有名な業者と契約を結びましょう。

固定電話を使っている人が覚えておきたいこと

光回線や光コラボ系プロバイダの乗り換えで、固定電話の電話番号が変わってしまうケースに気をつけてください。

NTTの加入電話の番号を使っている人なら、携帯電話のMNPとよく似た「番号ポータビリティ」が利用できます。加入電話の電話番号とは、従来型の電話線を使うアナログタイプの番号のことです。多くの家庭でNTTに加入権を支払い、取得したと思います。

auひかりやNURO光などの他社の回線に乗り換えたとしても、番号ポータビリティのおかげで番号を維持したまま移行できます

光コラボの転用なら、特に何も考えずに電話を移行しても番号は変わりません。

しかし、光回線の変更もしくは光コラボの変更後にまた別の業者へ乗り換えたり、フレッツ光に戻す際には問題になります。乗り換える前に、一旦NTTの加入電話へ戻す手続きを行ってください(費用がかかります)。これで電話番号を維持したまま移行できます。

番号を維持できるのはNTTの加入電話に限ります。ひかり電話で同じ番号を使っており、アナログタイプの加入電話を休止中にしていても大丈夫です。

一方で、KDDIなどの他社で新規に電話番号を作った場合や、加入電話ではない番号(ひかり電話で新規に取得など)を使っている場合では、他社の電話に乗り換えると固定電話の番号が変わってしまいます

この問題は総務省で議論されているようで、もしかしたらいずれ制度が変わるかもしれません。

参考 番号ポータビリティの扱いについて総務省(pdfで開きます)

すごく不便ですし、ぜひ変わってほしいですよね。

固定電話を一切使っていない家庭なら関係ないでしょうが、もし固定電話の加入権が休止状態であれば、他社へ乗り換ることで知らないうちに番号が消滅する危険があります。念のため覚えておいてください。