貯金管理におすすめ家計簿アプリに預金口座の情報を登録する

金融機関の建物

貯金の管理をラクにしたいなら、残高を自動計算してくれる家計簿アプリが便利です。

ところで、貯金は現金に限りませんよね。銀行や信用金庫といった金融機関の預金口座で貯金している人だって大勢います。

コツコツと自宅で貯金する分に加えて、預金口座の貯金もまとめて家計簿アプリで管理するやり方について説明します。

管理に使う家計簿アプリは「マネーフォワード」です。基本機能なら無料で利用できます。

この記事では貯金を苦手とする人のために、マネーフォワードで貯金のみを管理するやり方についてご紹介します。公共料金やカードの引き落としなどの収支を混ぜないことで、お金が増える楽しさを実感しやすくするためです。

家計簿アプリで貯金を継続しやすい環境を整えて、苦手を克服しましょう。

家計簿アプリに取り込む銀行口座の種類

以下のような預金口座の残高をアプリに取り込みます。

  • 貯金専用に使っている普通預金口座
  • 定期預金口座
  • 積立定期預金口座

他にも貯金目的に使っている口座があるなら、その残高も取り込んでください。

慣れないうちは貯金管理だけに専念する

先ほども言いましたが、電気やガス、カードの引き落しや買い物の支払いなどで使っている普通預金口座のデータはアプリで管理しません。あくまでもお金を貯める目的だけに使っている口座の管理に専念してみます。

マネーフォワードのアプリはいつでも自由に、現金や預金口座のデータを取り込んだり消したりできます。

アプリで管理してみて貯金を継続できそうに思えたなら、支払いに使っている普通預金口座などの情報を取り込んで、全ての資産を管理する方向へ切り替えてみてもよいでしょう。

マネーフォワードに口座情報を取り込むには

マネーフォワードにはパソコン版とスマホ版のアプリが存在します。

アカウント作成や収支のつけかたなど、基本的な使い方は以下の各記事で説明していますので、今回の記事と合わせて読んでみることをおすすめします。

今回の説明はパソコン版の操作方法をメインにします。スマホ版のアプリで管理するなら、似たような機能の部分と照らし合わせながら操作してください。

銀行口座のデータの取得方法と条件

マネーフォワードには各金融機関の口座情報を登録することで、お金の増減や残高などのデータを自動取得してくれる機能が搭載されています。手動で計算・入力の手間が不要なので、とてもラクに管理できます。

自動取得ができる金融機関の種類は多めです。都市銀行から地方銀行、ゆうちょ銀行や信用金庫、労働金庫といった口座情報を管理できます。2018年2月時点で135行の銀行、258社の信用金庫などが登録できるほどの幅広い対応力です。

とはいえ、国内に存在する全ての金融機関の口座情報を自動取得できるわけではありません

  • 口座を持っている金融機関のオンラインバンキングを使っていること。
  • マネーフォワードが対応済みの金融機関であること。

以上の2つが必須条件です。

ただ、これら2つの条件に当てはまらなくても手入力で口座管理ができるので心配はいりません。手入力で管理するなら、自動取得に未対応の銀行の説明まで読み飛ばしてください。

金融機関の口座情報を自動取得しよう

最初に自動取得できる銀行の登録について説明します。金庫・組合の金融機関も銀行に含めて考えてください。

銀行を指定してデータを自動取得するまで

マネーフォワードにログインして管理画面を見ます。画面上部のメニューから「口座」を選んでください。「金融機関追加」の画面に移動します。

メニュー 口座

引用元:マネーフォワード

ホーム画面の総資産にある登録金融機関の「新規登録」からも同じ画面が開きます。

金融機関 新規登録

引用元:マネーフォワード

新たに金融機関を登録する」の一覧から、あなたが利用している銀行の名前を探して登録しましょう。今回は「住信SBIネット銀行」を例に自動取得してみます

登録金融機関の一覧

引用元:マネーフォワード

銀行名の部分を選ぶと、その銀行の公式サイトへ移動するボタンがあらわれます。公式サイトに移動するとオンラインバンキングのユーザーネーム(IDなど)とパスワードを求められます。正しく入力しましょう。

すると、マネーフォワードが残高照会や入出金情報のアクセスを求めているといった内容のメッセージが画面に出ます。問題がなければ許可してください。

マネーフォワードの管理画面へ自動的に戻ります。

自動取得の開始日、表示名やメモを入力する画面が登場しますので、案内に従って作業します。

開始日については「銀行から取得可能な全データを取り込む」もしくは「取得開始日以降のデータを取り込む」の2つから選べます。全データを取り込むと古い日付の収支をアプリで見られる感じです。深く考えず、好みで選べばよいと思います。

表示名やメモの欄は必要に応じて入力してください。

保存を押すと、口座の管理画面に移ります。

登録済み金融機関」の欄を見てみましょう。先ほど自動取得した銀行名と資産の合計金額、データの取得日などが表示されているはずです。

登録済み金融機関

引用元:マネーフォワード

自動取得の直後だと更新状態の部分が更新中になっていますが、しばらく待てば正常に切り替わるはずです。取得に失敗したら更新ボタンを押すか、はじめからやり直してください。

これで自動取得の作業は終わりです。

アプリで管理する必要がなくなった銀行のデータは「削除」のボタンを押しましょう。再び管理したくなったら、最初の手順からデータの取得をやり直して登録します。

取得した口座情報の種類を調べる

メニュー「口座」の画面に表示されている、自動取得した銀行のリンクを押してみます。アプリに取り込まれている口座の一覧が表示されます。

登録済み金融機関のサマリー

引用元:マネーフォワード

今回取り込んだ住信SBIネット銀行では「普通預金」と「SBIハイブリッド預金」の口座を利用中なので、2種類の口座情報の内訳が見られるようになりました。

このように、自動取得の機能は銀行側が許可している口座情報を全てマネーフォワード側が取り込める仕組みになっています。

自動取得に未対応の銀行を管理する方法

  • オンラインバンキングを利用していない。
  • 銀行がマネーフォワードの自動取得に対応していない。

これらに当てはまると、銀行から口座情報を自動取得できません。手入力で口座の残高を登録しましょう。

自動取得をするときと同じように、メニューの「口座」やホーム画面の総資産の部分から「金融機関登録」の画面を開きます。

一覧にある「未対応の銀行」のリンクを押します。

MEMO
補足:2018年2月現在、マネーフォワードのスマホ版には「未対応の銀行」の項目が用意されていません。手入力で銀行口座の管理をしたいなら「財布(現金管理)」の機能を代わりに使ってください。財布の登録方法については以下の記事で説明しています。

取得する銀行名はわかりやすく

未対応銀行の登録画面が出ます。

自動取得未対応の銀行名を入力

引用元:マネーフォワード

アプリで管理したい銀行名を入力しますが、このときに口座の種類を区別しやすい銀行名でつけるのがコツです。

例えば、AB銀行という架空の銀行から口座情報を取り込むとしましょう。その銀行に普通預金・定期預金・積立定期預金が存在したなら、

「AB銀行・普通」
「AB銀行・定期」
「AB銀行・積立定期」

以上のような銀行名にすると、アプリで管理する口座の種類がわかりやすくなります。

入力し終えたら登録ボタンを押してください。これで未対応金融機関をアプリで管理する準備が整いました。

口座の資産を手入力で登録

手入力だと自動取得とは違って、銀行から残高のデータが反映されず0円のままです。口座の残高を手入力してみましょう。

手入力で資産もしくは負債の追加

引用元:マネーフォワード

メニュー「口座」の画面にある「手入力で資産を追加」を選んでください。貯金専用に使っている預金口座であれば0円もしくはプラスの残高だと思いますが、もし預金口座の残高がマイナスなら「手入力で負債を追加」を選びます。

資産の新規追加」の画面にある各項目を埋めていきます。

資産の新規追加

引用元:マネーフォワード

先に手入力で追加しておいた銀行口座の通帳を参考に、現在の残高を入力しましょう。これから貯金をはじめるなら0(ゼロ)を打ち込んでください。

ホーム画面の総資産、スマホ版なら資産総額の部分を見ると、取り込んだ預金口座の総額がわかります。メニュー「口座」の画面を開いても、各預金口座の残高を確認できます。

登録した口座の収支を入力してみよう

自動取得した口座であれば収支を入力しなくても自動反映されますので、何もする必要はありません。

収支の入力を必要とするのは、手入力で口座を登録した場合だけです。登録した銀行の預金口座でお金の増減があったなら、その都度アプリを開き、手入力で収支をつけましょう。数字を入力するだけで残高を自動計算してくれます。

具体的な入力方法についても過去記事でご紹介しています。そちらをご覧ください。

入力の注意点としては、支出元と入金先の選択項目で収支を記録したい銀行の口座名を指定する部分です。

収入の入金先を選ぶ

引用元:マネーフォワード

スマホ版なら財布のアイコンを押せば口座を選べます。

財布のアイコンから入金先を選ぶ

参考:マネーフォワード

不要な口座情報の自動取得を避けるには?

収支の計算が要らないマネーフォワードの自動取得は本当に便利です。ただ、自動取得を利用すると銀行で利用している全ての口座情報を取得する仕様となっています

AB銀行の定期預金だけをアプリで管理したいのに、普段から支払いに使っているAB銀行の普通預金の情報まで取り込まれてしまうイメージです。

これが気に入らないなら自動取得をやめて、自動取得未対応の金融機関と同じように管理したい口座情報だけを手入力で1つずつ登録するやり方を試してみてください。

貯金を増やすには?

家計簿アプリで貯金するためにはお金が必要です。お金を集める一つの方法として、生活費の節約があります。

生活費でお金が残らない…節約できそうなものをピックアップ

上の記事に節約できそうなものをまとめていますので、参考にしてください。