電気代を今より安くしたいなら電力会社を乗り換えてみては?

電気の無駄遣いをやめる・エコ家電に買い替える方法を実践すれば、電気代を減らせます。

生活費を節約できるというメリットを持つ一方でデメリットもあるため、これらの方法だけに頼り切るとすぐに限界を感じてしまうかもしれません。

そこで別の節約方法としておすすめなのが、今契約中の電力会社を乗り換えることです。

ずっと昔から、同じ電力会社と契約していませんか?別の電力会社に変更するだけで、ほとんどコストをかけずに今よりも電気代を節約できる可能性があることを知りましょう。

今回の記事では電力会社を乗り換えるメリットと、注目したいおすすめの電力会社について、ご紹介します。

「電力自由化」を利用して節約する

数年前から「電力自由化」の言葉をよく耳にしませんでしたか?

なんとなく言葉を知っているけど、内容はよくわからない。自分には関係なさそう。

そんなイメージを持っている人は多そうですね。電力自由化の内容は誰でも理解できるほど、とても簡単です。電力会社の乗り換えによる節約で深く関わりますので、基本的な内容を覚えておきましょう。

自由に選べなかった電力会社

「電力自由化」とは2016年4月から始まった制度で、契約する電力会社を利用者本人が自由に選べるという内容です。

2016年3月以前は、利用者の自由な判断で電力会社を選べませんでした。東京電力・中部電力・関西電力などの各地域に存在する、大手電力会社と契約する以外に選択肢がない状態だったんです。

東京電力のエリア内に住んでいれば、強制的に東京電力と契約を結んで料金を毎月支払います。関西電力はエリア外ですから、契約できません。逆に関西電力のエリア内に住んでいるなら、東京電力と契約できません。

電気の契約は今までずっとこの体制が維持されていました。ところが、2016年4月に始まった電力自由化によってガラリと内容が変化したんです。

あなたが住んでいるエリアに対応していることが条件になりますが、今なら利用者の自由な判断で好きな電力会社と契約できます。もう地元の大手電力会社と強制的に契約する必要はありません。

自由化でサービスが向上

電力自由化がスタートすることにより、新規参入の電力会社が増えました。それぞれの電力会社の強みを活かして、割引サービスやポイントサービスを充実させています

大手電力会社と強制契約だった時代は電力会社同士の競争がなかったので、利用者にとってお得感のある魅力的なサービスがあまりない状態でした。しかし、自由化で新規参入の電力会社が増えれば利用者を獲得するために、各会社が他社よりもお得なサービスを打ち出す努力を始めます。

このおかげで今までよりも電気を安く・お得に利用できる可能性が高まったんですね。電気代を節約したいなら、積極的に自由化を活用するのがお得だといえます。

節電やエコ家電にはないメリット

家電をつけっぱなしにしなければ、電気を消費しませんので電気代は安くなります。しかし、家電を全く使わないわけにはいきませんので、あまり大きな節電効果を得られないのがデメリットです。

エアコンや冷蔵庫など、省エネ効果の高い最新のエコ家電に買い替えれば、今までよりも電気代が安くなるでしょう。ところが最新家電へ買い替える際の購入コストがデメリットになります。

本当に節約できてる?エコな家電の買い替え効果と失敗について

これ以上の節電は無理、数万円~数十万円もするエコ家電は導入コストがかかりすぎると感じる一方で、電力会社の乗り換えは簡単です。

今よりも電気料金がお得な電力会社に替えればよいだけです。導入コストはほとんどかかりません。大掛かりな工事が必要ないからです。ネットで手続きをするだけで、素早く電力会社の乗り換えが完了することだってあるくらいです。

電気の質は今までと変わらない

新規参入の電力会社だと、きちんと自宅に電気が送られてくるか心配になりますよね。しかし、どこの電力会社と契約しても大手電力会社の送電設備を使って各家庭に電気を送りますから、今までよりも不便になるようなことはありません。単に契約する電力会社が変わるくらいですので安心しましょう。

乗り換えにおすすめ・注目の電力会社

個性的でお得なサービスを提供している、電力会社をピックアップしてみます。あなたの地域で利用できる電力会社があったなら、乗り換えを考えるきっかけにしてみましょう。

Looopでんき

ここがポイント
  • 基本料金が0円!

電気代が安くなると口コミで評判の電力会社です。水力発電・風力発電・太陽光発電などの再生可能エネルギーを中心に電気を作ります。それから各家庭に供給するため、従来の火力発電や原子力発電に比べて輸入や設備のコストを低く抑えられます。コストが下った分を利用者に還元して、割安な電気代で済む仕組みだから安いんですね。

他社でかかる基本料金が一切無料。主に気にするのは従量料金くらいなので、ムダに電気代を払わなくてよい魅力があります。

再生可能エネルギーは火力や原子力に比べると、供給力やコストの安定性にやや不安があります。しかし、Looopでんきならいつでも解約が可能で、解約の際には違約金を請求されません。気軽に乗り換えられるのがメリットです。

対応エリア
北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・九州電力

H.I.S.でんき

ここがポイント
  • 電気代が5%割引
  • 一定の時間帯に従量料金が無料になるコースあり

旅行会社大手の電気です。一般家庭向けの料金が5%割引という、シンプルでわかりやすい安さを実感できるのがメリットでしょう(関西電力エリアは割引内容が異なります)。割引とは別に、一定時間帯の従量料金が無料になるママトクコースが用意されています。19時~21時、もしくは6時~8時まで無料になるプランの2種類です。

ママトクコースは基本料金が高くなるものの、一定時間帯に集中して電気を使う場合に電気代を抑えやすいのが特徴です。一人暮らしや共働きなどを理由に、日中はほとんど自宅の電気を使わない家庭にとってお得感が高いと思います。

対応エリア
沖縄県・離島以外の全国

H.I.S.でんきの一般家庭向けの申し込みは30A以上からです。20A以下は受付を終了しています。

中部電力

ここがポイント
  • 独自ポイントが貯まる!
  • 自社&他社のポイントで電気代を払える

中部電力は新規参入の電力会社ではありません。しかし、自由化の影響でお得なサービスを続々と打ち出しています。

今現在、中部電力で契約していて

「他社に乗り換えるのはまだ早い」

「今のままで良い」

と考えている人だって大丈夫です。昔から利用している家庭でもお得を実感できるように配慮してくれています。

「カテエネ」という会員サービスに登録すれば、毎月の電気料金に応じてポイントを貯められます(2018年3月からスタート)。電気料金以外でもポイントを貯められるシーンが複数用意されていて、お得感がいっぱいです。登録はとても簡単・短時間で済みます。メールアドレスと電気の検針票を用意して、公式サイトから手続きしてみましょう。

独自ポイントだけでなく、他社のポイントで中部電力の料金を支払えるのが便利です。TポイントやJALのマイレージ、三井住友カードなどのポイントが使えます。他社のポイントが貯まっていて使いみちがない状態でも、電気料金の支払いに使ってしまえばムダがなくなります。

ずっと中部電力を使っているのにポイントが貯まる方法を知らないままだと損をします。この機会に会員手続きを済ませておきましょう。

今の電気代と比較しよう

電力会社を乗り換える際には、電気料金のシミュレーションを行っておきましょう。多くの電力会社のサイトでシミュレーション機能を設置しています。今の電気料金と比較して、本当にお得になるかどうか調べてみてください。

他にも個性的な気になる電力会社を見つけたなら、今回の記事に追加する予定です。