クレジットカード生活でお得に節約上手!実現させるための選び方のヒント

カードを持つ女性

生活費の支払いに使うだけでお得なポイントが貯まる、節約に必至のアイテムがクレジットカードです。しかし、いざカードを作ろうとしても、世の中にはいろんな種類のカードが溢れていて、これぞと思うものを厳選するのは大変です。

どのようなカードを選んだら、少しでも節約の手助けになるのか?たくさんのポイントを貯められるのか?

ヒントになりそうなチェックポイントをいくつかご紹介します。最良のクレジットカード選びのヒントにしてみましょう。

年会費無料のクレジットカードを選ぶこと

クレジットカードを使い続けるには、カード会社へ年会費を支払います。

でも、カードを持っているだけで数千円~数万円の年会費を取られるのは少し損をした気持ちになりますよね。年会費の支払いでポイントは付きません。ただお金が減るだけ。節約の妨げになるだけです。

節約を目的にクレジットカードを使いたいなら、年会費が一切かからないカードを選びましょう。余計な支出を避けることができます。

条件付きの年会費無料に注意!

ちまたには「年会費無料!」と、アピールしているクレジットカードがたくさんあります。

この手のカードを選べば年会費を支払うことなく安心して利用できると思ってしまいがちですが、年会費無料が条件付きになっているカードの存在に気をつけてください。

条件付きで年会費無料というのは、カード会社が決めたルールをクリアできた利用者だけに認められる特典です。

例として、年会費無料の条件には以下のようなパターンがあります。

  • 年間○万円以上のカード利用で翌年の年会費が無料
  • 指定の店舗で年○回、カードを利用すれば翌年の年会費が無料

年間50万円の利用が条件のクレジットカードがあったとします。年間51万円なら、翌年の年会費が無料なので問題ありません。ところが年間49万円だと、条件を満たせず翌年の年会費を請求されてしまいます。たった1万円しか足りなくても、ルールはルールです。

条件のない年会費無料のクレジットカードであれば、このような心配はありません。年間のカード利用が1万円だったとしても会費を請求されずに済むんですね。事情があってクレジットカードを使わない状態が1年間続いた場合も同じです。支払いのことを気にせず、安心してずっと持っていられます。

条件付きではないカードの探し方として、「年会費永年無料」とアピールしているものを目安にしてください。

永年というのは、「年会費無料の特典はこの先ずっと続きますよ。終わることがないですよ。」と言っているようなものだからです。

節約しやすいカード選びの重要なポイントです。必ず覚えておきましょう。

無料の条件が簡単なカードなら対策しやすい

とはいえ、年会費永年無料のクレジットカードだと種類が限られます。条件付きで年会費無料になるクレジットカードを、どうしても作りたくなることだってありますよね。かといって、年会費が高すぎれば節約生活に支障をきたします。

この問題の対策として、条件付きで年会費無料になるクレジットカードの内、条件をクリアするのが簡単なものを選ぶ方法が使えそうです。

  • 年1回以上のカード利用で、翌年の年会費が無料
  • 特定の店舗で年間1回でもカードを利用すれば、翌年の年会費が無料

上のような条件なら金額に関係なくカードを1回使うだけなので、誰でもクリアできると思います。年間50万円以上といった条件に比べたら、遥かに低い難易度です。

ランクの高いカードを無理に選ばなくてもよい

ここでいうランクの高いカードとは、ゴールドカードプラチナカードなどと呼ばれるクレジットカードを指します。

絶対ではありませんが、ごく一部の人を除き、ランクの高いカードを持っていても節約につながりません。理由は年会費が高いからです。一般的なクレジットカードで十分だと思います。

せっかくポイントが貯まっても高額な年会費でお得感が帳消しになったり、マイナスになったりする恐れがありますので、ランクの高さに惹かれてカードの選択を間違えないようにしてください。

ランクの高いカードでお得になる人もいる

生活スタイルによっては、普通のカードに比べてゴールドカードやプラチナカードを選んだほうがお得なパターンも存在します。

ランクの高いカードは普通のカードに比べて2倍やボーナスなど、より多くのポイントをもらえるものが目立ちます。

年間数万円もするような年会費をポイントで回収できるほど、支出の多い人に向いています。または、空港ラウンジや高級ホテル、高級レストランなどをよく利用する人も、ランクの高いカードを持ったほうが何かと便利でしょう。

高額な保険金を受け取れる国内旅行もしくは海外旅行向けの障害保険が付帯されたカードが多く、海外で怪我や病気を理由に治療を受けた後、莫大な治療費を請求されても耐えられます。

その他にも、宿泊施設・交通・手荷物配送などのサービスを優待価格で利用できるといった特典が、ランクの高いカードの多くに付いています。

一方、これらの生活と無縁な家庭の場合、無駄に過剰なサービスとしか映りません。年会費の安い、普通ランクのクレジットカードで十分です。

よく利用するお店と相性の良いカードを選ぶ

特定の店舗の支払いに使うことで、通常の2倍や3倍のポイントが貯まるクレジットカードがあります。ほぼ毎日や毎週のように、定期的に利用するお店が決まっている人がこのようなカードを持っていると節約効果が大幅にアップします。

この手のクレジットカードだと、「楽天カード」が有名です。楽天市場の支払いに楽天カードを使えば、通常ポイントに加えてボーナスポイントがたくさん付きます。他社のカードを使った場合と比べて、ポイントの貯まり具合に圧倒的な差が出てきます。

使いみちがあるポイントの交換先が用意されているか?

クレジットカード払いで貯めたポイントの使いみちを考えましょう。

「現金の代わりに使える」「商品と交換できる」

このようなカードなら支出を減らせるので、節約効果が得られます。

ところが、せっかくポイントが貯まったのに使いみちがないものだと、節約しようにもできません。利用する機会のないお店の支払いにしかポイントを使えなかったり、ポイント交換できる商品を見ても欲しいものがなかったりしたら意味がありませんよね。

よく利用する近所のお店やネットショップで使えるポイントを貯められる、クレジットカードを選びましょう。商品交換できるクレジットカードなら、よく使う日用品や家電、消耗品などの品揃えがあるかどうかを事前にチェックします。

全国共通の商品券や他社のポイントと交換できる、カードを選ぶのもおすすめです。利用できる店舗の幅が広がりますので、使いみちに迷わず済むでしょう。

ポイントの有効期限と条件

有効期限があまりにも短いポイントだと、支払いや交換ができないうちにせっかく貯めたポイントを失ってしまうリスクが高まります。

2年や3年などの有効期限が長め、もしくは期限なしのカードならポイントを貯めやすくなります。

また、条件を満たすことでポイントの有効期限を延長してくれるカードは便利です。1年以内にポイントを獲得すれば、最新の獲得日から1年間有効期限を延長するものがあり、これなら条件を簡単にクリアできます。

自分に合ったカード選びこそが大切

年会費無料やポイントの有効期限が無い・期限の長いクレジットカードは、ランクの高いカードに比べて付帯サービスが少なめです。しかし、年会費でお得感が失われたり、ポイントを貯めにくかったりするカードでは節約効果を得られません。

ご紹介したチェックポイントをよく理解してから、あなたの目指す節約と相性の良いクレジットカードを使いこなしてみましょう。

クレジットカード節約に使える年会費永年無料のクレジットカード3選