格安スマホ業者選びは自分の直感を信じて好みで選べば大丈夫

私は、格安スマホ(格安SIM)を使っています。

大手キャリアと違って、無駄にサービスがてんこ盛りじゃない。おかげで料金が安め。強引にくっつけたような、複雑な割引の仕組みがほぼ無し。

だから、わかりやすくて利用しやすい。そんなところが気に入っています。

さて、この格安スマホ。利用するなら格安スマホ業者と契約するだけですが、たくさんの業者があってどこを選んだら良いのかわからず、頭が混乱している人も少なくないと思います。

ただ、これについては、そこまで深刻に考えなくても良いんじゃないかな?というイメージです。

格安スマホ業者は、単純に自分の好みで判断すればそれで大丈夫です

格安スマホ業者の料金比較は大ざっぱで良し

格安スマホ業者を比較するとき、以下のような部分を重視すると思います。

  • 最もお得な業者はどこだろう?
  • 安いうえにネット回線が高速な業者を選びたい。
  • ユーザーから高評価を得ている業者なら安心できそう。
  • 通話料金の安い業者を選びたい。

誰だって失敗したくないですから、「安い&高品質&信頼」がすべて揃った業者を選びたいですよね?

理想通りの突出した業者があればそれに飛びつくだけです。でも実は、有名な業者であれば大した差はありません

UQモバイル・楽天モバイル・mineoなど、よく知られている大手の格安スマホ業者なら、どこを選んでも大丈夫です。

気になる料金についても、各社ともそんなに違いはないんですね。

2GB、6GBなどのデータ通信に10分かけ放題がついたセットプランなら、最も安いプランで月々3000円くらいが目安。期間限定キャンペーンなどの適用で、月々1500円くらいから使えるところもあります。が、このようなキャンペーンも各社とも似たような内容で提供しているのが現状。

かけ放題のない通話付きプランなら、最も安いプランで月々1500円くらいからが定番。後からかけ放題プランをつけたくなったとしてもオプションで用意する業者がほとんどなので、それを利用すれば解決します。

現時点における、格安スマホの相場は大体こんなところ。

どこの業者も、ほぼ横並びなんです

そして料金が同じくらいなら、品質もサポートもほぼ同じ。どの業者も日本国内で運営しています。多少の差はあっても誤差程度で、高品質なのに他社より激安!なんて都合の良いものはまずありません

なので、自分の好みで判断しても全く問題ないですよ。

注意するなら、以下の2点ですね。

  • 運営会社がよくわからない。聞いたこともない。
  • サービス内容に比べて相場よりも遥かに安い激安業者。

この手の業者は信頼性・安定性に不安があるので、避けるのが良いと思います。

運営会社のことをよく知らなくても、親会社、グループ会社が超有名企業なら問題ありません。

例えば、UQモバイルはUQコミュニケーション株式会社のサービスですが、ここの親会社はauで知られる大手のKDDI。信頼性は抜群だと判断できます。

自分の好みで格安スマホ業者を選ぶときのコツ

普段使っているサービスに合わせて選ぶ、という方法が使えます。

LINEを頻繁に使っている人は「LINEモバイル」を選んでみる、という感じでしょうか。LINEモバイルなら、LINE利用時のデータ通信量が減りません。つまり、LINEユーザーにメリットのある格安スマホ業者だと言えるんですね。

楽天市場や楽天銀行などの楽天サービスを良く利用する、楽天ポイントをたくさん貯めたい!という人なら、「楽天モバイル」を候補にします。楽天カードでスマホ料金を支払えば楽天ポイントがたくさんつくので、楽天市場でお得に買い物できるチャンスが増えます。

家の光回線のプロバイダがBIGLOBEなんだよねって人は、「BIGLOBEモバイル」を選んでみると良さそう。普段使い慣れている会社のものなのでルールや癖がわかり、管理しやすく感じると思います。

よく知っている&好印象の業者を選ぶ方法もありです。

UQモバイル」なら、テレビコマーシャルの雰囲気が好き、大手キャリアauの関連会社だしモバイル通信の実績が豊富なところが、選ぶ理由になりそうです。

猫が出てくるテレビコマーシャルが好き、Yahoo系サービスをよく使うなら、「Y!モバイル」が候補にあがります。

関連サービスは利用していないけど、なんとなく雰囲気が好きだからという理由だけでも大丈夫

直感を信じて、自由に格安スマホ業者を選んでみてください。

別の業者への乗り換えが簡単

好みで業者を選んでみたものの、使っているうちに他の業者に目移りすることもあるかもしれません。

この場合でも、格安スマホは解約が簡単なので手軽に乗り換えが可能。ショップに行かなくても、ネットや電話で解約手続きできます。

また、格安スマホは電話番号を引き継げる、MNPに対応済み。別の格安スマホ業者もしくは大手キャリアへ乗り換えても、MNPを利用すれば、使い慣れた電話番号をそのまま利用できます。

【豆知識】:最低利用期間(違約金)について
2019年10月頃から、途中解約しても「2年縛りなどの最低利用期間がない」「契約解除料(違約金)が0円~1000円程度で済む」格安スマホ業者が増えました。法改正の影響みたいです。違約金の負担が少なくなったおかげで、他社へ乗り換えしやすくなりました。

他社のほうが安くなったら?

「契約する格安スマホ業者をほぼ絞り込めたけど、契約した途端に他社の料金が安くなったらどうしよう」

すごくわかります。私も同じような疑問や不安を抱くことが多いです。

でも、格安スマホ選びについては、そんなに気にしなくても良いと思います。

基本的にスマホは、

  • ネットをする
  • 通話をする

この2つがメインです。

その他の動画とか音楽とかのオプションについては、どの業者も似たりよったりで、大差ありません。

なので、料金の安さで他社よりも優位に立ちたいと思っている業者が多いんですね。他社が料金を安くしてきたら、似たようなプランの格安スマホ業者も同じように料金を安くする可能性がとても高いと考えてください。

大手キャリア3社、docomo・au・SoftBankの価格競争を見ていればわかります。値下げの発表は「どこが早いか?」程度のもので、しばらくすれば3社仲良くほぼ横並びになりますから。

価格競争は業者に任せて、利用者はのんびりと変化を待っていれば良いんです。

各社が値下げしてからずいぶん時間が経過しても、全然安くならない格安スマホ業者はちょっと気になりますね。心配なら他の業者を選んだり、乗り換えを検討したりしても良さそうです。

こんな感じに、格安スマホ業者を気楽に選んでみましょう。