だからあなたは貯められない?貯金箱選びで迷うのはムダ

豚の貯金箱

貯金で挫折ばかり、失敗ばかりしているなら、チリツモ貯金でコツコツと少しずつお金を貯める方法がおすすめです。

豚の貯金箱挫折しがちな人に贈る少額の貯金をすすめる理由とは

家に貯金箱があれば、それを使って貯めてみましょう。なければ適当な入れ物にお金を入れちゃってください。わざわざ立派な貯金箱を購入する必要などありません。

なぜなら、貯金箱を購入する行為こそが、無駄遣いそのものだからです。

残念…無駄遣いの原因が貯金箱

貯金するから貯金箱を買う?

チリツモ貯金を早速始めようとして、貯金箱を買ってこようと張り切っていませんか?

ちょっと待ってください。貯金箱を買うと、その分だけお金がなくなってしまいますよ。

貯金が目的なのに、なぜ、貯金箱にお金を消費するのでしょう?行動が矛盾しているような気がしませんか?

貯金箱さえ買えばお金が貯まるわけではない

貯金箱はお金を貯める道具です。あれば便利ですが、絶対に必要なものではないんです。

あなたの貯金を成功へ導くのは貯金箱という「道具」のおかげなんでしょうか。

違いますよね。あなたの行動次第で、貯金の成功確率は変わってくるんです。

商品として売られている貯金箱に、お金が貯まる魔法がかかっているのではありません。元々お金が入っているわけでもありません。

単なる箱でしかなく、自然にお金を増やしてくれる夢のような存在ではないんです

無意識の無駄遣いが失敗を招く

お金が逃げていく癖をやめる

貯金が上手な人なら、わざわざお金をかけて貯金箱を買うことなどまずしません。この点ができる人とできない人の差です。

ただ、「お金を増やすためにお金を使う」という発想自体は間違ってはいません。

しかし、この考えはどちらかというと商売や投資で活かされます。

お財布にあるお金をコツコツと自宅で貯める程度の方法であるなら、できる限り余計な出費を抑える始めかたがおすすめです。

貯金のために、かわいい・かっこいい貯金箱を購入しようと真っ先に考える人は、格好から入ってしまうタイプなのかもしれませんね。

意欲がありますし悪くはないんですが、貯金を成功させたい場合だとその性格が仇になるかもしれません。無意識にこのような行動をとってしまう癖があるなら、気をつけてください。

お金に逃げられる生活を送るハメになるかもしれないからです。

貯金箱で無駄遣いしないこと

貯金箱を購入するのは、単なる無駄遣いでしかありません。買うお金があるなら貯金してください。

よく考えてみましょう。貯金箱って、他の何かに対しても役に立つのでしょうか?

別のことに応用できる便利な道具なら、買っても良いと思います。でも、商品として出回っている多くの貯金箱が、お金を入れる穴が空いているだけの入れ物でしかありませんよね?

今すぐ必要な道具ではないはずです。「貯金箱という商品を購入する」などという無駄遣いはせず、家にある何か適当な箱にでもお金を入れてください。こちらの行動のほうが、よほど有意義です。

身近なものを貯金箱代わりに使う

自宅に貯金箱がなくても、お金さえ入れば何を使っても構いません。貯金箱の代用になるものとして、空き瓶や缶などが良さそうですね。蓋付きのものなら小銭がこぼれ落ちず、扱いやすいでしょう。

ジャムの空き瓶はおしゃれなものが多いので、貯金箱の代用にぴったりかもしれません。キッチン用品のタッパーや密封瓶など、保存容器も使えそうです。

お菓子の空箱や缶を、貯金箱代わりに使ってみてはどうでしょうか?クッキーやビスケット、チョコレートの空箱あたりが使えるかもしれません。

10万円貯まる貯金箱って必要?

貯金が苦手な人にとってあまりにも無謀な金額

10万円貯まる貯金箱ってありますよね?昔から販売されている、人気商品です。お金を入れ続けていっぱいになれば10万円貯まるという、わかりやすさがポイントでしょうか。

「これさえあれば、たくさんお金を貯められそう」

何となくそんな気分がしてきそうです。

ですが、今まで思うように貯金できなかった人が急に10万円の目標を立てるのは無理です。2万円、5万円だって貯められないのに、その倍の10万円もの大金を貯められると思うでしょうか?

10万円貯められる人は、そもそも小銭ばかりが増える取り扱いの面倒な貯金箱など滅多に使いません。いたとしても、少数派ではないでしょうか。ほとんどの人が銀行の預金口座で貯めているでしょう。

貯金に便利な銀行のサービス

銀行には「積立定期預金」という便利なサービスが用意されています。毎月決まった日に銀行が本人に代わり、普通預金から専用口座へお金を預けてくれるので、自然にお金を蓄えられるのがメリットです。

預金通帳&小銭&貯金箱努力なんていらない積立定期預金でお金を毎月自動的に貯める

10万円貯まる貯金箱の存在自体はユニークで、アイディア満載の良い商品だと思います。しかし、貯金を苦手とする人がこれからチリツモ貯金を始める場合には、あまり適さない貯金箱のように感じます。

金額が大きすぎると途中で挫折しやすい

貯金が続かない、失敗続きだというのであれば、最初から10万円という大きな金額を目標に貯金しないでください。

ストレスがたまったり、目標達成までの道のりがあまりにも長く待ちきれなくなったりして、途中でやめてしまう確率が高いからです。

10万円貯めると決断して、いつまでにその金額を達成するのでしょうか?1年後なら、「毎月8334円以上の貯金」が必要です。

今まで貯金が続かなかったのに、毎月欠かさず8334円以上の小銭を貯められる自信がありますか?

8334円の半分くらいしか毎月貯金できなければ、2年前後の時間がかかります。もっと金額が少なければ、更に達成まで時間がかかるでしょう。

10万円というのはそれほどハードルが高い、目標金額なんですね。よほど根気のある人でも無い限り、10万円を達成する前に飽きてしまう、諦めてしまうのではないでしょうか。

貯金できない人は少額のゴールがおすすめ

チリツモ貯金で貯金のコツを掴むまでは、少なめの目標がおすすめです。10万円などの大金は貯金のコツがわかってきてからで十分です。

まずは1000円、2000円と低めの目標を立てましょう。

低い目標を達成できたなら、1万円、2万円と少しずつステップアップします。

10万円を達成できるようになったころには、きっと10万円貯まる貯金箱を必要としなくなるくらいにテクニックが身についているはずです。

とはいえ、10万円の貯金箱自体は面白い商品でもあります。使い方によっては買っても無駄にならないでしょう。

メタルバンク10マンエン ゴールド

たとえば、家族みんなで協力しあってお金を貯めるときなんかに使ってみると面白そうですね。ジョークで親しい友人や知人にプレゼントする、なんて使い方もできるでしょう。

あまり堅苦しく考えず、たまには無駄遣いしながら貯金を目指すというのも、継続のコツかもしれません。

それでも貯金箱が欲しい!購入するならこんな貯金箱がおすすめ

貯金箱を買う行為が無駄だとわかっても、新しい貯金箱が欲しい!と思う人だってきっといますよね?人によっては、貯金箱でモチベーションアップが期待できる可能性があります。

家にあるボロボロで安っぽい箱では、とても貯金する気になれない!というのなら、貯金箱を買っても大丈夫だと思います。

無駄なものを買ってしまわないよう、以下に貯金箱の選び方のヒントをご紹介します。

安くて使いやすい貯金箱を選ぶ

1万円もするような高価な貯金箱など必要ありません。安い商品を探しましょう。

買うなら飽きにくいデザインのもので、どこにでも置きやすい単純な作りのものがおすすめです。デザインが気に入らない、使い勝手が悪いからとすぐに買い替えたくなるような貯金箱を選ぶと、無駄遣いが増えるだけなので注意しましょう。

楽しく貯金できるユニークな商品を選ぶ

何かを始めてもすぐに飽きてしまうのは、楽しさを感じられない、夢中になれないのが主な原因です。

貯金に対してもそう思うなら、ただお金を入れる貯金箱よりも何かのきっかけを与えてくれるような、面白い貯金箱を選んでみてください。

上のほうで10万円貯まる貯金箱はハードルが高すぎるという内容を書きましたが、「商品名が10万円だからといって、そのとおりに10万円貯める必要なんてない」と発想を転換してしまえば、問題ありません。

10万円貯まる本 「世界遺産」版

この貯金箱は書籍タイプのユニークな商品です。本を読み進めながら500円玉を取り付けていくという、自然にお金が貯まる工夫が凝らされています。

たとえ10万円貯められなくても、500円玉なら少し枚数が増えるだけで結構な金額になります。コツコツとチリツモ貯金する際の手助けになりそうですね。

貯金箱にお金を入れる犬貯金のモチベーションアップに!つい貯めたくなる貯金箱

まとめ

家でお金を貯めるために、わざわざ貯金箱を買ってこなくても大丈夫です。家にある入れ物を使えば、コスト0円で用意できます。

それでも貯金箱が欲しいなら、高すぎない、愛着が持てて長く使えそうな貯金箱を選びましょう。買い替えによる無駄な出費を防げます。また、楽しく貯められる面白い商品を選ぶと、飽きずに貯金を続けられる手助けになるかもしれません。

ここまで読んで、くだらない内容の記事だと思われそうですが、今回の話は貯金が苦手な人にとって考えを改めるためのきっかけになると思います。無駄遣いの行動を理解し、貯金のテクニックを高めましょう。