【格安スマホで毎月節約】目的に合うおすすめ業者を比較

月々の生活を節約する手段として優秀なのが、格安スマホです。

あなたの利用状況によっては大手スマホから格安スマホに乗り換えることで、月々の支出を1000円以上・3000円以上カットできる場合があるくらいです。

数百円の地道なチリツモ貯金だけでは全然お金が足りない。それならぜひ格安スマホで貯金を増やしてみましょう。

どれだけ安い?大手スマホと格安スマホの料金を使い方で比較

今回はおすすめの格安スマホ業者を見比べてみます。

格安スマホの業者を「MVNO」といいます。MVNOが提供する格安スマホサービスはどこも似たような感じですが、よく比較すると微妙に違う部分が見つかります。今回の記事を参考に、快適に使えて節約できそうな格安スマホを選んでみてください。

知っておきたい格安スマホの基本

以下の記事と合わせて読んでみてください。軽く知識を身につけておくとMVNOを比較しやすくなります。

大手スマホを格安スマホにする節約がおすすめの人・すすめない人

利用できるサービスは3種類

  1. ネットだけ:データSIM
  2. 電話番号でメッセージ送受信:SMS付きデータSIM
  3. 電話回線を利用して通話ができる:音声通話SIM

MVNOによって呼び方が若干違いますが、以上の3つを用意している格安スマホが多いですね。データSIMと音声通話SIMの2種類だけ取り扱うMVNOも存在します。音声通話SIMは通話・SMS・ネットの3種類、全ての機能を持っています。

端末セットがある

基本的に格安スマホでは本体を強制的に買わされることがありません。今まで使っていたスマホ、自分で購入したスマホにMVNOから送られてきたSIMカードを差し込んで使うだけです。

一方で、スマホを持っていない人・新しいスマホに買い替えたい人のために、申し込みと同時にスマホ本体を購入できる端末セットも提供しています。端末セットのスマホなら確実に使えるため、持っているスマホを利用できるのかどうかを調べる必要がありません。

とても安い端末から高スペックなものまで、いろいろ選べます。その点はメリットですが、MVNOによって取り扱う端末が違いますので注意してください。

オプションサービス

  • 有害サイトやアプリをブロック
  • スマホからパソコンまで、設定をサポート
  • 端末が壊れたときに交換・修理のサポートがつく端末補償

などのオプションを、多くのMVNOが取り扱っています。必要に応じて追加・解約をしてみましょう。

MVNOのおすすめ4社を比較

今回ご紹介するのは以下の4社です。先に各MVNOの主な特徴を順番に紹介し、記事の最後でタイプ別のおすすめMVNOをまとめてみます。

MEMO
比較する料金は全て税抜きです。記事内容が古くなっている・間違っている場合もありますので、必ず各サービスの公式サイトで最新の情報を確認しましょう。

「mineo」

料金プラン

データSIM
(Dプラン)
500MB~30GB:月額700円から
(※Sプランならプラス90円)
音声通話SIM
(Dプラン)
500MB~30GB:月額1400円から
(※Aプランならマイナス90円、Sプランならプラス350円)

音声通話について

  • 通常:30秒20円
  • mineoでんわ:30秒10円
  • 10分以内かけ放題
  • 1カ月30分・60分定額
  • LaLa Call(IP電話)

ポイント

  • データ容量が最小で500MB。
  • 10分以内かけ放題でそこそこ通話をする人でも安心。
  • 「ドコモ回線のDプラン」「au回線のAプラン」「ソフトバンク回線のSプラン」から選べる。
  • 家族割引・複数回線割引がある。
  • 会員になればデータ量を誰とでも譲ったりもらったりできる。
  • 標準でmineo独自のキャリアメールを1つもらえる。

mineoの評価

安さのわりにサービス内容の質が良いと評価の高いMVNOです。今現在、私もmineoを使っていますが、必要十分で特に不満を感じません。正午など混雑する時間帯にネット接続がしづらくなるのは確かなものの、これは他の格安スマホも同じです。混雑する時間帯をできるだけ避けて利用すれば解決します。

サービス内容がシンプルで理解しやすい料金体系なのが嬉しいですね。外出先でネットをほとんどやらない人にとって、格安な500GBのデータ容量を選べるのがメリットです。

データ通信も電話回線も、ドコモ・au・ソフトバンクの3大携帯キャリアを選べるMVNOは少なめです。大手キャリアでスマホを買った人でも乗り換えやすいでしょう。

10分以内かけ放題のおかげで、そこそこ通話時間が長くなっても料金が跳ね上がる心配はありません。かけ放題はオプションサービスなので、月ごとに追加・解約が可能です。

料金が安いのは良くても契約するデータ容量が少ない場合、月の途中で足りなくなるのが心配かもしれません。そんなときにはmineoの「マイネ王」という会員サービスに登録してみましょう。会員同士でデータ容量を譲ったり貰ったりできる仕組みが用意されています。

  • 公式サイトはこちら「mineo

「UQ mobile」

料金プラン

データSIM
  • 3GB:月額980円
  • 無制限:月額1980円
音声通話SIM
  • 3GB:月額1680円
  • 無制限:月額2680円
ネット+無料通話プラン 2GB~14GB(増量オプション適用の場合):
月額1980円から。家族割適用時は1480円から
(14カ月目以降は2980円から)

音声通話について

  • 通常:30秒20円
  • 5分以内かけ放題
  • 1カ月60分・120分・180分定額(増量オプション適用の場合)

ポイント

  • ネット+無料通話プラン(2年契約)がある。
  • 無料通話はネット+無料通話プランだけ。5分以内・時間定額のいずれかを選択。
  • au回線のみ。
  • 他社に比べて混雑時の通信速度が比較的安定している。
  • 家族割引がある。
  • UQ mobile独自のキャリアメールは有料オプション。

UQ mobileの評価

テレビCMで露出度の高いMVNOです。混雑する時間帯でもネットにそこそこつながりやすいのが、UQ mobileが他社よりも優れているポイントです。

現状を見るとデータ容量を細かく選ぶ方法よりも、ネット+無料通話の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」に力を入れている感じがしますね。

自由度はそこまで高くありません。格安料金になるよう自分で細かく契約内容の組み合わせを考えるのが嫌いで、大手スマホの料金を手っ取り早く節約したい人によいかもしれません。

しかし、プランに含まれている無料通話時間を超過するとその時点から30秒20円の従量課金になりますので、電話のかけすぎに気をつけましょう。

もしも無料通話時間を使い切ってしまった場合、スマホアプリの楽天でんわで電話料金を節約する方法があります。このアプリを使えば30秒10円で通話が可能です(楽天会員でなくても利用可能)。対策として覚えておきましょう。

「楽天モバイル」

料金プラン

データSIM ベーシック(低速無制限):月額525円
3.1GB~30GB:月額900円から
SMS付きデータ050SIM
(050IP電話)
ベーシック(低速無制限):月額645円
3.1GB~30GB:月額1020円から
音声通話SIM ベーシック(低速無制限):月額1250円
3.1GB~30GB:月額1600円から
ネット+無料通話プラン 2GB~14GB:
楽天会員で3年契約→月額1480円から
(※ダイヤモンド会員用割引あり)
(※非会員や3年目以降は2980円から)

音声通話について

  • 通常:30秒20円
  • 楽天でんわ:30秒10円
  • 10分以内かけ放題
  • 050IP電話(050データSIMで利用可能)

ポイント

  • ネット+無料通話プランは1年契約の他、2年もしくは3年の長期契約を選べる。
  • ネット+無料通話プランならデータ容量を使い切っても、1Mbpsの比較的高速な通信が可能。
  • 「楽天でんわ」と「10分以内かけ放題」は音声通話SIMでも使える。
  • データ通信や音声通話を自由に組み合わせできるプランなら、ドコモ回線・au回線から選べる。ネット+無料通話プランはドコモ回線のみ。
  • 希望すれば楽天モバイル独自のキャリアメールを1つもらえる。

楽天モバイルの評価

UQ mobileと同じく、ネット+無料通話プランの「スーパーホーダイ」があります。ただ、楽天モバイルなら縛りが1年間から選べる気軽さを持っています。速度制限の状態になっても1Mbpsの速度が出ますから、普通に使う分には低速過ぎて使いにくいと感じないのが優れたポイントです。

楽天会員になっていれば一定期間、会員専用の割引料金で利用できます。ちなみに楽天モバイルの利用料金は楽天ポイント付与の対象なので、毎月自動的にお得なポイントを貯められる魅力があります。

貯めたポイントで利用料金の支払いが可能です。また、MVNOでは珍しく、口座振替を使った支払いにも対応してくれます。

無料通話サービスについては以前まで提供していた5分以内からグレードアップし、10分以内かけ放題が登場。無料通話時間が延びたおかげで、料金を気にしながら通話する心配が減りました。

2018年10月1日から自由にデータや音声通話を選べる組み合わせプランに限り、従来のドコモ回線に加えてau回線が選べるようになりました。スーパーホーダイはドコモ回線のみで変わりません。

「LINEモバイル」

料金プラン

LINEフリープラン
(1GB)
データSIM 月額500円
SMS付きデータSIM 月額620円
音声通話SIM 月額1200円
コミュニケーションフリープラン
(3GB~10GB)
SMS付きデータSIM 月額1110円から
音声通話SIM 月額1690円から

音声通話について

  • 通常:30秒20円
  • いつでも電話:30秒10円
  • 10分以内かけ放題
  • LINE標準の音声通話

ポイント

  • LINEフリープランはLINEアプリの基本的なサービスを使ってもデータ量が減らない。
  • コミュニケーションフリープランはLINEを含む、対応する他社SNSの利用時にデータ量が減らない。
  • LINE MUSICのデータ量が減らない「MUSIC+プラン」もあり。
  • 10分以内かけ放題で少し長めの通話がしたい人でも安心。
  • ドコモ回線とソフトバンク回線が選べる。
  • 利用開始月の月末まで基本料金無料

LINEモバイルの評価

人気コミュニケーションアプリ「LINE」の格安スマホです。LINEユーザーに多くのメリットがあります。いずれのプランを選んでも、LINEの基本サービスのデータ量を消費しません。データの上限値を気にせずたっぷりとトークや通話を楽しめます。

基本利用料に対して1%のLINEポイントが貯まるのも、LINEユーザーにとって利用価値の高いMVNOだと思います。

LINEだけに特化したフリープランの他、Twitter・Facebook・インスタグラムのデータ量を消費しないプランが存在します。SNSが大好きな人に向いているでしょう。

LINEフリープランはデータ容量が1GBのみで選択の自由度は低いですが、音声通話SIMの料金が他社に比べてリーズナブルです。

目的別に考えるおすすめのMVNO

自由に組み合わせて安い料金に抑えたい!

「mineo」が最も使いやすいかと思います。複雑な内容のセットプランが存在せず、普段の使い方に合わせて容量の変更、通話オプションの追加・解約が簡単にできます。

外出先でネットをほとんど利用しないなら、500MBのデータ容量で十分でしょう。無駄を削ぎ落として節約しやすい、おすすめな格安スマホですね。

細かくデータ容量を選べる「組み合わせプラン」と、ネット+無料通話の「スーパーホーダイ」の切り替えができる「楽天モバイル」でもよいでしょう。

iPhoneを購入したい!

今回ご紹介の4つのMVNO、全てで取り扱っています。ただ、MVNOによって取り扱っているiPhoneの種類が違うため、注意してください。

MVNO全般に言えることですが、iPhoneの公式ストアや大手キャリアとは違い、最新機種ではなく少し古い機種の販売にとどまるのが現状です。

とはいえ、iPhoneは元々高性能なので2~3年前の機種であれば、今でも十分に使えるでしょう。最新機種より安く購入できるのも魅力です。

格安にデータ量を気にせずSNSを楽しみたい!

LINEモバイル」がおすすめです。

SNSユーザーにやさしい格安スマホです。LINE・Twitter・Facebook・インスタグラムといった超人気SNSの利用に対して、データ量の消費を気にせずに済むのがメリットです。SNSのためだけにわざわざデータ容量が多めのプランを契約する必要がなく、上手に節約できます。

LINEフリープランの音声通話SIMなら、月額1200円という格安の料金でネットも通話も利用できるのは大きいですね。

いつでもスムーズにネットを利用したい!

「UQ mobile」がおすすめです

格安スマホは安い一方で、正午や夕方など多くの人がネットに接続する時間帯に通信速度が低下する現象が起こります。しかしUQ mobileの回線は質がよく、他社の格安スマホに比べると混雑時でも安定した速度が維持されやすい特徴を持ちます。

他社に比べて「データ容量のラインナップが少ない」「安い料金に抑える条件(家族割加入など)が難しい」などのデメリットを持っているのは事実です。

しかし、格安スマホの不満点としてよく指摘される、混雑時の繋がりにくさをそこそこ回避できるのがUQ mobileの大きな強みでしょう。

大手キャリアよりも安く、それでいてそこそこ安定したネット環境を得られると考えるなら悪くないMVNOだと思います。

楽天モバイルもおすすめです。スーパーホーダイなら速度制限が発生しても1Mbpsの速度が保たれます。他社の速度制限に比べて遥かに速度が出るため、1ヶ月分のデータ容量を超えるのが不安な人に最適です。

通話料金が心配なんだけど

かけ放題なら「mineo」「LINEモバイル」「楽天モバイル」がおすすめです。10分以内かけ放題が用意されています。

(2018年7月1日から、楽天モバイルでも10分かけ放題を利用できるようになりました)

オプション感覚で加入できるサービスなので、かけ放題を利用するために無理してセットプランを選ばなくてもよい安心感があります。

1カ月間で30分・60分といった定額制の通話料金を選びたいなら、「mineo」「UQ mobile」で利用できます。

オプションを追加する数に注意すること

格安スマホは大手スマホに比べて月々の料金が安めです。とはいえ、安いからといって便利なオプションサービスをたくさん追加すれば、節約効果が下がってしまいます。本当に必要なオプションだけを選んで、余計な支出を抑えるようにしましょう。