普通の人でもできる?株式投資を始めるために必要な金額

札束

株式投資をしている投資家に対する一般的なイメージって、どんなものでしょう?

金ピカの指輪をたくさんつけていたり、自宅のガレージに高級外車が並んでいたり。

とにかく、ものすごいお金持ちのイメージが強いかもしれません。

実のところ、大金持ちでなくても投資家になれます。5000万円とか1億円とか、そこまでの大金を持っていなくても構いません。

株式投資はお小遣い程度の金額から始められるくらい、わりとハードルが低い世界でもあるんです。

最低限どのくらいのお金がいるのか?

「小遣い程度の金額から始められる」と言われても、人によって想像する金額は違うでしょう。

本当は100万円くらいいるんじゃないか?いや、500万円くらいなど、高い金額を想像する人がたくさんいそうです。

ところが、もっと低い資金でも参加できるのが株式投資の世界なんですね。

1万円あれば購入できる株だってあるくらいですから。購入方法によっては、もっと少ない金額で様々な企業の株を買えます。

株式投資はなにも大金持ちだけしか参加できないような、狭い世界ではありません。

ごく普通のサラリーマン、主婦やお年寄りだって参加できる、開かれた市場なんです。

ほしい株の購入資金を用意する

100万円なんて大金を持っていなくても株式投資はできます。

但し、市場で取引できる株はそれぞれ価格が違うことを忘れないでください。

仮に「おひさま製薬」という株式会社の株があったとしましょう。この株を購入したいなら「おひさま製薬の株価」をチェックします。購入に必要な金額が5万円だった場合、おひさま製薬の株を保有するには5万円以上の資金を準備します。

手元の資金が2万円だとしたら、残り3万円のお金を頑張って用意します。

もしくは、おひさま製薬の株を諦めて2万円以下で買える別の株を探すしかありません。

このように株式投資は少ない資金で始められるものの、ほしい株を購入するには資金力が必要になります。

資金力があればあるほど、購入できる株が増えてきます。5万円と30万円の資金を比べれば、圧倒的に30万円のほうが買える株が多く、好みのものを選ぶ余裕が生まれます。

1000円の株価なら1000円で買える?

各社が発行する株は市場で「銘柄」とも言われます。

「ぐるなび」「任天堂」「ソニー」などといった株が市場にありますが、これらの株の名前を指す言葉が銘柄だと思えば良いでしょう。

いろんな銘柄の株価を見ていると800円とか1200円とか、意外に安いものがたくさんあることに気づきます。

実在の銘柄として、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)の株価を見てみましょう。2018年7月31日時点で約689円の株価です。

「大手銀行の三菱UFJの株が700円程度で買える!これなら株主になれる!」などとあなたは喜ぶかもしれません。

しかし、700円では三菱UFJの株を購入できません。

例外あり
「単元未満株」という取引方法を利用すれば買える場合もあります

にんにく 1個と1片100株も買えない人へ。単元未満株なら少額で株式投資を始められます

今回の記事では標準的な株の買い方で説明するために、「購入できない」として進めて行きます。

なぜかと言うと、各銘柄には売買に必要な株数が決まっているからです。

三菱UFJを購入するには100株単位の注文が必要です。なので、100株・200株・600株などの100株刻みで注文を出さなければ取引できません。

2018年7月31日の時点で689円の価格がついている三菱UFJの株を買う場合、100を掛け算して「6万8900円」が最低でも必要です。これに手数料が加わりますので、もう少し多めに資金を用意しなければならないでしょう。

用意する資金の目安として株価だけでなく、各銘柄が決めている株数の単位をよく調べてください。

大きく儲けるなら資金力がいる

株式投資の場合、少ない資金だと稼げる金額もあまり多くを期待できません。

株価に保有株数を掛け算したものが、保有銘柄の現在の価値です。

株価が上がると掛け算的に価値が上昇するので、たくさんの株数を持っている人ほど少ない値動きでも大きく儲けられます。

この点が、株式投資の世界で資金力の大きい投資家ほど有利に働く理由です。

投資に使う金額が少ないからこそ得られるメリット

少ない資金から始めるとあまり保有銘柄の価値が上がらず、イライラするかもしれません。

ところが、資金の少ないことが必ずしも「悪」とは言えないのが、投資の面白い部分です。

投資する金額が少ないほど、大損するリスクを下げるメリットがあります。

あえて少ない資金に抑えて、お小遣い稼ぎをする感覚で安全に株式投資を行うのも一つのやり方です。