インデックスファンドで始める投資信託なら低リスクで安心

株価指数

投資信託ならプロの運用会社に任せられるので、資産管理がとても簡単。これから投資を始める人にぴったりの金融商品です。

そんな魅力を感じて投資信託を始めようといろんなファンドを調べたものの、種類が多くてそれぞれの特徴もよくわからない。購入の決心がつかないなんてこともあるでしょう。

もしそうならとりあえず、「インデックスファンド」を選んでみてはどうでしょうか?

投資信託のリスクを抑えながら、より簡単に資産管理をしたい投資家さんにおすすめのファンドです。

インデックスファンドは特徴をあらわす言葉

投資信託にはたくさんのファンドがあって、その中から投資したいもの選んで購入します。それぞれのファンドの特徴を大まかに分類する場合に、この「インデックスファンド」の言葉が使われます(「パッシブファンド」とも呼ばれます)。

インデックスファンドという特定の商品が販売されているわけではありません。同じ特徴を持ったファンドをまとめて、インデックスファンドと呼ぶのだと覚えておきましょう。

また、インデックスファンドとは違う特徴を持った分類をあらわす言葉として、「アクティブファンド」というものがあります。

投資信託で扱われるすべてのファンドは、このインデックスファンドとアクティブファンドのいずれかに当てはまるんですね。

なぜインデックスファンドが扱いやすいのか?

目安となる値動きのわかりやすさが主な理由です。「指数」と呼ばれる目安(指標)を使っています。まず指数について知りましょう。

有名な指数に連動して価値が変化

インデックスファンドは特定の指数を基準に運用しています。

投資関係だと、日経平均株価が一番有名でしょうか?テレビのニュースで毎日のように日経平均株価が伝えられますが、あれこそが株式投資の一つの指標なんです。

日経平均株価は東京証券取引所(東証)の一部に上場している、特定銘柄の株価の平均をあらわした指数です。株式市場でその特定銘柄の売買が行われて株価が変動すれば、それに応じて計算しなおし、日経平均株価が上下します。

この指数の動きに合わせて運用するのがインデックスファンドです。つまり、指標に日経平均株価を利用しているファンドを保有していれば、その指数に連動するかたちで価値が変化します

日本国内の代表的な指数をご紹介しましょう。

  • 日経平均株価:東証一部上場銘柄から225銘柄を選び出し、平均値をあらわしたもの。
  • TOPIX:東証一部に上場する、すべての銘柄の時価総額を参考に指数化したもの。
  • JPX日経400:東証一部・二部・JASDAQ・マザーズ上場銘柄から選ばれた400銘柄を参考に指数化したもの。
  • 東証REIT指数:東証に上場する不動産投資信託を参考に指数化したもの。

(「時価総額」とは、個別銘柄の株価に発行株数を掛け算したものです。)

これらの指数はほんの一部です。他にも、海外の株価や金などの投資向け金融商品を対象に指数化したものが存在します。

指数さえ見ていれば価値の上げ下げがわかる

インデックスファンドを購入した場合、価値の上げ下げを参考にするものが1つの指数だけで済みます

日経平均株価に連動するファンドなら日経平均を、TOPIXに連動するファンドならTOPIXの値動きを見るだけで今の状況を簡単に把握できるんですね。

アクティブファンドだと、こうはいきません。運用会社が独自に導き出した株式の銘柄や、その他の金融商品で構成されたファンドだからです。

独自性が高いため、投資家がアクティブファンドの価値を細かく分析するには困難を極めます。

分析して資産価値を下げるような要因があるなら、そのファンドの購入をやめる、すでに保有中なら手放す覚悟を決める必要も出てくるでしょう。しかし、分析自体ができないとこれらの判断がしにくくなるのは当然です。

日経平均やTOPIXのような指標なら、証券会社や新聞、ニュース、インターネットなどで広く公開されています。

基準になるものをチェックしやすい上に、指数の計算に使われる銘柄や商品の数がとても多くまんべんなく広がっています。そのため指標の大まかな特徴を知るだけで良く、中身を細かく調べる必要がありません。

インデックスファンドが低リスクである理由

平均的な指数に連動するため、値動きの幅の狭さがポイントです。

基本的に投資信託は、複数の株式や債券などの投資向け金融商品をパッケージ化しています。組み込まれている一部の商品が暴落しても、他の商品でカバーできるリスクの低さを持っています。

インデックスファンドで採用される指数は、株式や債券、不動産、金や原油といった商品取引などを扱う、大きな市場の状況を誰が見ても理解できるように数値化したものです。

すべての指数に当てはまるわけではありませんが、一般的に偏りが少なくなるよう調整しながら銘柄や商品を集めて構成しているものが目立つ感じです。

平均的な結果になるため、リスク商品の影響に引きずられにくい性質を持っています。暴落時のダメージが少なく済む可能性が高いんですね。

一方のアクティブファンドですが、リスクを取って指数よりも高パフォーマンスの運用を目指す商品です。やや偏りのある商品をパッケージ化しています。

指数と連動するファンドよりも、価値が大きく上がる可能性を秘めているのが強みです。

しかし、暴落時には値動きの幅が広くなりやすく、大ダメージを受ける危険をはらんでいます

アクティブファンドに比べて大ダメージを受けにくいインデックスファンドなら、万が一のときでも資産を守りやすいと言えるんですね。

信託報酬の低いファンドが多め

インデックスファンドの多くで、アクティブファンドよりも運用会社に支払う信託報酬が低く設定されています。すでに存在する指数に連動しますので、運用会社が独自にファンドの構成を考える手間が少ないからです。

おかげでファンドを保有するコストを抑えられ、効率よく資産を増やせるでしょう。

人気が高まっているインデックスファンドで資産を守る

近年は投資大国のアメリカでも、リスクの高いアクティブファンドからインデックスファンドへ資金が流れる傾向が強まっています。

アクティブファンドのすべてが悪いわけではありません。

しかし、できる限り資産を守りながら投資したいのなら、比較的低リスクなインデックスファンドを選ぶのが無難でしょう。資産や知識の少ない人ならなおさらです。

どのインデックスファンドを選ぶか迷っているなら、とりあえず国内指標で代表的なTOPIXに連動するファンドがやりやすいと思います。大幅な値上がりはそこまで期待できないものの、値下がり幅も狭く、安心感があります。信託報酬が低いものばかりなのも魅力ですね。