ポイントがたくさん貯まるクレジットカードならお得とは限らない

ポイント

支払った分の一部がポイントとして戻ってくるクレジッドカードはお金を節約したい、貯めたい人の味方です。

お金代わりに使える・商品に交換できるポイントがたくさん貯まれば貯まるほど、お得だと考えますよね。

しかし、ザクザクとポイントが貯まるクレジットカードであっても、実はそれほどお得になっていない場合があるんです

カードのお得度を確かめるなら「還元率」を見てください。

これから計算式が何度も出てきます。その辺はなんとなく理解するフリをしながら、読み進めて構いません。結果の部分を重視して読んでみてください。

お得なクレジットカードの条件「還元率」

還元率とは、クレジットカードで支払う金額に対して、どのくらいの価値を持ったポイントを獲得できるのかの基準です。

いくら使ったらどのくらい値引きされるか?節約できるか?」といった風に考えてください。

具体的な例をいくつかあげてみましょう。

100円で1ポイントが付くクレジットカードがあったとします。交換するときには1ポイント1円の価値です

100ポイント貯まっているなら、100円の価値ですね。100円の買い物をする際に100ポイントを消費してポイント払いにした場合、100円分お得に買えたことになります。

このクレジットカードを例にし、還元率を調べる計算式に当てはめてみましょう。

還元率の計算式
ポイントの価値 ÷ ポイントを貯めるのに必要な金額 = 還元率(%)

上の計算式に当てはめると以下のような結果になります。

1(1ポイント1円)÷ 100(100円で1ポイント)= 0.01

結果の0.01をパーセントに変換すれば、還元率が1%だとわかります。

続いて、100円で1ポイントが付くクレジットカードで、2ポイント1円の価値がある場合を計算式に当てはめてみます。

(1 ÷ 2)÷ 100 = 0.005

最初にポイントの価値を計算してから(1円÷2ポイント)、ポイントを貯めるのに必要な金額(100円)を割り算します。

結果の0.005をパーセントに変換すると0.5%です。0.5%の還元率であることがわかります。

200円で1ポイントが付き、4ポイント1円の価値を持つクレジットカードならどうでしょう?

(1 ÷ 4)÷ 200 = 0.00125

還元率は0.125%です。先程の2つの例に比べて、かなり低い数字になりました。

3つの例を比較すると、高い還元率のクレジットカードほどお得なことがわかります。

  1. 還元率1%=100円で1ポイント貯まり、1ポイントで1円の価値。
  2. 還元率0.5%=100円で1ポイント貯まり、2ポイントで1円の価値。
  3. 還元率0.125%=200円で1ポイント貯まり、4ポイントで1円の価値。

低い還元率の0.125%だと1円の価値を持つポイントを貯めるまでがあまりにも非効率で、魅力的に映りません。

もらえるポイントの多さだけで判断しない

100円の支払いで1ポイントもらえるより、倍の2ポイントや4ポイントもらえたほうが素早く多くのポイントが貯まり、お得感が増したように見えます。

支払額に対してもらえるポイントの割合のことを、「付与率」と言います。

100円で1ポイントもらえるならポイント付与率1%、100円で2ポイントもらえるならポイント付与率2%です。

しかし、このポイント付与率だけを基準にするのはよくありません

100円で1ポイントの付与率1%でも、1ポイント1円で交換できるクレジットカードなら

1 ÷ 100 = 0.01

1%の還元率です。

次に、100円で2ポイントの付与率2%で、4ポイント1円で交換できるクレジットカードを調べます。

100円で2ポイントもらえる部分は100を2で割って計算します。

(1 ÷ 4)÷(100 ÷ 2)= 0.005

結果は0.5%の還元率です。

  1. 付与率1%で還元率1%
  2. 付与率2%で還元率0.5%

両者を比較すれば、還元率1%のクレジットカードのほうがポイントの価値が高く、安く買い物できます

500円の商品券と交換するのに、還元率1%のカードなら

500(商品券)÷ 1%(還元率)= 50,000

5万円のカード払いで達成します。

還元率0.5%だと

500(商品券)÷ 0.5%(還元率)= 100,000

結果は10万円となり、倍のカード払いが必要です。

つまり、ポイント付与率がどんなに高くても、還元率が低ければお得にならないということです。

1ポイント=1円とは限らない

ポイントは必ずしも円と同じ価値ではありません。あくまでもポイントは数字でしかなく、お金とは違います。カード会社の基準によって価値が決められています。

1ポイントは1円だと思い込まず、1円の価値にするにはどのくらいのポイントを貯める必要があるのかで考えましょう。

ポイントを貯めるハードルの低いものを選ぶ

さて…、めんどくさい計算式がたくさん出てきましたね。

読んでいてうんざりした人もいるでしょうが、とにかくポイント付与率の高さより還元率の高さが大事なことをなんとなく理解できたと思います。

ならば高い還元率のクレジットカードを選べば大丈夫なのかというと、まだ油断はできません。還元率が高くても、ポイントを貯めるのが大変なカードには要注意です

貯めるのが大変なものとは、ポイントをもらえるまでのハードルが高いカードだと思ってください。

100円で1ポイントが貯まるカードよりも、1000円で1ポイントが貯まるカードのほうが、難易度は上です。

1000円で1ポイントの条件だと、1000円以上の買い物をしなければなりません。900円のカード払いなら、1ポイントも貯まりません。

また、1000円単位でポイントが貯まる仕組みなので、1400円のカード払いだと1000円未満の部分が無視されます。貯まるのは1ポイントだけです。

100円で1ポイント貯まるカードであれば、1400円のカード払いで14ポイントを貯められます。

目的の交換数までポイントを貯めるのに時間がかかれば、期限切れでせっかくのポイントが失効してしまうリスクを高めてしまいます。

高還元率でムダなくポイントの貯まるカードがベスト

お得にクレジットカードを使うなら、ポイント付与率より還元率の高さを重視してください。一般的なクレジットカードで比較すれば、1%以上あると高還元率だと評価されています。

加えて、ポイントの貯まる条件が厳しいものだと、交換できるポイント数に達する難易度が上がってしまうことを忘れないようにしましょう。

効率良くポイントを貯めて、より多くのお金を取り戻す生活に役立ててください。

クレジットカード節約に使える年会費永年無料のクレジットカード3選