大手スマホを格安スマホにする節約がおすすめの人・すすめない人

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを使っていますか?機種変更で安く最新のスマホを購入できる、これら3つの大手携帯キャリアのサービスに喜んでいる人もいるでしょう。

一方で、毎月のスマホ料金の高さにうんざりする人が多いのも事実です。

毎月6000円、8000円も支払うのが大手携帯キャリアのスマホです。貯金をしたい、無駄な支出を抑えたいと考える人には頭の痛い存在でしょう。

スマホの料金を安くしたいなら、今話題の「格安スマホ」に切り替えてみませんか?

大手携帯キャリア、いわゆる「大手スマホ」から乗り換えることで、2000円以上、4000円以上も安くなることだってあるくらい安さで評判のサービスです。

「格安スマホはよくわからない」「質が悪いって聞いたんだけど…」

大丈夫です。格安スマホはそこまで難しいものではありません。相性が良ければスマホの便利さを感じつつ、安い料金で利用を続けられるはずです。

あなたとの相性は?まずは格安スマホの特徴から

格安スマホは「格安SIM」「MVNO」とも呼ばれています。その名の通り、月々の料金の安さが魅力です。大手携帯キャリアは「大手スマホ」の名前で話を進めてみます。

音声通話付き格安スマホの相場

  1. インターネットだけの「データSIM」
  2. 「SMS付きデータSIM」
  3. ネットもSMSもできる「音声通話SIM」

以上の3つが、格安スマホの主なサービスとして提供されています。

大手スマホの代わりに使いたいと考えるなら、電話機能がある「音声通話SIM」のサービスが最適です。

業者にもよりますが、音声通話SIMだと月額で約1500円~約6000円の幅広い料金プランが用意されています。

格安スマホのメリット

価格が安い

先程の相場の部分で話しましたが、月々のスマホ代を大幅にカットできます。しかし、使い方によっては安くならない例があります。大手スマホに比べて何が何でも格安スマホが良いわけではありません。その理由についてはもう少し後で説明します。

電話番号を引き継げる

大手スマホと同じく、MNPを利用できます。慣れ親しんだ携帯電話番号を格安スマホに引き継いで今まで通りに使い続けられます。

データ容量を自由に決めやすい

データ容量とは、1カ月間にインターネットの送受信を高速で利用できる上限値です。最近は大手スマホでもデータ容量を細かく選べるため、格安スマホ限定のメリットともいえなくなっています。

ただ、複雑なプランがないため容量の切り替えが簡単ですし、500MBから細かくデータ容量を選べる業者を利用すれば限りなく無駄を削って料金を最低限に抑えられるでしょう。

余計なサービスがない

格安スマホは過剰なサービスが無いため、無駄を省きやすいのがメリットです。有料オプションを後から付け足したり、取り外したりができる自由度の高さを持っています。

音声通話の質が良い

料金が安すぎると「電話の音質が悪いのでは?」と不安になるところです。ところが意外にもクリアな音声だったりします。大手スマホの音声と遜色のない通話が可能です。

もう一つ、インターネット回線を使ったIP電話が存在します。一般の電話回線よりも遥かに料金が安いものの、音質はお世辞にも良いとはいえません。家族やごく親しい人との通話くらいに留める使い方がおすすめです。

Wi-Fi接続でデータ消費量を節約可能

スマホを自宅の固定回線や公共Wi-Fiに繋ぐことで、格安スマホのデータ容量を使わずに済みます。動画や長い時間インターネットを使いたい場合にはWi-Fi接続を基本にし、外出時に必要なときだけ格安スマホのデータ通信を利用することで、少ないデータ容量のプランに加入して節約する工夫が可能です。

来店不要

格安スマホの場合、店舗を全国展開しているケースは稀です。基本的に公式サイトを通じたやり取りで、契約や解約はネット上で完結します。店舗へ向かう煩わしさがありません。

長期契約しなくても安いところがある

業者によって違いますが、2年縛りがない格安スマホがあります。いつでも自由に乗り換えられるのがメリットですね。ただ最近は、2年や3年契約の業者が増えてきています。契約の縛りがなくても音声通話プランを選んだ場合、1年未満で解約すると違約金を取られるパターンが多めです。

格安スマホのデメリット

大手のキャリアメールが使えなくなる

ドコモやau、ソフトバンクのメールアドレスを引き継いで利用できません。GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを利用しましょう。一部の格安スマホ業者なら独自のキャリアメールを用意しています。

混雑時のネット接続速度が落ちる

お昼や夕方以降など、多くの人がネットを利用する時間帯に繋がりにくくなるのがデメリットです。大手スマホにかなわない部分として有名ですが、混雑時以外の時間帯ならスムーズに繋がるため問題ありません。

通話料金が高い

通常の通話料金として、30秒20円かかります。但し、専用アプリを使えば30秒10円の半額料金で通話が可能です。他にも時間内定額制・かけ放題のサービスが登場しており、通話料金のデメリットが少しずつ解消されつつあります。

端末代の割引が適用されにくい

大手スマホでは端末代を安くする手厚いサービスがあります。格安スマホの業者でもスマホを売っていますが、大幅割引が適用されるケースは少なめです。安くても古い機種に限定されがちですね。iPhoneやその他人気スマホの最新機種を安く手に入れるなら大手スマホのほうがお得です。

しかし、格安スマホは月々の料金自体が安いため、トータルすると本体価格が高くてもお得なことがよくあります。

サポート面がやや弱い

大手スマホほどサービスにお金をかけておらず、手厚いサポートはあまり期待できません。オプションを駆使すれば端末補償や設定サポートなどは受けられます。実店舗が少ないため、対面で質問や相談をしにくいのが人によってはデメリットに感じられるでしょう。

格安スマホをおすすめする人

  • 普段から携帯で通話をあまりしない。
  • 外出先で頻繁にネットを利用しない(特に動画)。
  • スマホ本体の買い替え頻度が低い。
  • 自分で自由に機種を選びたい。

通話時間が短いなら、格安スマホとの相性はぴったりです。通話時間ごとの課金であっても大手携帯キャリアの定額制より通話料金を抑えられるケースが多いでしょう。

ネットは必要最低限、軽くウェブサイトやメール、SNSを利用するくらいなら速度の安定性にこだわらなくても大丈夫です。

自宅の固定回線にスマホをWi-Fi接続すれば、データ量を気にせず高速通信が可能です。スマホを持っていても外出先でネットをあまりしないなら、格安スマホで十分でしょう。

スマホを頻繁に機種変更しない場合、大手スマホの割引サービスがあっても活用できません。月額料金を安く抑えるほうが長期的に見ればお得です。

動作確認が出来ている機種であれば、携帯キャリアで購入したスマホやその他の販売店で売られているSIMフリースマホなどを使えます。使える機種の選択肢が多く、自由度の高さが魅力です。

【格安スマホで毎月節約】目的に合うおすすめ業者を比較

大手スマホのままで良い人

  • キャリアメールがないと困る。
  • 仕事やプライベートで頻繁に電話をかける。
  • 混雑する時間帯でも動画やウェブサイトを快適に見たい。
  • 料金が多少高くても手厚いサポートが欲しい。
  • 対面で相談や手続きをしたい。

携帯電話番号と違ってキャリアメールの場合、MNPのような移行手続きができません。契約解除した途端に使えなくなってしまいます。

一方で、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールなら携帯会社を乗り換えても問題ありません。

新しいアドレスを相手に伝えたり、登録情報を変更したりすることで簡単にメールアドレスを変えられますので、本当にキャリアメールがなければ困るのか、一度考えてみるとよいでしょう。

電話を毎日頻繁にかけるなら、大手スマホのかけ放題がお得です。格安スマホでもかけ放題サービスが充実してきましたが、24時間かけ放題なら大手スマホが圧倒的に優れており、料金を安く抑えられるでしょう。

サポート体制はさすがにお金をかけている大手スマホが充実しています。有料オプションを活用すれば格安スマホもサポートを充実させられるでしょうが、お得感が薄れてしまうかもしれません。

違約金のリスク以上の節約効果を狙える

格安スマホに変えるだけで月々の携帯電話料金を大幅に抑えられます。格安スマホとの相性が良いと思うなら、早めに大手スマホから乗り換えて無駄な支出を減らしてみてください。浮いたお金を他の生活費に回したり、月々の貯金を増やせたりできるでしょう。

大手スマホが2年契約の場合、途中で解約すると1万円程度の違約金を取られます。しかし、格安スマホで月々の料金が大幅に安くなれば、しばらく使い続けるだけで違約金分を回収できます。あまり気にする問題ではありません。