クレジットカードで節約に失敗する相性の悪い人とは?

お金が飛ぶ

現金よりもお得に買い物ができるクレジットカード。なのに使うのをためらっている人が大勢います。

日本は現金主義な人が多いので、カード払いに対して「お金を使いすぎる」という、怖いイメージを抱いている傾向が強いですよね。

クレジットカードで浪費してしまう人がいるのは確かです。とはいえ、クレジットカードを使うと現金よりもお得に買い物できるのは本当ですし、存在を無視するのはもったいない気がします。

一体どんな人がカード払いで失敗するのか?

あなたの行動や考え方とこれから紹介するポイントを照らし合わせながらクレジットカードを使うべきか、判断してください。

クレジットカードと相性の悪い人の行動と考え方

お金が少しでもあれば使ってしまう

お財布や銀行口座の残高に余裕があれば、ありったけ好きなものを買ってしまうタイプです。

いわゆる浪費家タイプで、クレジットカードを持つと支払いの便利さにすっかり魅了されてしまい、お金を使いすぎるリスクが高いでしょう。

クレジットカードはローンとよく似ていて、カード会社が本人の代わりに商品代金を払ってくれている状態です。また、カードには限度額があります。手元に現金がなくても、カードの限度額がいっぱいになるまでいくらでも支払いに使えてしまうのが厄介です。

返済できるからといってつい限度額いっぱいまで毎回使いすぎてしまえば、なかなかお金を貯められないどころか、いつの間にかお金が減っている状態になる恐れがあります。

お店に可愛いブランドバックや靴が並んでいるとすぐ飛びついてしまう、最新技術が搭載された高額な家電が発売されたら買いに走るなど、我慢できない性格の人は要注意です。

カードの残高を見てみないふりをする

お財布に入っているお金であれば、お札や硬貨を数えるだけであといくら残っているのかわかります。

支払いにクレジットカードを使うと、利用した金額が積み重なります。この積み重なった利用金額が残高です。

カード会社へ支払う金額なので、必ず明細書を見て、残高を確認しなければなりません。残高を毎回見ている人ならまだ良いのですが、明細書を見ていながら見ていないフリをする人がいます。

このような人は浪費している事実を無意識に避けようとします。浪費をやめようと思っていても、更に浪費を重ねてしまうタイプです。これではお金を節約できません。

手元に現金がなくても支払いができるクレジットカードを持てば浪費癖がますますエスカレートしますので、現金払いのほうが向いています。

ポイントを貯めることが目的になってしまう

浪費家というほど大げさではありませんが、ポイントを貯める目標に執着しすぎて、知らないうちに損をするタイプの人です。

スーパーが発行しているポイントカードがあったとしましょう。

「特定の商品を買うと通常よりたくさんのポイントをもらえる」

「毎月水曜日はポイント5倍!」

などのセール品や広告を見かけたなら、お得だと思って買いたくなるのは普通です。

しかし、ポイントがたくさん貯まるからといって、余計なものまで大量に買い込んでしまう癖がないでしょうか?

余計なものを買い込んでしまうとポイント以上にお金を使ってしまうので、結果的に損をします

クレジットカードがお得なのは、支払額に応じてポイントをもらえることです。カードのポイントを貯めるために支出が増えがちな人だと失敗してしまうでしょう。

リボ払い・分割払いが癖になっている

買い物をするときに、ついリボ払い(リボルビング払い)や分割払いを選んでいませんか?

クレジットカードはもちろんのこと、カードローンやキャッシング、カードを使わないショッピングクレジットで、リボ払いや分割払いが当たり前になっている人は少し危険です。

たまに利用するくらいならそこまで心配する必要はありません。しかし、少しの金額でも支払いを先延ばしにする癖がついていると、残高ばかりが膨らんでしまいます。

「今はお金がないけど、少しずつ返済すれば大丈夫」

いつもこのように考えてしまう人だと、クレジットカードで節約する方法は難しいかもしれません。

節約に失敗するのはクレジットカードが悪いから?

クレジットカードがあるから浪費すると決めつけるのは正しくありません。

浪費家の考え方がカード払いの一部の特徴とマッチしてしまい、お金を使いすぎるのが原因です。

カード払いと相性が悪い」、というより「カード払いによる節約方法と相性が悪い人になりますね。

浪費しやすい人は現金でも、銀行振込でも、同じようなお金の失敗をやりがちです。クレジットカードを持っていなくても、銀行の預金口座やカードローンでお金を借りてしまうでしょう。

元々そこまで浪費をしない人であれば、クレジットカードで失敗する危険は低いかと思います。

お金を使いすぎてしまうか、そうはならないかは実際にクレジットカードを使ってみないとわかりません。あまり神経質にならず、利用してみましょう。

使ってみて危険だと感じたなら、カード払いをやめたり解約したりするだけで解決できます。

クレジットカードで失敗しない使い方を知ること

クレジットカードを安全に使うなら、予め失敗しない知識を身につけておきましょう。

使い方さえ間違えなければ、あなたにたくさんの恩恵をもたらしてくれるはずです。

レジで支払い怖がらずに済むクレジットカードで節約するための安全な使い方 クレジットカード節約に使える年会費永年無料のクレジットカード3選