知らないのは損!プロパンガス会社の乗り換えでガス代が安くなる

プロパンガス(LPガス)は都市ガスより料金が高めです。ガス代を年間で数万円安くするなら都市ガスへの変更を検討したいところです。しかし、

「都市ガスが使えない地域に住んでいる」

「都市ガスへ変更する初期費用の負担がきつい」

こうなると、プロパンガスを使わざるを得なくなります。

「毎月我慢して高いガス代を支払わなければならない…」

いえ、諦めるのはまだ早いですよ!あなたの家のガス代、今よりも安くなる可能性がまだ残されています都市ガスに変えなくてもです。

プロパンガスを安くしたいなら、ガス会社を変えてみましょう。安い会社が見つかれば場合によって年間で1万円、もしくはそれ以上安くなることだってあります。

ガス代があまりにも高くてお金を貯められない、都市ガスに変えられない不満の解決方法として活用してください。

料金はガス会社によって違います

ガス代の計算方法を知っていますか?

1カ月のガス代は、「基本料金」「従量料金」「ガスの使用量」で計算されます。

もう少し具体的な計算の仕組みやガス料金の例については、以下の記事を参考にしてみてください。

種類に問題あり?あなたの家のガス料金が高い理由

このうちで「基本料金」と「従量料金」の部分がガス会社によって違います。

ガスの使用量は各家庭の使い方によって変わるため、ガス会社の影響を受けません。

電気代や水道代のような公共料金の感覚で、ガス料金を見ていませんか?ところが、プロパンガスの料金は自由市場となっており、ガス会社が自分たちの好きなように料金を設定できるんです

「公共料金だからどこのガス会社と契約しても料金は一緒でしょ?」

そんな風に思い込んでいると、割高料金のガス会社を何年も使い続けてしまうことになりかねません。

従量料金の高いガス会社に注意!

「基本料金」と「従量料金」の部分をガス会社が自由に決めていると説明しました。

この内で基本料金の高さは平均的な相場に当てはまっていれば、さほど気にしなくても大丈夫です。問題となるのが従量料金です。従量料金の高いガス会社と契約してしまうと、毎月のガス代が高くなる危険が増します。

地域によって違いますが、プロパンガスの基本料金の相場は1500円~1900円くらいです。

ガス会社によって基本料金の差が200円~300円だとすれば、年間2400円~3600円程度の差額ですから、節約のために神経質になるほどの金額ではないでしょう。

一方で、従量料金が100円でも違ってくると大きな金額の差が生まれます。従量料金はガスの使用量に対する単価のようなものだからです。

従量料金×1カ月のガス使用量で計算しますから、1ヶ月にたくさんのガスを使う家庭ほど、負担が大きく膨らみます。

  • 従量料金450円×1カ月の使用量20m³=9000円
  • 従量料金550円×1カ月の使用量20m³=1万1000円
(基本料金と消費税を除いた例です)

たった100円の従量料金の違いで、1カ月の差額が2000円です。毎月20m³使い続けるなら、1年間で2万4000円もの差が発生します。2年ならその倍の4万8000円、5年ならなんと12万円もの差額です。

高い従量料金のガス会社と契約すれば、これだけ大きな支出を増やす・損をする結果となります。

ガス会社によってガスの質が違うのでは?

日本人なら料金が高いほど質が良いと思うものですよね。確かに他の商品なら当てはまる場合もあるでしょうが、ガスに限るとあまり違いは見られません。どこのガス会社でもプロパンガスの質はまったく同じです。

安いガス会社を探したい!

あなたの住まいに対応してくれる、ガス会社を探します。プロパンガスの場合はガス会社の作業員がガスボンベを各家庭に運びますので、必然的にエリア内で運搬が可能なガス会社から選ぶようになります。

自力で探すのは大変

ガス会社を探す方法として、電話帳やネットが使えるでしょう。しかし、自力で探すのはなかなか難しかったりします。

電話帳を開けば近くのガス会社をすぐに見つけられるでしょうが、書かれている内容は住所や電話番号くらいです。料金の安さまで紹介しているところはほとんど見つかりません。全てのガス会社に電話をかけて料金を教えてもらうとしても、気が遠くなる作業です。

ネットはどうでしょうか?地域名やガス会社などの文字で検索すると見つかります。ただ、地方のガス会社で公式サイトを公開しており、料金を細かく紹介しているところは少なめです。電話帳と同じく、住所と電話番号しか調べられないガス会社がわりと目立つのがネットの現状です。

もっと簡単に探す方法は?

一括見積もりサイトの利用がおすすめです。複数のガス会社を紹介してくれるサービスです。素早く安いガス会社を探せるだけでなく、トラブル回避にも役立つので積極的に活用しましょう。

無料で複数のガス会社に見積もり依頼ができる

プロパンガス会社の一括見積もりサイトとして、全国対応の「エネピ(enepi)」が有名です。


一括見積もりサイトには複数のガス会社が登録しています。サイトから簡単な申し込み手続きをするだけで、登録している複数のガス会社に対して一斉に見積もり依頼ができます。

わざわざ1社ずつ問い合わせの電話をかけたり、資料請求の手続きをしたりする必要がありません。サイトの申し込み画面で必要事項を入力すれば、メールなどで見積もり結果を教えてくれます。

見積もり結果を見て、ここはと思ったガス会社から詳しい説明を聞いて内容を気に入れば契約を結び、新しいガス会社への乗り換えを完了させる流れです。

ここまで便利なのに、一括見積もりサイトの利用は無料です。気に入ったガス会社がなければ無理に契約する必要もなく、気軽に利用できるのが嬉しいですね。

悪徳業者に引っかかりにくい

「安いといっていたのに最初と話が違う」「契約内容がいきなり変わった」といった悪徳業者の存在は、ガスの業界でも警戒しなければなりません。特に多いのが訪問販売や電話営業の会社です。相手はプロですし口が上手いので、怪しい会社だとわかっていても騙されてしまうのが怖いところです。

一括見積もりサイトならばガス会社を審査して実態を調べてから登録を許しますので、悪徳業者を紹介されてしまうリスクが減ります。

それでも審査の網をかいくぐって登録する悪い業者はいるでしょうが、利用者から苦情が相次げば、一括見積もりサイトを運営する会社が評判の悪い業者の登録を解除するといった対応をしてくれます。結果的に信頼できるガス会社だけが残るようになる仕組みが、利用者とって大きなメリットにつながっています。

エネピは料金設定や保安体制などの厳しい審査を経て、ガス会社の登録を行っています。契約後のトラブルに関する相談にものってくれる、利用者目線のサービスを提供しているのが特徴です。ただ便利なだけではない安心が得られる一括見積もりサイトだといえるでしょう。

ガス会社の解約金

プロパンガス会社の場合、最初の設置工事の費用を月々のガス代に組み込んでいる例があります。特に戸建住宅に入居して間もない家庭は気をつけたいポイントです。契約から短期間で解約すると、設置工事の残り費用を解約金として請求される恐れがあるからです。

これに関しては新しく契約するガス会社が代わりに負担してくれることが結構あります。一括見積もりサイトの利用でガス会社の話を聞くときにでも尋ねてみるとよいでしょう。

エネピなら利用者に代わって古いガス会社を解約する手続きを行ってくれます。今までお世話になったガス会社に対して解約を言いづらい人でも安心です。

大掛かりな工事がなく簡単に乗り換えられる

プロパンガスの会社を変更するといっても、プロパンガスとガスメーターを取り替えるくらいです。都市ガスのように給湯器やガスコンロの部品交換・改造工事がいりません。30分~1時間前後で終わるほど簡単な作業です。

プロパンガスの会社を乗り換えられることを知らない家庭は、かなり多く存在します。ガス会社を変えるだけで月々のガス代を安く抑える事実を知ったなら、後は行動に移すだけですね。ガス代が高すぎてお金が貯まらない・残らなくてツラいと嘆くなら、ガス会社の見直しを積極的に検討してみましょう。