スマホでシンプルにラクに貯金を管理できる家計簿アプリの使い方

スマホで貯金管理

貯金の残高を記録してみましょう。お金が増えている実感を持てるので、途中で挫折してしまう悩みを解決するのに役立ちます。

いきなり大きな目標額を決めるとプレッシャーになりますから、少額の現金をコツコツ貯金箱に入れるやり方からはじめてみてください。

貯金箱の残高の記録をつけるのに便利な、家計簿アプリマネーフォワード」の使い方を覚えましょう。

今回はスマホ版のアプリで貯金を管理するやり方をご紹介します。

パソコン版のマネーフォワードで管理する方法は以下の記事を参考にしてください。貯金の記録をシンプルにアプリで管理するメリットについても書いています。

苦手な貯金に自信を持つため家計簿アプリをシンプルに使いこなす

スマホ版とパソコン版は画面構成が違うので少し戸惑いますが、使っているうちに慣れてきます。残高を自動計算してくれる便利な家計簿アプリを使いこなして、貯金が増える楽しさを実感してください。

スマホアプリ「マネーフォワード」をインストール

はじめにマネーフォワードの専用アプリをスマホへインストールします。

iPhone版とAndroid版、それぞれのアプリストアからダウンロードしてください。

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ
無料
posted with アプリーチ

一部機能は有料のアプリですが、無料の部分だけでも十分に使えるほど高機能です。強制課金はありませんので安心しましょう。

はじめてマネーフォワードを利用する場合にはアカウントを作ります。この辺りの流れはパソコン版とほぼ同じですから、パソコン版の記事を読んでみてください。

アカウントを作ったら管理画面を開きましょう。既にマネーフォワードを利用している人なら、既存アカウントでも新規アカウントでも、好きなほうを選んで貯金の管理をはじめてください。

貯金専用の財布を作る

貯金の記録だけをつけるためにスマホ版マネーフォワードを使ってみるのが今回の目的です。

説明に使うスマホはiPhoneです。Androidでも機能面に大きな違いは無いと思います。

作成する「貯金専用の財布」とは、預金口座の通帳のようなものだと考えてください。

管理画面の下にメニューが並んでいます。この中から「口座」のアイコンを押しましょう。

口座のアイコン

参考:マネーフォワード

次の画面で銀行の連携について表示されていますが、預金口座ではなく現金の貯金だけを管理しますので、今回は連携の機能を使いません。邪魔なのでバツ印を押して表示を消しておきます。

口座を追加

参考:マネーフォワード

画面右上にある「追加」の文字を押しましょう。連携項目一覧の画面があらわれます。「財布(現金管理)」を選んでください。

財布を新しく作る画面です。

財布(現金管理)

参考:マネーフォワード

財布の名前には貯金の管理であることがわかるように、好きな名前をつけてみましょう。ここでは「自分の貯金箱」という名前をつけてみました。

お手元の金額を設定」の欄には、現時点の貯金箱の残高を入力してください。これから貯金をはじめるなら0(ゼロ)を入力します。

入力を終えたら画面右上の「完了」を押しましょう。これで財布「自分の貯金箱」のできあがりです。

後は貯金箱へお金を入れる、貯金箱からお金を引き出すタイミングでマネーフォワードの「自分の貯金箱」に収支を入力するだけです。お金の増減をアプリが自動計算してくれるおかげで、電卓を使って計算する手間を無くせるのが嬉しいですね。

貯金専用のグループを作る

マネーフォワードで貯金以外に、あなたが持っている複数の金融機関口座やその他の資産をまとめて管理したいなら、グループ機能を使って管理しやすい状態にしてみましょう。

新しく作ったグループへ自宅で行っている貯金の記録のみ移動させれば、グループを切り替えるだけで貯金専用の画面を作れます。貯金だけの管理に集中しやすくする工夫です。

ちなみにマネーフォワードで金融機関やカードといった貯金以外の収支を管理しないのであれば、わざわざグループを作る必要はありません。今後作る必要が出てきたときのために、以下の説明を参考にしてください。

グループを作る手順

画面下部のメニューから「その他」のアイコンを押します。

グループ

参考:マネーフォワード

グループ」の項目を選ぶと画面右上に「追加」の文字が出るので、そこを押してください。グループの作成画面が開きます。

グループの作成

参考:マネーフォワード

グループ名」の欄にはわかりやすい名前をつけましょう。ここでは「貯金専用」とつけてみました。

集計期間の設定」と「設定日が土日祝日の場合」の欄は初期状態のままで構いません。

口座に紐づかない手入力データの扱い」は余計な資産データが入ると貯金の管理が複雑になるので、オフにします。

グループに含める口座」の選択では、今回新しく作る「貯金専用」グループで管理したい収支の種類を選びます。先程作っておいた財布の「自分の貯金箱」にチェックを入れてください。

最後に「完了」を押せば、グループの作成は終わりです。

グループを切り替えるには?

画面下部のメニューから「その他」を選びます。画面にあるグループの部分を押して、表示させたいグループ名にチェックを入れましょう。

無料ユーザーだと新しく作れるグループは1つだけです。有料ユーザーになれば複数のグループを作れます。

貯金の収支を入力しよう

貯金したとき・貯金を使ったときの金額を、「自分の貯金箱」へ入力する方法です。

画面下部のメニューから「入力」のアイコンを押してください。「支出」と「収入」の項目があります。

入力画面

参考:マネーフォワード

画面右上には「振替」と「レシート」という項目も存在しますが、今回は使いません。支出と収入の2つを使い分けてみましょう。

貯金するときの入力方法

300円を貯金する場合」で説明してみます。

貯金箱へお金を入れるわけですから、該当する項目は「収入」です。

続いて、「自分の貯金箱」へ金額を加算するための設定をします。「入金先」と書かれたお財布のアイコン部分を選びます。

入金元

参考:マネーフォワード

自分の貯金箱」が表示されます。そこにチェックを入れたら設定は終わりです。

300円を加算するには金額の部分を押します。画面のキーボードで300と打ち込んでください。

これで自分の貯金箱の残高に300円が足し算されます。ホーム画面に戻ると、資産総額が増えているはずです。

カテゴリをつけてみる

必須ではありませんが、入力の際にカテゴリをつけると管理しやすくなるでしょう。

入力画面の金額の下を見ると初期状態では「未分類」になっていると思います。この部分を押すと「給与」や「一時所得」などのカテゴリ一覧が登場します。

あらかじめ用意されている一覧の中から選んでも構いませんが、貯金であることをわかりやすくするためにオリジナルのカテゴリ名を追加してみましょう。

カテゴリ一覧の画面下部にある「カテゴリ追加」を押します。

カテゴリ一覧

参考:マネーフォワード

カテゴリを追加」の画面で、キーボードを使って好きなカテゴリ名を入力します。

仮に「貯金した」というカテゴリ名にするとして、入力が終わったらOKを押しましょう。

新しく作ったカテゴリ「貯金した」がカテゴリ一覧に登場します。それを選べば完了です。

貯金を使った場合の入力方法

入力で「支出」を選び、先程の収入と同じ流れで作業を進めてください。

あらかじめ用意されているカテゴリ一覧には、食費・日用品・交際費などの項目がずらりと並んでいます。

カテゴリ一覧

参考:マネーフォワード

貯金を使った目的に合わせてカテゴリを選びましょう。「缶ジュースを買うために貯金を使ったなら、カテゴリを食費にする」といった感じです。

支出でも収入と同じく、自分の好きなカテゴリ名を追加できます。

カテゴリ一覧の中から当てはまりそうな項目を選んでみてください。その画面の最下部に表示される「カテゴリ追加」の部分を押し、追加作業を行います。

収支の記録を訂正・消去したい場合

アプリに入力した収支の内容が間違っていて訂正したい、記録を消したいという場合の対処法です。

画面下部のメニューから「口座」を選びます。

自分の貯金箱」を選ぶと、利用履歴に支出と収入の記録の一覧が表示されます。

利用履歴

参考:マネーフォワード

変更したい項目を押すと、金額やカテゴリなどの詳細が見られるので該当部分を訂正してください。「明細を削除」から今選択中の記録を消せます。

MY通知の情報を消す方法

ここまでの説明のとおりに操作することにより、マネーフォワードで手軽に貯金の管理ができます。

ただ、マネーフォワードのスマホ版アプリには少し気になる部分があります。他の金融機関や資産のデータをアプリにたくさん取り込んでいると、グループ分けをした状態であってもMY通知の画面で別グループの収支の内容が表示されてしまうところです。

貯金専用のグループを選んでいるのに、カードの引き落しや銀行口座の入出金などの詳細がその都度表示される感じです。人によってはこの通知が煩わしく感じるかもしれません。

MY通知を消すには画面下部のメニューから「その他」を選んだ後、設定のプッシュ通知の項目で表示の切り替えが可能です。「MY通知をカスタマイズ」から表示させたくない内容をオフに切り替えてみてください。

また、MY通知に表示されている詳細の「」の部分から直接「このお知らせは通知しない」を選んでも非表示にできます。試してみましょう。

MY通知を非表示にすると選択中のグループに関係なく、全ての画面で設定の変更が適用されます。

貯金を増やすには?

家計簿アプリで貯金するためにはお金が必要です。お金を集める一つの方法として、生活費の節約があります。

生活費でお金が残らない…節約できそうなものをピックアップ

上の記事に節約できそうなものをまとめていますので、参考にしてください。