銀行振込対応スマホ決済アプリならクレジットカード嫌いでも安心

キャッシュレス還元制度の適用になるなど、現金以外の支払いでお得に買い物できる人気のスマホ決済アプリ

キャッシュレス還元とは?

対象店舗でスマホ決済アプリやカード決済など、現金以外の支払いを利用すると代金の最大5%がポイントで戻ってくる国の政策。2020年6月まで実施。

ですが、スマホ決済アプリとはいえクレジットカード登録が必要で、「後払いが嫌だ」「お金を使いすぎるのが怖い」人にとっては、使ってみたくても手を出しにくい存在だと思います。

そんな場合には、銀行振込でチャージできるスマホ決済アプリを使ってみてはどうでしょう?

スマホ決済アプリの支払い方法は主に2通り

スマホ決済アプリの支払い方法って、現状だと大きく分けて2通りあるんですね。

  1. アプリに登録したクレジットカードによって、即支払いが終わる方法。
  2. 事前にアプリへお金をチャージしておき、チャージ残高で代金を支払う方法。

スマホ決済アプリのサービスによって利用できるものは違いますが、主に上の2通りで支払いができます。

クレジットカードから直接アプリ経由で支払う方法なら、1円単位で代金分きっちり支払いが可能。お釣りが出ないため、アプリに残高は一切なし。

そんなところがメリットですが、クレジットカードを使いたくない、持っていない人にとっては避けたい方法です。

そこでもう1つの方法、アプリへの残高チャージを利用します。電子マネーと似たような仕組みで、これなら銀行振込が使えるんです

銀行振込→残高チャージにする

アプリでチャージしたい金額を指定して、自分の銀行口座から送金します。後はチャージした金額の範囲内で、キャッシュレス払いを完了させる流れです。

クレジットカードの場合、手持ちの現金が少なくてもカードの上限額まで使えてしまいます。

お金を使いすぎてしまう不安を感じる理由が、この部分ですよね。

でも、先にチャージする方法なら、電子マネーのように使える金額が決まっています。現金と似たような使い方ができるので、予算オーバーを防ぎやすいというわけです

銀行振込でアプリに残高チャージできるスマホ決済アプリは、いくつか存在します。その中でもおすすめなのが、知名度抜群の「PayPay」。

PayPayに振込チャージできる銀行の数は60以上と豊富。都市銀行から地方銀行、ネット銀行まで幅広く対応しています。

【Google PlayでPayPayを入手】

【App StoreでPayPayを入手】

実は現金でもチャージできる

今回は銀行振込を紹介しましたが、PayPayならセブンイレブンなどにある、セブン銀行ATMを操作して、現金でアプリへのチャージが可能なんです

セブン銀行ATMがそばにあって、少額のチャージなら現金で行っても良さそうですね。

一方で、近くにセブン銀行ATMがない、今持っている現金が少ないといった場面に遭遇することもあるはず。

そんなときに、銀行振込チャージもできるスマホ決済アプリだと安心です。

現金や電子マネーと比較した場合

スマホ決済アプリにチャージするくらいなら、現金や電子マネーでも良さそうって思うかもしれません。しかし、スマホ決済アプリだからこそのメリットがあるので、そうとも言えないんです。

現金のメリット

  • お釣りが出る
  • 使い慣れている

現金のデメリット

  • キャッシュレス還元制度の対象外

お釣りを受け取れるのは現金の大きなメリット。ですが、これについてはPayPayならあまり気になりません(理由は後で)。

現金の一番の問題は、キャッシュレス還元制度の恩恵が得られない部分。継続的に、割高な商品を買う羽目になります

1個1個の差額は小さくても、これが何日、何ヶ月も買い物を続ければどうでしょう?キャッシュレスで安く買った場合に比べて大きな差が開いてしまうのは明白で、損をします。

電子マネーのメリット

  • キャッシュレス還元制度の恩恵が得られる場合もあり

電子マネーのデメリット

  • 利用できるお店が限られる
  • お釣りが出ない

還元制度の恩恵や利用できる店舗については、スマホ決済アプリと似たような感じです。

ただ、お釣りの出ない点が問題。残高が電子マネーにずっと残ってしまうので、大きな金額をチャージするのに向いていません

PayPayならチャージしすぎても出金できる!

数多くあるスマホ決済アプリの中で、PayPayが使いやすいと思えるのがこの部分。

PayPayには、チャージ残高を銀行口座へ出金できる機能があるんです

以下の方法でチャージしたPayPayマネーなら、自由に残高を引き出せます。

  • 銀行振込
  • 現金
  • 「ヤフオク!」や「PayPayフリマ」の売上金

他のスマホ決済アプリを調べてみると、現時点で出金サービスを行っているところはほとんど見かけない感じです。

そのような状況なので、PayPayの存在はとても貴重なんですね。多すぎる残高を現金に戻したいと思ったとき、PayPayならユーザーの要望に応えてくれます。

PayPayの出金手数料が0円の銀行を活用しよう!

PayPayの出金サービスを最大限に活かすなら、「ジャパンネット銀行」に預金口座があると断然お得。

とても便利なPayPayの出金サービスですが、利用する際に100円の出金手数料が発生するんです。出金のたびに100円も取られるなんて、お金がもったいないと感じますよね。

しかし、ジャパンネット銀行は例外。PayPayの出金手数料が無料の銀行だからです。

他の銀行にはない強みを持っているんですね。

ジャパンネット銀行はネット専業銀行の中でも歴史が古く、実績ある有名な銀行です。ネット経由で簡単に口座開設できます。

▼ジャパンネット銀行の公式サイトへ

・口座開設受付の他、特徴などの情報が満載!

現金が良いと思っていても、これからますます日本のキャッシュレス化が進んでいくでしょう。時代の変化に乗り遅れないために、PayPayの利用に慣れておくと良いかもしれません。

【Google PlayでPayPayを入手】

【App StoreでPayPayを入手】