中古品を売る場所として人気のメルカリ。フリマアプリは儲かる?

フリーマーケット 出品

自宅にいらないものがあるなら、捨てるより売ってしまいましょう。賢くお金を貯める・増やす方法として活用できます。

「どこで売ればいいのか?」についてですが、中古買取とオークションを利用するのが簡単です。

そしてもう一つ、「メルカリ」で売る方法が用意されています。

メルカリは今とても注目度の高いサービスです。中古品を売る人・買う人がたくさん集まり、毎日盛んに取引が行われています。

とはいえ、

「メルカリに不用品を出品して本当に売れるのか?」

「中古買取やオークションよりもお金を稼ぎやすいのか?」

そこが気になるところですよね。

スマホで取引できるメルカリ

メルカリのサービス内容を簡単に説明すると、スマホアプリで参加できるフリーマーケットです。フリマアプリの呼び方が一般的でしょうか。

「家にある不要なものを商品として販売できる」「中古品を購入できる」自由な場所を提供しており、業者ではないごく一般の人でも取引できます。

ちなみに中古だけでなく、新品の売買も許されています。

初期のメルカリはスマホアプリでしか利用できませんでしたが、現在ならパソコンからの利用も可能です。

出品する際に特別な資格などはいりません。

但し、出品したものが売れた場合、手数料をメルカリに支払う必要が出てきます。この手数料でメルカリの運営が成り立っているわけです。

昔のフリーマーケットと言えば、各地域にある会場まで足を運んで参加するのが普通でした。

その点、メルカリはオンライン上のフリーマーケットです。

ネットを使えるスマホやタブレット、パソコンがあれば遠い地域に住んでいながらでも参加できる魅力を持っています。

フリマアプリの中では国内最大級のサービスとして知られており、圧倒的なシェアを誇ります。

そのため利用者の数がとても多く、「売りやすくて買いやすい」場所であるのが、メルカリの大きなポイントでしょう。

メルカリの比較対象はネットオークション「ヤフオク」

メルカリは本当に不用品を売る場所としてふさわしいのか?

それを判断するなら、他の似たようなサービスと比較するのが簡単です。

「中古買取」と「ネットオークション」がメルカリの比較対象になります。ただ、中古買取の場合は取引相手が業者に限定され、一般の人相手に売れません。

一般の人を相手に売買するという特徴を考えると、フリマアプリはネットオークションにとてもよく似ています。

ネットオークションの最大手といえば「ヤフオク」です。

メルカリの比較対象としてヤフオクを選ぶのがよさそうですね。

ちなみに中古買取とネットオークションの違いについては以下の記事が参考になります。ネットオークションの部分をフリマアプリに置き換えて読んでみると、理解が深まるかもしれません。

オークション不用品が高く売れるかも?オークションで手早くお金を稼ぐ

商品価格の定額タイプと入札タイプの違い

メルカリもヤフオクも国内に大勢の利用者がいます。歴史的に見ればヤフオクのほうが圧倒的に古く、実績は豊富です。

両者の大きな違いの一つとして、出品する商品価格の設定方法があげられます。

「定額」と「入札」という、2つの価格設定が存在します。

  • 「定額」タイプ:メルカリ
  • 「入札」タイプ:ヤフオク

ヤフオクにも定額で出品できる設定が用意されているものの、入札を利用するのが一般的です。

「定額」は出品者が価格を決める

一般的なお店やネットショップと同じ販売方法です。商品を売る側が価格を設定して、その価格に納得した人が購入します。

メルカリの出品方法はこれが基本です。1000円で出品して注文を受けたなら、購入者から1000円を受け取ります。

わかりやすい仕組みですね。

「入札」は購入者が価格を決める

ヤフオクが採用するのは入札タイプです。購入者は落札者ともいわれます。

最初の商品価格は出品者自身で決めます。ただ、ここで終わらないのが入札タイプの面白いところです。

出品されている商品を欲しいと思った人が、「自分ならこの価格で買います」と具体的な金額(入札額)を公開して出品者や周囲に知らせます。

入札額を知らせただけだと、まだ購入は確定しません。別の人がもっと高い入札額を知らせてきた場合、後の金額の高い入札者が有利になります。

入札の締切時点で最も高い入札額を知らせた人が落札者に決まり、商品を購入できます。

定額とは違って、出品者が想像したよりも高く商品が売れる可能性を秘めているのが入札タイプのメリットです。

メルカリとヤフオクどっちが高く売れる?

基本的に高く売れやすいとされるのはネットオークションの「ヤフオク」です

但し、絶対的な法則ではないので鵜呑みにするのは危険です。

メルカリのほうが高く売れることだってあるでしょう。

しかし、今の状況だと売る立場から見ればヤフオクが有利と見てよいかと思います。

手軽に売れやすいのはメルカリです。ヤフオクよりも出品の手間が少ない、簡単操作で購入できるフリマアプリの良さを生かした、スピーディーな取引ができます。

儲けが少なくても「すぐお金に換えたい」「たくさん売りさばいてお金を集めたい」なら、メルカリを利用するメリットはあるでしょう。

スマホでショッピング無料会員でヤフオクのオークションに不用品を出品すれば本当にお得?

なぜメルカリで売ると安くなるのか?

定額」「送料」「利用者層」の影響が大きいのかもしれません。

定額を超える価格では売れない

メルカリの場合、定額の出品が基本です。

誰かにとってもっと高い価値のある商品だとしても、出品者の設定一つで定額より高く売れるチャンスが失われます

一方、入札の仕組みを利用できるヤフオクの場合、商品の価格を決めるのは購入する人です。

商品の価値を高く評価する人が入札してくれたなら、思った以上に商品が高く売れます。

割高な印象が強い送料設定の難しさ

メルカリに出品する際に、商品価格を

  1. 送料別
  2. 送料込み

のどちらかに決めなくてはなりません。

送料別だと商品代金とはまた別にお金が発生するので、割高な印象が強まって売れにくい雰囲気を作ってしまいます。

メルカリで売れやすいのは「送料込み」です。

別途送料を請求されず、お得感が強まるためです。

とはいえ、送料のコストを価格に含みますから、売れやすくするために商品価格を安くしすぎれば儲けが極端に減ってしまうでしょう。

ヤフオクでも似たような問題に悩まされるものの、入札方式なら購入者が価格を決めてくれます。定額のメルカリに比べると多少価格が高くても本人が納得して購入する例が多い印象です。

若い女性の利用者が大半

フリマアプリの利用者層の殆どが若い女性です。主婦層も多いとされます。

参考 最も利用されているフリマアプリは? 「メルカリ」が利用率94%で他を圧倒ネットショップ担当者フォーラム|インプレス

上の参考サイトで紹介されているアンケート結果を見ると、10代~30代の女性にフリマアプリ利用経験者の多いことがわかります。

この層は高い商品より、安くてお得な商品を買い求める傾向が強めです。

中古品を高く売って儲けるには大変かもしれませんね。

女性の好きなブランド品なら高く売れる可能性があるものの、その他マニアックな商品では少々厳しいでしょうか?

一方のヤフオクは歴史が古いこともあり、利用者の年齢層がメルカリよりも高めで男性の利用者もたくさんいます。

入札に慣れていて、やや価格が高くても価値のあるものなら買ってもらえる可能性を秘めています。

また、メルカリは若い層が多いためか、一部ではあるもののモラルが低い・マナーの悪い利用者の存在がやや目立つ感じがします。

出品者のコストや利益を考えずに、大幅な値切り交渉を安易に持ちかけてくるなどの例が見かけられます。

このような問題の多さを少し気になる点として覚えておきたいですね。

メルカリをせどりの仕入れに生かす

低価格の売買になりやすいメルカリは出品者の立場だと儲けが少なく、やや魅力に欠けるかもしれません。

ただ、仕入れの立場なら考えが違ってきます

せどりとは商品を売って稼ぐ方法のことです。お店で仕入れた商品をアマゾンやヤフオク、フリマアプリなどを通じて他人へ売り、儲けます。

儲けるには仕入れのコストを抑えるのが絶対条件なので、低価格で中古品を購入できるメルカリの利用価値は高いでしょう。

メルカリとヤフオクを併用すれば、効率的に掘り出し物を見つけ出せそうですね。

まとめ

不用品を高く売りたい場合、メルカリの魅力はやや下がる印象です。ですが、安くてもいいからスマホの簡単操作で手間なく売りたいなら、メルカリの利用価値は一気に上がります。

希少価値のあるマニアックな商品を高く売りたいなら、入札制度のあるヤフオクの利用がおすすめです。出品にやや手間がかかるものの、比較的メルカリよりも高く売れやすいのが優れた点でしょう。