【だからあなたは貯められない】貯金箱選びで迷うのはムダ

豚の貯金箱

貯金で挫折ばかり、失敗ばかりしているなら、チリツモ貯金でコツコツお金を貯める方法がおすすめだと以前の記事でご紹介しました。

豚の貯金箱挫折しがちな人に贈る少額の貯金をすすめる理由とは

家に貯金箱があればそれを使いましょう。なければ適当な入れ物にお金を入れちゃってください。わざわざ立派な貯金箱を購入する必要などありません。

なぜなら、貯金箱を購入する行為こそが、無駄遣いそのものだからです。

残念…無駄遣いの原因が貯金箱

貯金するから貯金箱を買う?

チリツモ貯金を早速始めようとして、かわいい貯金箱を買ってこようと張り切っていませんか?

ちょっと待ってください。貯金箱を買うと、その分だけお金がなくなってしまいますよ。

貯金が目的なのに、なぜ、貯金箱にお金を消費するのでしょうか?行動が矛盾しています。

「商品」の貯金箱

貯金箱はお金を貯める道具です。あれば便利ですが、商品として販売されているものに過ぎません。

あなたの貯金を成功へ導くのは貯金箱という「商品」のおかげなんでしょうか。

違いますよね。あなたの行動次第で、貯金の成功確率は変わってくるんです。

商品として売られている貯金箱に、お金が貯まる魔法がかかっているのではありません。元々お金が入っているわけでもありません。

乱暴な言い方をすれば、単なる箱です。

無意識の無駄遣いが失敗を招く

お金が逃げていく癖をやめる

貯金が上手な人なら、わざわざお金をかけて貯金箱を買うことなどまずしません。この点ができる人とできない人の差です。

買って貯められる人がいても、ほんの一部でしょう。

貯金するためにお金を使う行動をとる人は、格好から入ってしまうタイプなのかもしれません。あなたが無意識にこのような行動をとってしまう癖があるなら、考え方を改めてください。お金に逃げられてしまいますよ。

貯金箱で無駄遣いしないこと

貯金箱を購入するのは、単なる無駄遣いでしかありません。買うお金があるなら貯金してください。

よく考えてみましょう。貯金箱って、他に何か役に立つのでしょうか。

別のことに応用できる便利な道具なら、買っても良いと思います。でも、商品として出回っている多くの貯金箱が、お金を入れる穴が空いているだけの入れ物でしかありませんよね?

今すぐ必要な道具ではないはずです。「貯金箱という商品を購入する」などという無駄遣いはせず、何か適当な箱にでもお金を入れてください。こちらの行動のほうが、よほど有意義です。

10万円貯まる貯金箱って必要?

あまりにも無謀な金額

昔から売られている、10万円貯まる貯金箱。インパクトがありますよね。これにお金を入れていけば10万円貯められそう、何となくそんな気分に浸れそうです。

ですが、今まで思うように貯金できなかった人が急に10万円の目標を立てるのは無理です。2万円、5万円も貯められない人が、その倍の10万円なんて大金を貯められると思いますか?

本当に10万円貯められる人なら、そもそも小銭ばかりが増える取り扱いの面倒な貯金箱など使いません。銀行の預金口座で貯めているでしょう。

ユニークな商品名ですし、アイディア満載の貯金箱としては良いものだと思います。しかし、どちらかといえば「相手に買わせる商品」としての魅力を全面に押し出しているような存在です。

貯金を苦手とする人がこれからチリツモ貯金を始めるなら、買う必要のない貯金箱だと思います。

金額が大きすぎると途中で投げ出す

過去記事でも言いましたが、最初から10万円という大きな金額を目標に貯金をしないでください。

きっとストレスがたまり、途中でやめてしまいます。

10万円貯めると決断して、いつまでにその金額を達成するのでしょうか?1年後なら、毎月8334円以上の貯金が必要です。

今まで貯金が続かなかったのに、毎月欠かさず8334円以上の小銭を貯められる自信がありますか?

8334円の半分くらいしか毎月貯金できなければ、2年前後の時間がかかります。もっと金額が少なければ、更に達成まで時間がかかるでしょう。

10万円達成前に、いつの間にか飽きてしまう人が大半といったところでしょうか。

貯金できない人は少額のゴールを決めること

チリツモ貯金で貯金のコツを掴むまでは、少なめの目標額がおすすめです。10万円などの大金は貯金のコツがわかってきてからで十分です。

まずは1000円、2000円と低めの目標を立てましょう。

できるとわかったなら1万円、2万円と少しずつステップアップします。

10万円を達成できるようになったころには、10万円貯まる貯金箱など必要なくなるくらいのテクニックが身についているはずです。

とは言いましたが、10万円の貯金箱自体は面白い商品です。いつかお金に余裕があるときにでも、家族みんなで貯める目的で使うために、購入しても良さそうですね。ジョークで友人や知人にプレゼントするなんて使い方もできます。

購入するなら安価でずっと使い続けられるものを

安くて小さな貯金箱を選ぼう

それでも貯金箱を買いたい!家のオンボロな箱だとモチベーションが上がらない!と考えるなら、買っても構わないと思います。

でも、高価な貯金箱など必要ありませんよ。安い商品を探しましょう。

買うなら飽きにくいデザインのもので、どこにでも置きやすい単純な作りのものがおすすめです。デザインが気に入らない、使い勝手が悪いからとすぐに買い替えたくなるような貯金箱を選ぶと無駄遣いが増えるだけなので注意しましょう。

もし、あなたが飽きっぽくてものをすぐに買い替える性格ならば、貯金箱を買うのはやめておきましょう。

家にあるものを代用するだけで十分

入れ物なんて、何でも良いんです。小銭を入れる縦長の穴が空いていなくても大丈夫です。入れた小銭がこぼれ落ちない入れ物であれば、何でも構いません。

使っていない入れ物が家にないでしょうか?キッチンで使う容器、押し入れにしまいっぱなしの箱など、何でも良いので探してみましょう。

少し大きめなジャムの空き瓶なんかも使いやすそうですね。最近のお菓子はオシャレな箱に入っていますし、その空箱に入れる方法もありますよ。捨てずに貯金箱として使ってみましょう。

まとめ

貯金箱という商品を買う必要はありません。

家にある入れ物を使えば、コスト0円です。貯金箱を購入する気でいたなら、その代金分のお金をコスト0円で調達した箱に入れましょう。これで最初の貯金を簡単に達成できます。

この記事を読んでくだらない内容だと思われそうですが、今回の話は貯金が苦手な人にとって考えを改めるための重要な意味を持ちます。無駄遣いの行動を理解し、貯金のテクニックを高めましょう。