お金を大きく増やしたいなら貯金と節約だけでは難しい

札束を持つ人

物にしても、サービスにしても、手に入れたり利用したりするにはお金が必要。「欲しいものがある」「将来が不安」など、理由は違っても少しでも多くのお金を求めようとする人は大勢います。誰もが抱く、ごく自然な願望でしょう。

自分にできそうなお金を増やす方法を考えた場合、貯金と節約をイメージすると思います。日頃の生活の支出を抑えるだけなので、今すぐにでも実践できるのが嬉しいですね。

コツコツと少しずつお金を増やすのなら貯金と節約はやりやすく、おすすめします。でも、お金を大きく増やしたいと考えている人だと、貯金と節約だけでは厳しいかもしれません。

稼ぐ方法に比べ、その効果は弱いと言わざるを得ません。

貯金と節約で本当にお金が増える?

主婦やサラリーマンなどがよく行うお金を増やす方法が、冒頭で紹介した貯金と節約です。子供にだってできる、あまりにも有名なお金の増やしかたですよね。

確かに実践してみると、お金が増えている気がしてきます。でも、頑張ってやっているわりには増える金額なんてほんの少しだと不満に感じてくるかもしれません。

増える金額が少なく感じるのは、最初に入ってくるお金がほぼ固定されているのが大きな原因です。

貯金や節約というのは「お金を増やす」というよりも、「お金を残す」「お金を余らせる」の言葉のほうが合っています。入ってくるお金を増やす方法ではありません。

貯金でお金を増やす方法は時間がかかる

まずは貯金について考えてみましょう。

あなたのお給料、もしくはご主人や奥さんのお給料から少しずつ貯めるのが一般的だと思います。

貯金箱に入れたり、積立定期預金を利用したり、なんてやり方があります。

毎週500円とか、毎月1万円ずつとか、続ければ続けるほど貯金が増えてくれるのは本当に嬉しいものです。

ですが、ここで考えてみましょう。お給料って貯金だけに使うものでしょうか?

大半の人にとって、お給料の最優先の使いみちは生活費です。

毎月1回お給料を受け取った後、1カ月分の

家賃・住宅ローン・食費・日用品・インターネット・携帯電話・電気ガス水道・ガソリン代・娯楽費・保険料

などの生活費に支出します。こう見るとかなりの量のお金を生活に使っているのがわかり、うんざりしてくるかもしれません。

とはいえ生活できない状態になったら大変です。真っ先にお給料から生活費分を引きます。その後で生活費に使わなかった、余ったお金を貯金に回します。

最終的に、貯金に回せるお金がどのくらい残るでしょうか?

毎月のお給料を生活費に使ってもたくさんお金が余る人なら、たっぷり貯金できます。これなら問題ありません。

でも、長らく不景気のあおりを受け続けてきた今の日本を見渡すと、生活費の支出で給料の大半を使い果たしてしまう家庭ばかりのような気がします。

生活費ぎりぎりの少ないお給料では微々たる量の貯金しかできず、お金が増えてくれません。

受け取るお給料が少ないと、貯金でお金を大きく増やすには相当な時間が必要になるでしょう。

節約でお金を増やす方法は精神的にキツイ

もう一つの節約についてです。

生活にかかる支出を少なくする方法ですが、家庭でできる始めやすさがあるため、貯金と同じくお金を増やす方法として人気があります。

節約自体は素晴らしい方法です。ところが、わりとすぐに限界が見えてしまうというデメリットを抱えているのが問題かもしれません。

ムダな支出を削れば節約できて、その分だけお金が残ります。でも、生活の中のムダな部分って、一体いくつ隠されているのでしょうか?

完全にムダなものが存在するならまだしも、そこそこ生活に必要な支出がたくさんあるはずです。完璧に節約するなんて無理だとすぐに気づくでしょう。

節約のために、

  • 外食を控える。
  • できるだけ冷暖房器具を使わない。
  • 旅行やドライブをしない。
  • お酒を飲まない。お菓子を食べない。
  • ゲームを買わない。娯楽施設に行かない。洋服を買わない。

などの支出を、あなたはすべて削れますか?

  • 電気ガス水道、携帯電話料金を抑える。
  • 食費や生活用品のムダを限りなく削る。

といった節約方法も定番ですが、水道光熱費や食費などはまともな生活を送るために絶対必要な支出です。

ムダを削るにしても、まずゼロにはできません。ゼロでなくてもギリギリのラインまで支出を減らすにはかなりの我慢を強いられます。質素な生活を送ることになるでしょう。

日常的にムダな支出が多すぎる人ならまだしも、そこまでムダの多い生活をしていない人にとって何がなんでも節約に徹する方法は精神的に苦痛で大きなストレスになります。健康的な生活ができるとは思えません。

このような性質を持っているため、節約で多くのお金を増やすのは無理があります。

入ってくるお金を増やすという考え方

お金を稼ぐ方法なら、入ってくるお金自体を増やせるメリットがあります。

貯金や節約を使った方法だと、収入が決まっている状態からスタートします。工夫によって残せるお金が増えたとしても、元々の収入が固定ですから増やす量に限界が見えてしまうのがオチです。

それなら自分が受け取るお金を増やすほうのが簡単です。収入が増えれば生活費に使っても余裕が生まれやすく、貯金に回せるお金が増えるでしょう。

また、生活費に多少お金を使ったとしても貯金できる安心感から、精神的なゆとりが生まれます。

収入が増えて、生活費を無理やり節約せずに済み、貯金まで増える。理想的なお金の増やしかたですよね。

自動的にお給料が増えてくれるなら良いものの、それを期待できないなんて人が多いはず。ならば自らお金を稼ぐ方法を実践する勇気が必要になってくるでしょう。無理のない範囲で始めるのが良いと思います。うまく収入アップに繋げてみてください。

スタッフ貯金や節約よりもお金を増やす「稼ぐ」という道