せどりで人気のアマゾンは個人でやる気軽なお金稼ぎに使えるのか?

ショッピングカート

人気の副業と言えば「せどり」。まず商品を仕入れて売る場所を決めます。せどりは気軽な商売という存在で、コストも手間も少ないネットで商品を販売するやり方が定番ですね。

せどり商品の売る場所として、多くの人に愛用されているのが「アマゾン」です。

あまりにも有名な通販サイトですから、大きな企業でなければ利用できないと思うかもしれません。

実は個人で仕入れた商品を1点から売ることだってできるんです

せどりでよく利用されるアマゾンですが、本当に売る場所としてふさわしいのかを考えてみましょう。

MEMO
仕組みや手数料などの情報は記事執筆当時のものです。サービス内容が突然変わることも考えられます。必ず公式サイトで最新の情報を確かめてから利用してください。

アマゾンにせどり商品なんてあるの?

一般の人からすると、アマゾンに売られている商品はアマゾン自身が仕入れと販売をしていると思うかもしれません。

そのような商品ばかりなのは確かですが、「マーケットプレイス」という場所で出品しているのは外部の業者です。

Amazon 新品の出品&中古品の出品

引用元:Amazon.co.jp

アマゾンの各商品ページを開くと、上の画像のように「新品の出品:数字」「中古品の出品:数字」のリンクを表示しているものが存在します。

このリンクからページを開くと、様々な出品者の一覧が出てきます。一覧にはアマゾンの名も含まれていますが、その他の出品者はすべて外部の業者です

外部の業者が販売する仕組みを、アマゾンでは「マーケットプレイス」と呼んでいます。別業者であるアマゾンのサイトで自分たちが売る商品の紹介スペースを借り、販売しているんですね。

マーケットプレイスは会社(法人)だけでなく、個人の立場でも利用できます。この個人利用を副業目的として活用し、せどりで儲ける流れです。

アマゾンでせどりをする際に選ぶプラン

せどり目的で仕入れた商品をアマゾンで売るなら、アマゾン公式サイトからamazon出品サービスのページを開きましょう。詳しいサービス内容や利用方法などが載っています。

ざっと見ると、「月間登録料4900円(税抜)」の料金が目につくかもしれません。お小遣い稼ぎ感覚でせどりをやるのに1カ月で4900円もお金をとられたら、とてもじゃないですがお金儲けなんて無理ですよね。

ただ、この月間登録料が発生するパターンは大口出品のときだけです。

アマゾンには大口出品とは別に、小口出品のプランが用意されています。1カ月間に数個の商品を売るだけなら、小口出品のプランで十分でしょう。

小口出品なら月間登録料はかかりません。商品が売れたときだけ、成約料や販売手数料などが発生します。

MEMO
アマゾンでは、大口出品の新規利用者に対するキャンペーンを頻繁に行っています。大口出品の月間登録料が無料もしくはとても安いなら、最初にまず大口出品で登録してサービス内容を確かめてみてもよいでしょう。大口出品と小口出品はいつでも切り替えが可能なので、気軽に試せます。

小口出品のメリットとデメリット

出品できる商品に制限がある

大口出品に比べて安く利用できる代わりに、サービス内容の充実度が下がります。

参考 Amazon出品(出店)サービス - 大口出品・小口出品プランの違いAmazon.co.jp

中でもデメリットに感じられる部分として大きいのは、「アマゾンで取り扱っている商品のみ出品可能」な部分でしょうか。売れそうな商品を仕入れたとしても、アマゾンにその商品の販売ページがなければ出品できない、ということです。

商品を仕入れる際には、先に必ずアマゾンで商品の取り扱いをチェックしてください。

とはいえ、アマゾンが取り扱う商品の種類は国内随一といえるほど豊富なので、さほどデメリットに感じないかもしれません。

少ない出品数なら大口出品よりも低コスト

小口出品のメリットは、コストを低く抑えられる部分です。せどりで少しお金儲けをしたい場合、莫大な稼ぎは難しいのでコストがかかりすぎると儲けが減ってしまいます。

アマゾンの小口出品だと商品が1つ売れるごとに、100円の成約料が発生します。大口出品の月間登録料4900円に比べたら圧倒的に低コストです。

仮に、月50個以上の商品を売る力があるなら、成約料が存在しない大口出品の月間登録料のほうがお得になります。覚えておきましょう。

アマゾンFBAの利用で在庫管理や発送が簡単に

大口出品・小口出品に関係なく利用できる、FBA(フルフィルメント)というサービスが別に用意されています。

FBAとは、商品の在庫管理・発送・返品対応などを、出品者の代わりにアマゾンが行うサービスです。

一部の商品以外なら通常配送料の無料対象になったり、運送会社の一般料金よりも安い送料にできたりします。その他、アマゾンの倉庫で在庫を厳重に管理してくれるなど、購入者にとってメリットがある内容ばかりで売れやすい環境を作れます。

FBAの利用は強制ではありません。在庫管理や発送を自宅でやるのが面倒な場合に、FBAの利用を検討すればよいでしょう。

せどりでアマゾンを利用する価値はあるのか?

大きな価値はありますが、ある程度の稼ぎが見込めるせどりのやり方でなければ少し厳しいかもしれません。

アマゾンの最大のメリットは集客力です。国内最大のネット通販サイトで、利用者数も信頼性の高さも他を圧倒しています。

あの有名な楽天市場よりもたくさん物が売れる市場です。その場所を借りて商品を販売すれば、あっという間にせどりの商品が売れる可能性はとても高いでしょう。

一方で、問題となるのが「手数料の高さ」です。

アマゾンで売れたときに発生するコストはかなり高い

小口出品で商品が売れたときに発生する成約料自体は安く、魅力があります。たったの100円ですからね。

ただ、商品が売れた際の価格に対して発生する「販売手数料」の割高感が気になるところです。

商品に対して8%の手数料ならばまずまずの高さですが、せどりで売る商品のターゲットにしやすい本やCD、DVDなどだと販売手数料の中で最も高い15%が適用されます。その他の商品に関しても10%を超えるものばかりです。

さらに、本・ミュージック、DVD・ビデオ(VHS)のカテゴリーに当てはまるジャンルの商品が売れると、それぞれのカテゴリー成約料(80~140円)を上乗せして支払う必要が出てきます。

「成約料100円+販売手数料+場合によってはカテゴリー成約料」の合計金額を、商品の販売価格から引き算して利益が残るように調整するのが稼ぐための最低条件です。

FBAを利用する出品者なら、

  1. 商品が売れるまでの在庫保管手数料
  2. 発送するときの発送代行手数料

以上の2つを支払うことになります。

「アマゾンへ売りたい商品を納品する送料+在庫保管手数料+発送代行手数料」の分もかかる上で、利益を出すテクニックが必要になるでしょう。

新品の出品ルールが厳しめ

以前のマーケットプレイスなら、アマゾンで仕入れた商品であっても新品として出品できました。ところがルールが変更されてからは、アマゾンで購入した商品を新品扱いで出品できなくなっています。

他の店舗で購入した商品なら大丈夫です。しかし、それでも新品で出品するルールがかなり厳しく、個人の利用だと少し苦しく感じるかもしれません。中古品の取り扱いに切り替えるか、別の出品サービスで新品を売る工夫が必要でしょう。

バツアマゾンで新品を売れない?せどりの商品を出品するためのルール

売りたい商品によってアマゾンとオークションを使い分ける

商品1個あたりの利益が少なくてもたくさん在庫を売る力があるなら、アマゾンに出品するメリットはかなり大きいといえます。またはどんな商品でも高く売る実力を持つ人ですね。

同じ商品を売るライバルが多いものの、集客力のおかげでライバルの安い商品が在庫切れを起こした場合、やや価格を高めに設定して出品しても売れる可能性は十分にあります。

ただし、高すぎるとさすがにすぐには売れません。FBA利用時なら、売れ残り期間が長くなるほど在庫保管手数料が膨れ上がるので気をつけてください。

たまに商品を仕入れて売る程度であれば、ネットオークション大手のヤフオクを利用してもいいと思います。

ヤフオクの有料会員としてオークションに出品する場合、月会費として498円を支払います。高く感じられるかもしれませんが、アマゾンの小口出品のような成約料は存在しません。1カ月間で5個以上の商品を売るなら、販売手数料8%台のヤフオクのほうが稼ぎやすいといえるでしょう。

特に希少価値の高い商品を仕入れた場合、入札の仕組みがあるヤフオクのほうが勝手に価格が高くなりやすいので大きな利益を得られるチャンスがあります。また、アマゾンで取り扱っていない商品を少ないコストで、誰もが出品できるのはメリットです。

スマホでショッピング無料会員でヤフオクのオークションに不用品を出品すれば本当にお得?

絶対の法則ではないものの、アマゾンとヤフオクは互いに癖が違います。効率良く儲けられるように経験を積みながら癖を見極めるのが、せどりで稼ぐコツです。

商品を購入せどりはネットを活用した個人でもできるお金の稼ぎかた