貯金した小銭をお札にするには?両替の方法

順調にお金を貯められていますか?

たとえ少しの貯金額でも、貯められるあなたはお金を増やせる立派な素質を持っています。これからもっと貯められるように、少しずつステップアップしましょう。

それはさておき、貯金箱に貯めた小銭の数々。そのままでは使いにくいですよね。自販機で飲み物や切符を買うくらいなら小銭でも不便しませんが、お財布に入れておきたい、まとまった現金を渡したい場面などでは、お札に換えると使い勝手が良くなります。

貯めた小銭をお札に換えるのは簡単です。お金の専門機関である身近な銀行に持っていけば、両替してくれるからです。

交換できる場所は窓口と両替機

銀行の営業時間内に窓口まで小銭を持っていけば、交換してもらえます。

また、銀行の店舗内に設置されているATMの近くでよく見かける、両替機でも行えます。

両替機だと、お札から小銭に両替するしかできないと思っていませんか?小銭からお札に交換する逆パターンにも対応している機械は多いので、利用してみましょう。

人任せがラクだと思うなら窓口で、対面の煩わしさが嫌なら両替機を使ってみてください。

両替の手数料に注意!

両替では基本的に手数料が発生します。両替枚数に応じて、数百円程度の手数料に設定している銀行が多い感じです。

せっかく貯金したのに、手数料の分だけ貯金額が目減りするのは嫌ですよね。無駄な支出を無くしたいところです。

窓口よりも、両替機の手数料を安めに設定している例が目立ちます。しかし、両替機を利用する場合、キャッシュカードや専用カードを差し込まないと使えない銀行が結構あります。

そのため、両替をするなら、あなたの預金口座がある銀行に頼るがおすすめです。両替手数料を抑えられる場合があるのもメリットです。

手数料を取られないようにするには?

キャッシュカードの提示で手数料無料

銀行によっては同行のキャッシュカードを提示すると、一定枚数まで手数料無料になる特典がついてきます。窓口と両替機の両方で対応する銀行、両替機のみで対応する銀行など様々です。

三井住友銀行の窓口だとキャッシュカードだけでなく、通帳の提示でも認めてくれますよ。

手数料無料のサービスは無制限ではなく、大抵1日1回の利用に限られています。普通の銀行だと50枚までの対応ばかりですが、大手の三井住友銀行の両替機なら1日1回に限り、500枚まで手数料無料です。

参考 円貨両替三井住友銀行

小銭を自分の預金口座に入金する

銀行に自分の預金口座を持っており、なおかつ窓口で手続きをする場合に使えるテクニックです。

貯金した小銭を窓口へ持っていき、自分の預金口座に入金するよう依頼しましょう。これならほとんどの銀行で手数料を取りません。

その後、お札としてお金を手に入れたい場合、自分の預金口座から引き出す手続きを済ませます。

今入金したばかりなのに窓口で引き出しの依頼をしにくいと感じるなら、ATMから引き出しましょう。対面とは違って銀行員に気を使う必要がなくなります。

MEMO
小銭入金に対応するATMを使った両替方法もあります。ですが、ATMだと小銭を数えるのに時間がかかったり、枚数の上限が少なかったりするため、急ぎなら入金だけでも窓口利用がおすすめです。

特定の金融機関を利用する

近くにJAバンクがあるならチャンスです。一定枚数までなら窓口で両替を依頼することにより、手数料無料で応じてくれる店舗がわりと見かけられます。

信用金庫にもJAバンクと同じように、無料で両替できる店舗があります。覚えておくと便利です。

参考 手数料一覧表JA横浜 参考 手数料一覧朝日信用金庫

JAバンクも信用金庫も銀行とほぼ同じような機関ですが、あまり馴染みがないから行きにくいと感じる人は多そうですね。

「銀行のほうが良いな」と思うなら、みずほ銀行を利用しましょう。みずほ銀行の窓口両替だと、50枚まで手数料無料です。

しかし、このテクニックを使えるのは2017年内までです。2018年1月4日以降は同行に預金口座がある人に限り、30枚まで無料に手数料が変更されます。

多くの銀行で両替の手数料無料が徐々に有料に変化していますから、JAバンクや信用金庫も今後無料ではなくなる可能性があります。

手数料改定で困らないようにするためにも、上の項目で紹介した両替手数料を無料にしてくれる銀行の条件を知っておいてください。

両替できる枚数は?

窓口なら、特に制限はありません。

両替機だと制限があります。1000枚や1600枚など、銀行の両替機によってまちまちです。

対応枚数だけでなく、多くなるほど手数料が高くなることにも気をつけてください。

貯金をするなら大量に貯め込むのではなく、まめに両替しましょう。貯め込んだ大量の小銭を片手に、ウキウキしながら銀行に持参すれば、両替手数料の出費で痛い目にあいます。

枚数についての考え方

手数料の設定には1~30枚以下で、1枚~100枚以下で、といったような段階的な決まりがあります。この枚数についてですが、

  • 持ち込んだ小銭の枚数
  • 両替後のお札の枚数

上のどちらが適用されるかは、銀行によって考え方が違います。

例として、三井住友銀行の両替機なら「両替後の枚数」、JA横浜なら「持ち込んだ枚数と両替後の枚数のいずれか多い方」といった感じです。

銀行ごとの違いを理解して持ち込むようにすると、予想外の手数料の発生を防げます。

両替機の営業時間に注意

ATMコーナーと同じ場所に設置されていることが多い両替機ですが、窓口の営業時間と同じく、平日の15時までという機械が多めです。ATMと同じ感覚で使おうとすると時間帯によっては利用できないため、気をつけてください。

(※一部、15時以降も利用できる両替機が存在します)

両替のコツとお得にするポイント

  • 自分の預金口座がある銀行で手続き
  • 小銭の枚数は少なめに
  • 預金口座に入金してからお札を引き出せば手数料無料
  • 手数料無料で両替できる条件の緩い金融機関がある
  • 利用は平日15時までが基本

以上のポイントを参考にして、お得に貯金した小銭を両替してください。

この記事で紹介したのはごく一般的なサービス内容で、銀行によって内容や条件が違ってきます。わからないことがあれば、利用予定の銀行で両替の方法を詳しく教えてもらいましょう。