苦手な貯金に自信を持つため家計簿アプリをシンプルに使いこなす

無理な目標や難しい方法が貯金を挫折させてしまうなら、「貯金の総額を明確にして達成感を得る方法」を試してみてください。

達成感があると自信がつきます。また目に見える成功体験ですから、貯金を続ける意欲が湧いてきますよ。

具体的なメリットについては以下の記事で語っていますので、参考にどうぞ。

やっぱり続けられない貯金!挫折グセの克服に「記録」で工夫する

今回は自宅で貯金箱などを使って、お金をコツコツ貯めている場合を例にします。記録を明確にする作業をラクにしてくれる、家計簿アプリについてご紹介します。

約600万人に利用されている人気の高い「マネーフォワード」の家計簿アプリを使ってみましょう。パソコンからもスマホからも利用できますし、無料でずっと使い続けられるのがマネーフォワードの魅力です。

家計簿アプリ「マネーフォワード」の特徴

  • 数字を入力するだけで自動計算
  • パソコンとスマホを連携してお金を管理
  • 基本無料

今あるお金の合計を出すのに、電卓や頭で計算する必要がなくなります。数字の打ち間違えさえしなければ正確に現在の残高を自動で表示してくれるからです。

パソコンだけ、スマホだけで利用できますが、同じアカウントでログインすれば両方の機器で同じデータの管理が可能です。状況に合わせて機器を使い分けられるのが便利ですね。

マネーフォワードの基本機能を使うだけなら完全無料です。有料ユーザーだと更に便利な上位機能を使えますが、貯金の管理だけであれば無料ユーザーで十分です。無料の期限・課金の強要などなく、安心して使い続けられます。

手入力の機能だけを利用する

保有する金融機関口座や利用中のカード会社を登録して入出金のデータを自動取得できるマネーフォワードですが、今回は純粋に貯金だけの管理で使ってみましょう。

管理画面から余計な情報を取り除くと、貯金に集中しやすくなるからです。

貯金の管理は自動取得ではなく、手入力で行います。自宅の貯金箱にお金を入れる、もしくは貯金箱からお金を引き出したタイミングで入力をしてください。

マネーフォワードでアカウント作成

まず、マネーフォワードの公式サイトからユーザー登録してアカウントを作成しましょう。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」公式サイト

今回はパソコン版のマネーフォワードで説明します。スマホ版については以下の記事をご覧ください。

スマホで貯金管理スマホでシンプルにラクに貯金を管理できる家計簿アプリの使い方

既存ユーザーの場合

すでにマネーフォワードのユーザーであれば、既存アカウントを利用してください。

ただ、貯金と他の収支を一緒の画面で管理するとごちゃごちゃして見にくいと思います。

純粋に貯金だけを管理するなら「グループ機能」を使うのが便利です。グループ機能については後ほど説明します。

メールアドレスとパスワードを決める

アカウント作成では受信可能なメールアドレスとパスワードを設定します。どちらも管理画面へログインするのに必要な情報ですから、忘れないでください。

Facebook・google・Yahoo! IDのアカウントを持っている人は、これらのアカウントでログインできます。パスワードを新しく考えなくてよいのでラクですよ。

貯金用の「財布」を作ろう

アカウント登録が完了したらログインし、管理画面を開きましょう。

総資産の下、「金融機関を探す」のボタンを押します。

金融機関を探す

引用元:マネーフォワード

MEMO
※既存ユーザーで金融機関の登録が済んでいる人なら、総資産の下に「手元の現金を登録・管理」が表示されます。「財布を作成」から先に進んでください。

「手元の現金・資産を登録する」の項目で「財布(現金管理)」を選んでください。

ちなみにパソコン画面から「金融機関を探す」のボタンを押すと、「財布(現金管理)」の項目が画面から隠れた場所にある状態で表示される場合があります。画面を上にスクロールして財布の項目を探してください。

財布(現金管理)の画面です。

財布の登録

引用元:マネーフォワード

財布の名前はあなたが管理しやすいものをつけましょう。今回の説明では「自分の貯金箱」という名前をつけてみました。

残高は今現在、貯金箱に入っている総額を入力します。これから貯金をはじめるなら0(ゼロ)を打ち込んでください。

下の「財布とATM引き出しとの連動」の部分については読み飛ばして構いません。最後に登録ボタンを押します。

「財布とATM引き出しとの連動」とは?

マネーフォワードに登録済みの金融機関口座からATMを使って現金を引き出したタイミングで、ATMから引き出したお金が先程作った財布(自分の貯金箱)に足し算される機能です。

便利そうな機能ですが、引き出した現金を貯金箱に入れるとは限りません。そのまま使うために引き出すことだってありますよね?

自分の貯金箱の管理が複雑化するので、連動はせずに管理をはじめることをおすすめします。

グループ機能を使ってみよう

貯金専用の財布(現金管理)「自分の貯金箱」が完成しました。

後はお金の収支を入力していくだけですが、もしマネーフォワードで別に金融機関を登録して家計の管理をしたかったり、既存ユーザーで自分の銀行口座やカードの管理をしていたりするのなら、グループを新しく作ってみましょう。

貯金専用のグループ画面で管理できますので、見た目がすっきりします。他の収支が混じると貯金の残高が減ったような気持ちになってしまうので、他の収支とはわけて管理します。途中で貯金に挫折してしまうのを防ぐ対策として使える工夫です。

グループを新規作成

管理画面の上の方に、「グループ選択なし」という部分があります。

グループ選択なし

引用元:マネーフォワード

そこを押すと、「グループの追加・編集」のメニューがあらわれるので、それを選択してください。

「グループを作成する」から次の画面に進みます。

グループ作成

引用元:マネーフォワード

好きなグループ名をつけます。ここでは「貯金専用」と名づけてみました。

グループに含める口座」では作成するグループ内で管理したい種類を選択します。はじめに作った「自分の貯金箱」だけを選んでください。既にたくさんの金融機関口座を登録しているなら、それらのチェックは外しておきます。

集計期間の設定」と「設定日が土日祝日の場合」の部分はそのままで大丈夫です。

口座に紐づかない手入力データの扱い」の部分が少しわかりにくいですが、金融機関の口座残高ではなく、手入力で追加した資産(不動産など)の残高のことかと思います。この辺りの残高を含めると貯金の総額を純粋に管理しづらいので、「含める」のチェックは外しておくのがよさそうですね。

「保存する」を押せばグループの追加は完了です。

後は管理画面の上のほうにあるグループのメニューから「貯金専用」を選ぶだけです。これで他の資産と切り離し、「自分の貯金箱」の中身だけを管理できます。

ちなみに無料ユーザーだと1つのグループしか作れません。複数グループの追加は有料ユーザーのみです

貯金の収支を記録する

「ホーム」の画面に移動します。

収入と振替を入力する

引用元:マネーフォワード

カンタン入力」の部分で貯金を管理できますが、支出(貯金を使った)の場合しか入力できません。収入(貯金が増えた)を入力するなら「収入・振替を入力する」のリンクを押してください。こちらの画面では支出も入力できます。

貯金をしたときの入力

例として、『本日500円を貯金箱に入れた』としましょう。

貯金が増えるのは収入です。「収入」のボタンを押してください。

収入金額

引用元:マネーフォワード

収入金額に500を入力します。その下のメニューで「自分の貯金箱」を選びます。

項目は毎回の収支の記録を見やすくするためのものです。未分類のままでも構いませんが、今回は項目名をつけてみます。

上の段の未分類を押し、「収入」の項目を選びます。その横に子項目がずらりと並びますが、あまり適した項目名がないので新しく作ってみましょう。

項目名をつける

引用元:マネーフォワード

一番下の入力欄に「貯金した」と入力してみます。わかりやすければ項目名はなんでも構いません。入力を終えたら右横のアイコンを押すと、子項目が追加されます。追加済みの「貯金した」を選んで、最後に保存ボタンを押してください。

任意入力の部分はメモ代わりとして自由に使ってみましょう。

これで「自分の貯金箱」に500円が反映されます。

貯金を使ったとき

基本的に貯金をしたときの入力方法と同じです。「支出」の項目を選んで使った金額を入力します。

項目名はどれでも構いませんが、親項目を「現金・カード」にして、子項目に「貯金を使った」などの好きな項目名を作ってみてください。

総資産で貯金の残高を確認

ホーム画面に戻ってください。

総資産が500円に増えているはずです。貯金の残高があったなら500円を足した総資産が表示されます。

自宅で行っている貯金を毎回画面に入力しながら、貯金箱の中身を記録します。今どのくらい貯金できているのか知りたいなら、マネーフォワードの管理画面を開くだけです。いちいち手書きでメモしたり、貯金箱からお金を出して数えたりする必要はありません。

すごくラクに貯金の管理ができますので、ぜひやってみてください。

銀行口座の貯金をマネーフォワードで管理

自宅の貯金箱だけでなく、銀行の普通預金や定期預金、積立定期預金で貯金に励んでいる人もいると思います。これらの分を今回作った「自分の貯金箱」で一緒に管理すると貯金が増えている実感がしやすくて、楽しく管理できるでしょう。

各種金融機関の預金口座をマネーフォワードへ追加する方法については、以下の記事で説明しています。

金融機関の建物貯金管理におすすめ家計簿アプリに預金口座の情報を登録する

貯金を増やすには?

家計簿アプリで貯金するためにはお金が必要です。お金を集める一つの方法として、生活費の節約があります。

生活費でお金が残らない…節約できそうなものをピックアップ

上の記事に節約できそうなものをまとめていますので、参考にしてください。