節約に使える年会費永年無料のクレジットカード3選

クレジットカード

クレジットカードを節約に活かしたい・貯金を増やす助けにしたいと思う人に、扱いやすいおすすめカードを厳選してご紹介します。

年会費永年無料」「利用する機会の多い店舗でお得に使える」「ポイントを貯めやすい・使いやすい」の3つを基準に選んでみました。

あなたの生活にぴったり当てはまる、お得なクレジットカードが見つかると良いですね。

カードブランドの選び方

豆知識として覚えておいてください。クレジットカードの表面を見ると、「VISA」「MasterCard」「JCB」などの文字が書かれていますよね?あれはカードブランドのことで、そのブランドマークのあるお店で使える…という意味を持ちます。

日本国内であれば先程の3種類の内、どのブランドを選んでもまず困りません。一方で海外で利用するなら、多くの国で普及している「VISA」か「MasterCard」がおすすめです。

国内・海外問わず、ブランドの選び方がよくわからない場合でも、この2つから選んでおけばまず大丈夫です。

「楽天カード」

楽天カード

楽天市場で使えばポイントが3倍にアップします。ネット通販の主な利用先を楽天市場にしている場合、自然にポイントがザクザク貯まるのが大きな特徴です。楽天カードが高い人気を誇る理由でしょう。楽天グループの支払いに強く、ネットをよく利用する人におすすめ。年会費無料でありながら、1%の高還元率を誇ります。

年会費 永年無料
還元率 通常1%(100円ごとに1ポイント)
ポイントの名称 楽天ポイント
カードブランド VISA・MasterCard・JCB

楽天カードのお得な使い方

  • 楽天市場で3倍、楽天トラベルなら2倍。
  • グルメ検索アプリ「Rakoo」加盟店の支払いで2倍。
  • 楽天カードポイント加盟店の支払いで最大3倍。

【解説】ネットを得意とする、楽天関連サービスの支払いで使うのがお得です。とはいえ、飲食店・ガソリンスタンド・家電量販店・ファストフード店など、実店舗型の提携店舗も多く見られます。全国的に知名度の高い店舗が目立つので、ネット以外での利用価値も高いカードとして評価できます。

提携店舗以外で使っても還元率1%の高さを誇るのが魅力。あらゆるシーンで楽天ポイントをたくさん貯めることができるでしょう。

楽天ポイントの利用

  • 1ポイント1円の価値が基本。
  • 楽天市場を始めとする楽天サービスの他、飲食店や家電量販店、ガソリンスタンドなどの楽天ポイントと提携する店舗の支払いに使える。
  • 電子マネーの楽天Edyにチャージ、ANAマイレージに交換できる。

付帯サービス・追加カード

付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険
  • 楽天Edy(電子マネー)
  • 楽天ポイントカード
追加カード
  • ETCカード(年会費税込み540円。楽天のダイヤモンド会員もしくはプラチナ会員なら年会費無料)
  • 家族カード

【解説】現金払いのときに楽天カードを差し出せば楽天ポイントが貯まる、ポイントカードとしての機能を持っています。このときに現金ではなくカード払いにすることで、ポイントカード分と合わせて二重にポイントが貯まり、もっとお得になります。更に電子マネーの機能まで付いていることから、1枚で何役もこなせるのが特徴です。

家族カードは本カード会員の家族が楽天カードを別に持つことのできるサービスです。家族カードで貯めたポイントと利用金額の請求は、本カード会員へまとめて適用されます。

支払い方法

  • 1回払い・2回払い・ボーナス払い(1~2回)・リボ払い・分割払い。
  • ボーナス2回払い・リボ払い・分割払いは手数料が発生する。
  • 「あとからリボ」「あとから分割」へ変更可能。

【解説】カード払いを済ませた後、期限内であればリボ払いや分割払いに変更できます。金銭的な余裕に合わせて柔軟に支払い方法を選べるサービスです。

特徴まとめ

  • 通常でも1%の高還元率。
  • ネット通販の楽天市場を始めとする楽天関連サービスを頻繁に利用する人なら多くのポイントを貯めやすく、節約効果が高い。
  • 電子マネー「楽天Edy」が使える。
  • 楽天ポイントカードとして提携店で使えるので、現金払いでもポイントが貯まる。
  • ETCカードの利用は年会費が必要(ダイヤモンド会員・プラチナ会員は無料)。
  • 家族カードを本カード会員発行カード1枚につき、5枚まで発行できる。

「イオンカード」

イオンカード(WAON一体型)

全国展開している大手スーパーのイオン、大型商業施設のイオンモールで使うと便利なクレジットカードです。食料品やファッション、日用品や雑貨などをよりお得に買いたい人にぴったりで、生活費の節約に直結しやすいのが特徴です。

ネット通販を利用するならイオンカードの会員制ショッピングサイト「ときめきポイントTOWN」を経由すれば、通常よりもたくさんのポイントが貯まります。

年会費 永年無料
還元率 通常0.5%(200円ごとに1ポイント)
ポイントの名称 ときめきポイント
カードブランド VISA・MasterCard・JCB

イオンカードのお得な使い方

  • イオン・イオンモール・ダイエーなどのイオングループの対象店舗でポイント2倍。
  • 毎月20日と30日にイオングループ対象店舗の買い物が5%割引になる。
  • 毎月10日のWポイントデーでポイント2倍。
  • ときめきポイントクラブ加盟店なら優待特典として、最大5倍のポイントが貯まる。
  • 専用ショッピングサイト「ときめきポイントTOWN」経由でカードを使うと、最大21倍のポイントが貯まる。

【解説】通常の還元率は0.5%ですが、イオングループの対象店舗なら1%の高還元率でポイントを貯められます。Wポイントデーや優待店舗も使いこなしてみましょう。

ネット通販なら「ときめきポイントTOWN」経由で買い物するのが断然おすすめ。還元率1%を軽く超えるポイントアップ対象店が揃っています。

ときめきポイントの利用

  • 1ポイント1円の価値が基本。
  • WAONポイントと交換。
  • 商品に交換(日用品・キッチン用品・ファッション・食品・商品券・他社ポイント移行など)。
  • 特定のネットショップの支払いに使える。

付帯サービス・追加カード

付帯サービス
  • カード盗難補償
  • 電子マネー「WAON」(WAON一体型カード・イオンカードセレクト)
  • 電子マネー「iD」(スマホアプリで利用)
追加カード
  • ETCカード(発行&年会費無料)
  • 家族カード

【解説】海外旅行傷害保険は付いていませんが、海外旅行をしない人なら不要なサービスです。電子マネーの「WAON」と「iD」の2種類をイオンカード1枚で使えるのが便利。WAONとして使えばWAONポイントを貯められます。

家族カードを発行すると、本会員と家族の引き落とし口座をまとめられたり、全員分のポイントをまとめてポイント交換がしやすくなったりするメリットがあります。

支払い方法

  • 1回払い・2回払い・ボーナス払い(1~2回)・リボ払い・分割払い。
  • ボーナス2回払い・リボ払い・分割払いは手数料が発生する。
  • 「あとからリボ」へ変更可能。
  • イオンカードセレクトカードの場合、引き落とし口座の指定はイオン銀行のみ。

【解説】カード払いを済ませた後、期限までならリボ払いのみ変更を受け付けてくれます。イオンカードセレクトを選ぶと指定する引き落とし口座の自由度が下がる代わりに、イオン銀行の普通預金金利優遇や振込手数料が無料になるなどの特典を受けられる、イオン銀行Myステージの点数を貯められます。

特徴まとめ

  • イオン系のスーパーやモールをよく利用する場合にポイントを貯めやすい。
  • 最大21倍のポイントを貯められる専用ショッピングサイト「ときめきポイントTOWN」を利用できる。
  • 貯めたポイントは電子マネーのWAONに交換できる上に、WAONで買い物すればWAONポイント(200円で1ポイント)が貯まるため二重にお得。
  • ETCカードが無料。
  • 家族カードを3枚まで発行できる。
  • 支払い方法の変更はリボ払い限定。
  • イオン銀行を利用予定・利用中の人なら「イオンカードセレクト」がおすすめ。そうでなければ「イオンカード(WAON一体型)」を選ぶと使いやすい。

「エポスカード」


【エポスカード】

ショッピングセンターで有名なマルイが発行するクレジットカードです。マルイに特化しているというよりも、ポイントアップや優待価格になる対象店舗がたくさん存在し、様々なシーンでお得に使えるイメージの強さがあります。

エポスカード会員のための専用ショッピングサイト「たまるマーケット」経由でカードを利用すれば、大幅なポイントアップを狙えます。

年会費 永年無料
還元率 通常0.5%(200円ごとに1ポイント)
ポイントの名称 エポスポイント
カードブランド VISA

エポスカードのお得な使い方

  • 全国の加盟店・提携店で使えば優待価格で利用できる。
  • 全国にあるマルイの各店舗、マルイのネットショップで10%割引になるキャンペーンを年4回開催。マルイのネット通販の配送料が安くなる。
  • エポス会員専用のショッピングサイト「たまるマーケット」経由でエポスカードを使えば、最大30倍のポイントが貯まる。
  • 楽天Edy・モバイルSuicaなどの電子マネーにカード払いでチャージすることでポイントが貯まる。
  • リボ払い・分割払いならポイント2倍(200円で2ポイント)。

【解説】通常の還元率だけを見れば0.5%と平凡ですが、ポイントアップや優待による割引料金を受けやすい方法がたくさん用意されています。「たまるマーケット」経由で大手通販サイトの利用や飲食店・エステなどのクーポン券をカード払いにすれば、最大30倍のポイントを貯められるのが大きいですね。

エポスポイントの利用

  • 1ポイント1円相当の価値。
  • 全国のマルイ各店舗、マルイのネットショップの支払いで使える。
  • エポスVISAプリペイドカードにチャージする。
  • ネット通販の利用で発生したエポスカードの請求額に対し、ポイントを使って支払いが可能。
  • 商品券・ギフト券・プリペイドカードなどの金券に交換。
  • 他社ポイントやマイレージに交換。
  • キャラクターグッズに交換。

付帯サービス・追加カード

付帯サービス 海外旅行傷害保険
追加カード
  • ETCカード(発行&年会費無料)
  • エポスVISAプリペイドカード
  • バーチャルカード

【解説】エポスVISAプリペイドカードは予めカードにお金をチャージして使うもので、VISAの加盟店で使えます。一定金額以下になるとエポスカードから自動チャージされるため残高不足になりにくく、使いやすいのが特徴です。

バーチャルカードはネット通販のセキュリティを高めるのにおすすめ。実際に持っているエポスカードの番号やセキュリティコードを相手に伝えることなく、仮想的に発行したカードでネット通販の支払いができます。

支払い方法

  • 1回払い・2回払い・ボーナス払い(1回)・リボ払い・分割払い。
  • リボ払いと分割払いは手数料が発生する。
  • 「あとからリボ」「あとから分割」へ変更可能。
  • リボ払いの残高をいつでも増額・全額返済できる。分割払いの残高はいつでも全額返済に対応。

【解説】ボーナス2回払いには対応していません。いつでも自由にリボ払いや分割払いの残高を返済できるため、お金に余裕があるときにすばやくまとめて支払ってしまえば、手数料を低く抑えられます。

特徴まとめ

  • 提携・加盟している実店舗、ポイント最大30倍の「たまるマーケット」の出店数が豊富で、ポイントアップや優待価格を狙いやすい。
  • 他社の電子マネーにチャージするだけでもポイントを貯められる。
  • ポイント交換先の種類が豊富。プリペイドカードや全国共通の商品券などと交換すれば、ポイントの使いみちが広がる。
  • エポスVISAプリペイドカードを利用すると、代金200円につき1円がキャッシュバックされる(還元率0.5%)。
  • リボ払いや分割払いの残高を都合の良いときに返済できるので、手数料を節約しやすい。
  • バーチャルカードで個人情報が漏れるのを防げる。

あなたに合ったカードこそ最高のカード

「誰が見ても一番お得なクレジットカード」といった万能なカードは存在しません。生活スタイルは人それぞれですから、あなたがよく利用する店舗・サービスと相性の良いカードが一番のカードです

年会費をとられないカードばかりですので、気軽に使ってみましょう。