ガスよりもオール電化のほうがお得?節約するならどっち

以前ならガスと電気を併用する使い方が常識でしたが、オール電化の家庭がずいぶんと増えましたね。

理由として、「今流行っているからオール電化にした」なんて人はあまりいないでしょう。

光熱費が安くなりそうだから

これが一番の理由ですよね。

ガスは料金が高い。電気のほうが安いからオール電化にしてみたという家庭ばかりのはず。

まだオール電化にしていない家庭の場合、ガス代の高さに不満があるし貯金や節約のためにオール電化にすべきなのか、すごく悩むところでしょう。

結局、オール電化はお得なの?と聞かれたら、「安くなることもあるし、安くならないこともある」というのが今の状況だと思います。

オール電化のメリットは格安料金でお湯を作れること

そもそもオール電化って何だろう?

分かりやすくいえば、今までガスが行ってきた仕事を電気がこなしてくれるというものです。

  1. お風呂のお湯を沸かす。
  2. シャワーや蛇口からお湯を出す。
  3. コンロの熱で料理を作る。

床暖房や浴室乾燥機もガスで出来ますが、一般的な家庭の多くが上の3つでガスを使っているでしょう。

深夜の安い電気料金でお湯を沸かせる

オール電化が安いといわれているのは、夜間電力の格安プランでお湯を作るからです。ほとんどの人が活動しない深夜の時間帯を狙って、昼間よりも安い電気料金でタンクの中にお湯をためます。

この仕組みがガスよりも安いといわれる理由ですね。ガスだと時間帯による割安料金のプランを一般向けに提供する会社はほとんど存在しません。いつお湯を使っても同じ料金です。

沸かしたお湯はお風呂に入るとき、キッチンや洗面台でお湯を出すときに利用できます。ガスと違ってすぐに温かいお湯が出ますので、水のムダな垂れ流しがないのもメリットだといえますね。

オール電化のデメリットとは?

お湯が足りなくなる場合がある

深夜の時間帯に必要な分のお湯を作ってタンクにためておけます。しかし、急に人が増えるなど生活スタイルが変化してお湯をたくさん使う日があったなら、タンクのお湯が足りなくなってしまうこともあるでしょう。

お湯が足りなくなっても追加でお湯を沸かせますから大丈夫です。しかし、足りなくなったタイミングが深夜の安い電気料金の時間帯でなければ、昼間の割高な料金でお湯を作ることになってしまいます。

とはいえ、タンクの容量さえ十分であれば、いつもの生活でお湯が足りない状況になるケースはそう多くはないと思います。

エコキュートが高い

オール電化では「エコキュート」という電気給湯器を使います。ガス給湯器との大きな違いは、お湯を貯蔵するタンクがあることですね。必ず設置する設備ですが、ガス給湯器に比べるとエコキュートは本体価格と工事費が高くなります

  • ガス給湯器の相場:20万円~40万円
  • エコキュートの相場:40万円~80万円

工事費込みで見た場合です。一般的な家庭の相場ですので、これよりも安い・高い場合もあります。ガス給湯器の相場は効率良くお湯を沸かせる「エコジョーズ」を例にしました。従来のガス給湯器なら15万円前後で設置できることもあります。

40万円未満で設置できるエコキュートもありますが、追い焚き機能が無い・タンクが小さめなどの必要最低限の機器に限られます。

こう見ると、ガス給湯器に比べてエコキュートは倍以上の費用が発生するのがわかります。どちらも電化製品ですので、10年~15年程度の平均寿命だと考えてください。

オール電化にしたなら本体価格と工事費が高い分だけ、ガスよりも安い光熱費で元を取らなければお得になりません。

エコキュートに替えるべきなのか

都市ガスが使える家庭の場合

エコキュートは確かにガスに比べて年間の光熱費を安く抑えられますが、エコキュートの費用がかなり高いのがネックです。ガスは高いものの、都市ガスを使える家庭ならかなり安価なガス代に抑えられますし、熱効率の良い給湯器「エコジョーズ」との組み合わせで節約効果が得られます。

古い給湯器をエコジョーズに交換してガス代のムダをなくそう

都市ガス導入は初期費用がかかるものの、ガスの本管が自宅の前まで通っていればオール電化の初期費用よりも安く終わるケースが大半です。一度ガス管の工事をすれば後は給湯器の交換くらいなので、無理にオール電化にする必要性は感じないでしょう。

MEMO
都市ガスは土中の古いガス管のメンテナンス工事が必要な場合があるものの、昭和50年代までよく使われていた亜鉛メッキ鋼管(白ガス管)の耐久性は約20年です。今のガス管はもっと耐久性が高まっています。

プロパンガスから変更するならメリットあり?

都市ガスよりもガス代が高いと有名なのが、プロパンガスです。家庭で使っているのがプロパンガスならオール電化に替えるメリットはあるかと思います。ただ、エコジョーズとエコキュートの費用の差と電気代とガス代の差を考えるなら、そこまで大きな節約効果を得られるのか…といえば、はっきりとした答えが出ません。

プロパンガスが高い原因は単価ですので、給湯器をたくさん使う家庭であればオール電化にすると節約効果を望めるでしょう。ですが、お湯をたくさん使う家庭はタンク容量の大きなエコキュートを選ばざるを得ませんので、本体価格がぐっと高くなります。

現状維持で安くする方法を考えてみる

都市ガスを使えるなら、無理にオール電化へ替える必要はありません。そこまで大きな節約効果は望めないでしょうし、かえってオール電化にすると割高になる危険をはらんでいるからです。

プロパンガスは判断が別れるところでしょうか。

今ガスを使っていてオール電化に替える判断が難しいと感じるなら、ガス会社の乗り換えを考えてみましょう。莫大な費用がかかるオール電化に変更するというギャンブルよりも、現状維持で今よりガス代が安くなる節約方法を選ぶほうがリスクは低く、安心できます。

知らないのは損!プロパンガス会社の乗り換えでガス代が安くなる 都市ガス自由化でお得で便利に?戸建ても賃貸もガス会社を変えられる

電力会社に関しても同様です。

電気代を今より安くしたいなら電力会社を乗り換えてみては?

オール電化の家庭は?

ガスからオール電化に変更した、マイホームを建てるついでにオール電化にしたという家庭でいつも電気代が高いと感じるなら、生活の中でできる節約方法を実践するのが現実的です。

節約の妨げになる電気の使いすぎとムダをなくす方法

電力自由化を利用して、他のお得な電力会社に乗り換える方法もあります。ところが現時点の状況を見るとオール電化の家庭に限った場合、他社に乗り換えてもお得にならないケースが多いような気がします。今後に期待したいところですね。

簡単な方法で光熱費を節約するのが無難

ガスからオール電化にする、もしくはその逆パターンであっても設備・工事の費用が多く発生します。本当に安くなるのか不安が大きいのであれば、今の状態のまま安くする手段に頼るのが無難です。

ありがたいことに、今はガスも電気も、利用者が自由に契約会社を選べる時代です。あなたの家庭にマッチするお得な会社を探す方法を考えたほうが、低リスクで簡単にお金の節約ができるでしょう。

更に生活の中でできる定番の節約方法を駆使して、光熱費の無駄遣いを防いでみてください。