せどりの仕入れでポイントをザクザク貯めるメリットと必須アイテム

たくさんのポイント

せどりの商品を仕入れる際、つい価格ばかりに目を奪われてしまいがちです。

割安な商品の仕入れが最重要なのは確かです。ただ、もう少し視野を広げる意味を込めて「ポイントサービス」の存在に注目しましょう。

商品の購入と同時にもらえるポイントをフル活用して仕入れを行えば、もっとお得にせどりで儲けを出せるかもしれませんよ。

せどりでポイントを貯めるメリットは「コストの削減」

買いたい商品をレジに持っていくと、「ポイントカードはありますか?」などと店員に尋ねられることって多いですよね。

このときにカードを差し出せば、商品代金に応じたポイントを付けてくれます。一定以上のポイントが貯まると支払いで現金代わりに使えるなど、いろいろとお得感の高いサービスです。

つまり、「ポイント」は「値引き」と同じ価値があるといえます。

商品を仕入れなければ、せどりで稼げません。商品をたくさん仕入れて、たくさん売るほど儲かります。

ポイントサービスのあるお店で何度も仕入れを繰り返すことで、自然にポイントがザクザクと貯まっていくでしょう。

たくさん貯めたポイントを買い物の支払いに使えば、現金を失う量が減ります。

せどりの仕入れや生活のコストを、貯めたポイント分だけ抑えられるということです。

コストを抑えたことにより、せどりで利益を出すハードルが下がります

無理に高い値段をつけて仕入れた商品を売り出さなくても、儲けを得られる余裕が生まれるからです。

せどりで失敗する確率を下げたり、お金が手元に残りやすい状態にできたりするのが、ポイントを貯めるメリットですね。

あまり利用しないお店だからといって、ポイントを貯めずに商品を購入するのは損です。せどりでお金儲けをするなら、賢くポイントを貯めるテクニックを身につけましょう。

仕入れで貯められるポイントの種類

いろんな店舗で実施しているポイントサービスの内容には、大きく分けて2つのパターンがあります。

  1. そのお店・系列店や提携店限定のポイントを貯められる。
  2. 全国のさまざまな店舗で同じポイントを貯められる。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

たくさんもらえる店舗限定のポイント

まず「そのお店・系列店や提携店限定のポイントを貯められる」パターンについてです。

お店が独自に発行するポイントなので、他店では使えませんし貯められもしません。

チェーン展開もしくはグループの系列店、提携する他社の店舗で共通して使えるようなポイントを発行しているパターンが存在します。このパターンなら利用した店舗限定ポイントよりも利用範囲が広がるので、使いやすいといえるでしょう。

デパートやスーパー、個人のお店などで独自に発行するポイントカードがこのタイプに当てはまりますね。楽天市場を始めとする楽天グループや提携する一部の店舗で使える楽天ポイント、セブン&アイのnanacoポイントなどが有名な例です。

このタイプのポイントは利用者側からすると、せっかく貯めたポイントが他店だと価値を持たないのがデメリットですね。

一方で、お店側としては発行したポイントをライバル店の買い物で使われずに済むことから、顧客の囲い込みができます。

囲い込みをより強くするために、一般的なポイントサービスに比べてよりたくさんのポイントを顧客に発行するケースがよく見られます。常連客にとっては、ポイントを貯めやすいメリットがあるでしょう。

ネット通販大手の楽天市場が良い例です。ポイント10倍・40倍などの、他店ではなかなか見られないような大盤振る舞いのセールを頻繁に開催しています。

1ポイント1円の価値があり、2000円の商品購入で200ポイントがつくなら、200円も値引きしてもらえるような感覚です。2000円で20ポイントしかつかなければ、たった20円の値引きにしかなりません。

どちらがお得なのかは一目瞭然でしょう。

どこでも貯められるポイントなら取りこぼしを防げる

次に「全国のさまざまな店舗で同じポイントを貯められる」パターンの特徴です。

せどりの仕入れは、とにかく割安な商品を見つけるのが大前提です。一つの店舗だけを仕入先に絞り込む方法だと他店でもっと安く売られている商品を買い逃してしまいます。

業者間の垣根なくポイントを貯められるパターンの場合、利用する店舗を気にしなくて済むのがメリットですね。

特定の店舗限定のポイントサービスに比べると、もらえるポイントは標準レベルで多くなく、貯まるペースが遅めです。その代わり、ほとんどのお店の仕入れでポイントを獲得できます。

また、ポイントの交換方法にギフト券・日用品・家電・優待券など、いろいろな手段を選べることが多く、ポイントの使いみちが少ないせいでムダにしてしまうリスクの低さがメリットです。

どちらのポイントサービスがお得?

2つのポイントサービスのメリット・デメリットを見て、どちらがお得・損などと単純に判断するのは良くありません。両方のメリットを利用するのが、せどりでお得を実感するコツだと思いましょう。

クレジットカードでポイントをザクザク貯める

ポイントを貯める方法で最も効率的・お得なのが「クレジットカード払いに頼ること」です。

実店舗やネットショップが独自に行っているポイントサービスは、ポイントカードの発行もしくは会員登録をすることでポイントを貯められます。

ですが、この方法だけを利用するより、どこのお店で使用してもポイントが貯まるクレジットカードを組み合わせたほうが、圧倒的にポイントの貯まり具合が良くなります。

また、アマゾンでせどりの商品を売る場合、クレジットカードを持っていないと利用できません。

せどりの商品を「仕入れる・売る」の両方で使えるお金儲けの必須のアイテムが、クレジットカードというわけですね。

MEMO
アマゾンで商品を売る際に登録するクレジットカード情報ですが、一応デビットカードでも登録できます。とはいえ、デビットカードを支払いに使っても貯まるポイントは少なく、使えないお店がまだまだ多い状態です。お得感や使い勝手で比較すると、クレジットカードが断然有利です。

せどりで活躍するクレジットカード

世の中にはお得なクレジットカードがたくさんあります。その中でも、せどりの仕入れでポイントが貯まりやすく、使いやすいカードをいくつかご紹介しましょう。

楽天カード

楽天カード

  • 楽天市場のカード払いでポイント3倍!
  • 年会費永年無料
  • 基本1%の高還元率

ポイント数十倍のセールをよく開催する楽天市場でより多くのポイントを貯めるなら、楽天カードが必須です。

楽天市場の通常ポイントに加え、楽天カードの支払いでいつでも2倍のポイントがつきます(合計3倍)。頻繁に楽天市場で仕入れを行うことで、あっという間にたくさんのポイントが貯まるでしょう。

楽天市場や提携店以外のお店で使っても、100円につき1ポイントが貯まります。還元率の高いクレジットカードとして、あらゆるシーンでお得を実感できるのが強みです。

Yahoo! JAPANカード


【Yahoo! JAPANカード】

  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの買い物でポイント3倍!(期間固定Tポイントを含む)
  • 年会費永年無料
  • 基本1%の高還元率

Tポイントが貯まります。商品の破損や紛失に対して90日間の補償を受けられますが、ヤフオクの中古品にも適用されるのがYahoo! JAPANカードの大きなメリットです。

おかげで安心して仕入れに専念できるでしょう。

制限なくヤフオクに出品する権利が得られるYahoo!プレミアム会員であれば、Yahoo!ショッピングの買い物がいつでもポイント5倍になります。

Yahoo!ショッピングでは、ポイント数倍のセールをよく開催しています。また、同じ商品を楽天市場よりも安く売っているパターンを見かけるので、割安な商品の仕入先として活躍するでしょう。

貯められるTポイントの加盟店は多く、TSUTAYAで使えるのは大きいですね。

期間固定Tポイントとは、Yahoo!ショッピングやヤフオクなどのYahoo! JAPANサービス、LOHACO、GYAO!で使える限定ポイントのことです。

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

  • イオンやイオンモール、ダイエーなど、イオン系列の買い物でポイント2倍!
  • 年会費永年無料
  • 基本0.5%の還元率

イオンカード自体の還元率は0.5%と平均的なレベルです。但し、イオンやイオンモールなどのイオン系列の店舗でイオンカードを使うことにより、もらえるポイントがいつでも2倍になります。これによって、1%の高還元率を保てます。

さらにイオン系列の店舗で開催される毎月20日・30日の「お客様感謝デー」にカードを持っていると、5%割引が適用されます。実店舗の仕入先として評判の高いイオンモールで割安に商品を購入するチャンスが増えるでしょう。

貯めたポイントはWAONポイントに交換できます。イオンモールはもちろんのこと、スーパーのイオンでも商品を安く購入でき、生活のコストを抑えやすいのがメリットですね。

独自のサイト「ときめきポイントTOWN」経由で買い物をすれば、最大21倍のポイントをもらえます。

クレジットカードの枚数は少なめに抑える

大半のクレジットカードで、特定の店舗利用時にポイントが倍になる特典を用意しています。

単純にポイント還元率の高いカードを発行したくなるところですが、利用する店舗ごとに複数のカードを使い分けると、ポイントが分散して貯めるには非効率です。

仕入れで頻繁に利用するお店をまず決めましょう。そのお店でポイントがたくさん貯まるカードを発行し、他店の支払いでも使うようするのが効率的なポイントの貯め方です。

とはいえ、クレジットカードを1枚だけに絞る方法を絶対的にすすめているわけではありません。2~3枚を使い分けるくらいなら問題ないと思います。

最初から一気にカードの枚数を増やすより、せどりに慣れてきたら徐々に枚数を増やすのがおすすめです。

今回ご紹介したクレジットカードを例にするなら、基本の還元率が高い「楽天カード」、もしくはYahoo系とTポイント提携店の利用に便利な「Yahoo! JAPANカード」を持っていると、お得にせどりの仕入れを行いやすいでしょう。

身近にイオンモールがあるなら追加で「イオンカード」が欲しいところですね。