家計簿のつけ方をもっと簡単に。貯金に役立つ項目選び

貯金が苦手なら無理に家計簿をつけなくても構いません。それよりも、貯金する行動が大切です。

貯金が苦手な人こそ目標と家計簿はナシで始めてみよう

とはいえ、毎月の支出が多いから貯金できるほどのお金が残らず困っていることもありますよね。

毎月の支出を把握していないと、節約して貯金しやすい状態を作れそうもありません。

それならば、あえて家計簿をつけてみましょう。

最初に言った内容と違うからといって、怪しむのは待ってください。同じ家計簿でも、一般的に見られる書き方とは違います。

一般的な家計簿のつけ方とは?

費目 収入 支出
給料 225,890円
食費 42,302円
電話代 13,540円
新聞代 3,400円
保険料 8,250円
娯楽費 25,187円

相当端折っていますが、ざっと例をあげてみました。「私の収入はこんなに多くないし…」とか考えないでくださいね。金額の部分なんて、かなり適当ですから。

一般的には、大体こんな感じに1ヶ月分の家計簿をつけます。1ヶ月が過ぎた後、収入から支出を引いて残高があれば黒字、マイナスであれば赤字です。

黒字なら貯金に回せます。赤字なら翌月は節約して、赤字分を取り戻す工夫が必要です。

何の変哲もない家計簿です。これができる人なら、スタイルを変える必要などありません。

でも、あなたがこれをできない、このとおりに家計簿をつけているのに貯金できないなら、今回アドバイスする以下の方法で家計簿をつけることをおすすめします。

厳密に家計簿をつけない

本来の家計簿が以下の表だったとします。

費目 収入 支出
給料 225,890円
食費 42,302円
電話代 8,540円

上の表から金額の部分を少し変えます。

費目 収入 支出
給料 225,900円
食費 42,400円
電話代 8,600円

数字をそろえて金額を分かりやすくする

金額はあまり厳密につけなくても構いません。実際の給与が22万5890円であるなら、890円の部分をキリの良い数字にしてしまいます。

上の例では10円単位以下の部分を切り上げています。切り捨てでも良いですが、支出だけでも切り上げで書きましょう。

100円単位以下で切り上げるとチリツモ貯金のような少額の貯め方の場合、ざっくりしすぎる感じなので、10円単位以下にとどめておきました。

端数を排除することで、わかりやすくお金の管理ができます。貯金するならあまり細かな金額にこだわる必要はありません。

家計簿に書く・書かない項目を選んでみる

一般的な家計簿の場合、いろんな種類の項目(費目)と金額を書きます。この中から貯金や節約に関係しそうなものだけを選別してください。余計な手間を省くための工夫です。

家計簿に書かなくてもよい項目

給料などの収入

収入から支出の合計額を引き算すれば、今月いくら残るかを把握できます。上の表には書きましたが、あえてこの収入の項目は家計簿から除外します。

毎月の収入が一定になりにくい自営業者と違い、会社からお給料をもらっている人なら毎月の収入が大幅に変化することなどそうありません。支出の項目を書くだけで十分です。変化する場合はきちんと毎月の収入を書きましょう。

食費

どこの家庭でも1ヶ月で見ると、食費の支出割合はかなり高めです。大きな支出だからこそ家計簿に書くことが大切だと思いがちですが、食費についても無理に書く必要性はありません。

人間は食べないと生きていけませんので、食費を削るというのはかなり難しい問題です。

貯金が苦手なら、あなたがよほど無駄な食料品を買っていない限り、食費を家計簿で管理して節約を目指す必要はないでしょう。

食費の支出が多すぎるから、おかずを一品で我慢する、お菓子は買わないなどとやったところで、ストレスがたまる一方です。

無理に食費を節約すると精神的にも身体的にも悪影響を受けるため、節約の優先順位を低めに設定することをおすすめします。

臨時支出

結婚式のご祝儀やお葬式の香典、その他イベントの贈り物など、毎月ではなく突然訪れる支出に関しては書かなくても大丈夫です。

節約ができるものではないため、家計簿で管理するような項目ではありません。

医療費

金額によっては医療費控除を使える場合があります。記録しておくと便利ですが、領収書やレシートを残しておくだけで構いません。

医療費控除による節税効果が出るのは翌年です。家計簿につけたからといって貯金できるわけではありません。

家計簿に書きたい支出の項目

水道光熱費

電気やガス、水道といった分野が水道光熱費に当てはまります。この金額を大ざっぱに書いておきます。

電話代とインターネット料金

固定電話や携帯電話の料金が当てはまります。

インターネット料金には、回線使用料とプロバイダ料金の2つがあります。面倒なら2つの合計金額でも構いません。

住まいに必要な支出

アパートや賃貸マンションなどに住んでいるなら、家賃を書きます。持ち家で住宅ローンがあれば家計簿に書きましょう。持ち家の固定資産税は毎年ほぼ決まっており、節税が難しいので書く必要はありません。

その他、月々支払うもの

新聞代が代表的な例です。動画サイトの料金、その他インターネット関連の料金や外食費、エステサロンや生命保険など、定期的に利用している対象の種類と金額を大ざっぱに家計簿へ書きます。

借金

キャッシングやカードローン、クレジットカードの利用分です。住宅ローンや自動車ローンもこれに含まれます。

他の支出と違って、単純ではないのが借金です。利息つきで期限までに返済しなければならない、少し面倒な性質を持っています。

借金はきちんと家計簿に書いておきたい項目です

返済できないと、貯金どころではなくなってしまうからです。

書きすぎや書き忘れがあっても気にしない

家計簿に書きたい項目、書かなくてもよい項目を取り上げましたが、大ざっぱに紹介したまでです。これよりも項目が多くても少なくても構いません。

適当に書きながら、日々の生活の中で気づいた支出の項目があれば書き足します。不要な項目を書いたとしても、その部分を無視すればよいだけです。

あまり堅苦しく考えないでくださいね。

毎月書かなくてもよい

大ざっぱとは言うけれど、それでも毎月家計簿をつけるのはめんどうですよね。

今回アドバイスした方法ですが、毎月なんて書く必要はありません。1回メモのように書くだけで十分です。

ただし、借金だけは毎月記録しておいてください

貯金に活用できそうな項目を厳選

家計簿は毎月の収支が黒字か、赤字かを把握する管理のために使うものです。毎月事細かく書くのは事業を行っている人以外なら、重要なことではありません。

それよりも毎月貯金できるくらいに、お金を残せる方法を考えます。

ポイントは、支出を減らせる可能性がある項目の書き出しです。減らしにくい食費や固定資産税、臨時支出などはあえて書きません。意味がないからです。

収入を書かないのも同じような理由です。書かなくても1ヶ月が経過した時点(定期的な収入がある給料日などの時点)で、貯金に回せるお金が残っているのかどうかは自然に分かるため、あまり重要視しません。

支出の存在が分かる程度でよい

書き出した項目の中から支出を減らせるものがあれば、少しずつ実践します。

今回ご紹介した家計簿の書き方はこれが目的です。生活の中で支払っている対象が分かればよいだけです。

日々の生活を送っているうちに、ふと忘れている支出の項目が結構あります。忘れないようにメモしておけば、節約を考えるのが簡単になります。

あなたが貯金に回せないほどお金が余らない生活を送っているなら、家計簿を厳密に書くよりも何にお金を使っているのか把握するために、家計簿をメモ代わりとして使ってください。

なぜこんなに適当でよいのか

理由は簡単です。めんどくさいからです。

毎月家計簿をつけても、結局は数字の羅列です。そんな表を見たからといって、どこを節約してどう工夫してなんて、毎月細かく分析する生活など送れない人が大半です。

できる人は家計簿をつけるのを趣味にしている人か、家計簿をつけるのを仕事として行っている人くらいです

家計簿だけではお金を貯められません。めんどくさいことなどやめて、自然に貯金できる方法を知り、さっさと行動に移してしまいましょう。

生活費でお金が残らない…節約できそうなものをピックアップ