初心者でも迷わない資金が少ない人のための証券会社選び

ビル

株で投資を始めるには、証券会社で自分の口座を作ります。

証券会社を利用するだなんて、お金のない自分は断られそう」と思うかもしれませんね。

でも大丈夫。証券会社は庶民にとって意外と身近な存在なんです。銀行口座を作るレベルと対して変わりません。

但し、証券会社の選び方を間違えないようにしてください。適当に選んでしまうと費用がかかりすぎて株式投資の儲けを減らす恐れがあります。

口座を作り終えてから後悔しないよう、注意しましょう。

おすすめはネット証券

あまり資金力がない人なら、ネット証券を選ぶのが断然おすすめです。理由は、お金を節約しやすいからです。

せっかく株の取引で利益を得ても、その取引を成立させるための費用が多額になれば利益が減ってしまいます。これでは資産運用の効率が下がって、お金を増やすチャンスを逃してしまいます。

大金持ちの立場ではない一般の投資家の場合、手持ちの資金が少ないので取引回数を増やさなければ資産が増えにくい、弱い立場です。

そんな立場の投資家にとって、少ない費用で何度も取引できるネット証券の存在はとても頼もしく見えるはずです。

証券会社の種類

一般の人が利用できる証券会社は、大きく分けて2種類が存在します。「総合証券」と「ネット証券」です。

総合証券

実店舗型の証券会社です。全国もしくは一定の地域に店舗を構えているタイプで、俗に総合証券と呼ばれます。

「野村證券」「大和証券」「SMBC日興証券」「みずほ証券」など、テレビコマーシャルなどで一度は名前を聞いたことのある、有名な証券会社のほとんどが総合証券に含まれます。

ネット証券

実店舗にあまり力を入れておらず、ほぼインターネットを使った取引や問い合わせ、手続きに応じます。ネット銀行やオンラインバンキングと似たようなサービスだと思ってください。

「SBI証券」「楽天証券」「GMOクリック証券」「松井証券」「マネックス証券」などが存在します。

ネットで取引するタイプの証券会社とあって、住んでいる地域に関係なく全国どこからでも利用できるのがメリットです。

ネット証券は手数料が安い

総合証券に比べ、圧倒的な手数料の安さを誇るのがネット証券の魅力です。

株式投資未経験の人からすれば「手数料?」などと首を傾げたくなるかもしれません。実は株を購入する時に必要な資金は、その銘柄の価格のみではないんです。

100株単位で1000円の銘柄(株)を購入する場合、10万円が必要です。しかし、ここでいう10万円は銘柄の代金のみを計算した結果でしかありません

この10万円に証券会社が受け取る手数料が上乗せされます。

株の売買において証券会社の立場はあくまでも仲介業です。投資家と証券取引所の間に入り、売買の手続きを行ってくれます。その手間に対する報酬が手数料なんですね。

ネット証券の手数料を見てみましょう。

1銘柄の売買代金が20万円程度まで100円前後、50万円程度までが300~400円前後が一般的な水準です。

一方の総合証券の手数料はどうでしょうか。

1銘柄の売買代金20万円程度の場合で2000円~3000円近くかかります。驚くことに、ネット証券の水準より10倍以上も高いんですね。

総合証券でもネット取引なら安い

とんでもなく手数料の高い総合証券ですが、総合証券でもネット取引(オンライントレード)のサービスを利用すればネット証券並みに手数料を安くできます。

ただ、それでもネット証券の安さには及ばない感じがします。

ネット証券なら売買代金が高くなっても1000円や2000円程度の手数料の安さをキープしてくれますが、総合証券のネット取引では売買代金が高くなると手数料が軽く数万円を超えてきます。

手数料が高くなればなるほど株式投資で手数料以上の儲けを叩き出さなければならず、投資の難易度が上がります。

資金力が少ないほどこのデメリットによる影響を強く受けますので、格安なネット証券を選びたいところです。

総合証券はスタッフの対応が売り

ネット証券よりも総合証券の手数料が高くなるのは、サービス内容が手厚いからです。

スタッフが対面や電話で対応してくれるため、投資のことがわからない人でも安心して取引できる魅力を持っています。

ネット証券は手数料が安い代わりに、利用できるサービスは最低限の内容にとどまります。対面で相談してくれるところはあまりなく、ネットで問い合わせるのが基本です。

ただ、手厚いサービスを受けるために手数料を払うべきかどうかを考えると、一定以上の資金力を持つ投資家でなければ旨味がないと思います。総合証券はお金持ち向けでしょうね。

少ない資金で株を始めるならネット証券が最適

あなたが資産家なら、総合証券を選んでも良いと思います。ただ、収入や貯金が少なく、あまり投資にお金を回せない立場であるなら迷わずネット証券を選びましょう

投資家にとって痛い出費になりがちな手数料をネット証券で大幅に抑えつつ、株式投資でコツコツと資産を増やす方法にチャレンジしてみてください。

パソコン操作【株式投資の準備】ネット証券の口座開設に必要なものと注意点