毎月貯金できない人ができるようになる積立定期預金の特徴

預金通帳&小銭&貯金箱

「毎月少しずつでも貯金したい」

なのに、

「月が終わる頃にはすっかりお金がなくなってしまい、貯金に回せる余裕がない」

といった悩みには、先取り貯金がおすすめです。

  • お金に余裕がある段階でさっさと貯金する。
  • 家計にお金を使い始める前に貯金して浪費を防ぐ。

先取り貯金なら、上のような望みをかなえられます。

そんなのわかっている。けど、貯金できないというあなたには、積立定期預金(定期積立)が力になってくれます。

積立定期預金は銀行に普通預金口座を持っていれば、誰でも無料で利用できます。タダなのに貯金しやすい状態にしてくれる、頼もしい味方です。

こんなメリットがある積立定期預金

普通預金から定期預金へと、銀行が自動的に預け入れてくれるのが、積立定期預金の特徴です

毎月預け入れる日を自由に決められます。給料日にタイミングを合わせれば、まだお金が十分に残っているタイミングに貯金へ回せます。

普通に生活していると、家計や趣味にお金を使い切ってしまい、給料日前にはすっからかんになることもありますよね。

貯金できない原因の一つですが、積立定期預金を利用することで貯金にお金を回せない状態を回避できるのが嬉しいポイントです。

定期預金ではダメなの?

「積立定期預金?定期預金なら知っているし、こっちではダメなの?」と考える人もいるでしょう。

大きなくくりとして定期預金があって、その中に積立定期預金が加わっています。基本的な内容は同じサービスなんです。

定期預金とは、一定期間の預け入れを銀行と約束し、専用の預金口座にお金を置いておく方法です。

ただ、積立定期預金と違うのは、利用者自身が窓口やATMで手続きして、専用口座にお金を預け入れなければならない部分です。

毎月の給料日の直後に預け入れたいなら、その都度銀行に依頼して、定期預金口座に入れておく手間がかかってしまうんですね。

ほったらかしでも毎月貯められる

積立定期預金ならあらかじめ指定日を決めておくことで、銀行が本人に代わって定期預金口座にお金を預け入れてくれます。うっかり定期預金の手続きを忘れていても、これなら安心です。

ズボラな性格や忘れっぽい性格の人でも、毎月決まった日に貯金できるのがメリットです。

利用できる銀行はどんなところ?

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のようなメガバンクや都市銀行、地方銀行など、普通預金口座を開設できる銀行の多くで積立定期預金を提供しています。

郵便局で利用できるゆうちょ銀行、信用金庫やJAバンクなどでも取り扱っています。一般的なお金を預けられる銀行系の金融機関なら利用できる感じですね。

無店舗型のネット銀行でも利用できます。但し、現時点だとネット銀行で積立定期預金を取り扱っているところは少なめです。

積立定期預金でおすすめの銀行は?

あなたが普段から使いやすいと感じている銀行であれば、どこでも構いません。

ただ、自動的に銀行がお金を預け入れる、という仕組みからして、給与振込に指定している口座がある銀行を利用するのが良いでしょう。

別々の銀行で管理する場合に起こること

給与振込の口座をA銀行、貯蓄定期預金の口座をB銀行という感じに分けてしまうと、A銀行からB銀行に預け入れたい金額を振り込む作業が必要です。手続きが面倒ですし、振込手数料がもったいなく感じます。

振込手数料の負担が気にならなければ、別々の銀行に分けてしまって構いません。

預け入れ金額はいくらから指定できる?

1000円から預けられることも

銀行によって違います。よく見かけられるのが5000円と1万円です。最低金額として設定されており、これ以上の金額から受け付けてくれます。

5000円以上から預け入れるのはちょっときついと感じる人でも大丈夫です。最近では1000円以上から積立定期預金を受け付ける、ハードルの低い銀行が増えています。

金額の低い銀行を利用すれば、お金に余裕がない人でも気軽にスタートできるでしょう。

毎月1回が基本。多めに預けられる月が選べる

指定した金額を毎月の指定日に預け入れてくれます。指定日以外でも、好きなときに預け入れができたり、特定の月だけ多めの金額を指定して預け入れたりする方法を選べる銀行が目立ちます。

希望する月の指定回数ですが、年に2回まで、3回までなどの上限が決まっています。

多めに預ける月の使いみちとしては、ボーナスシーズンですね。

いつもより収入が多い月なら使えるお金に余裕が生まれます。ボーナスが出た月に多めの金額を積立定期預金に預け入れることで、たくさん貯金額を増やせるのがメリットです。

少し面倒な積立定期預金の申し込み

窓口で申し込む銀行が多い

銀行の総合口座を持っていれば、ATMやネットバンキングを通じて定期預金の預け入れや振替手続きを簡単に行えるようになっています。

一方、積立定期預金の場合だと、窓口に行って申し込み手続きをしなければならない銀行が結構多く見かけられます。

窓口に向かうのが面倒なら、申し込み手続きの手段がラクな銀行をすすんで利用すると後悔しないでしょう。

オンラインで申し込めるネット銀行

店舗に向かうのが面倒、時間がない人におすすめなのが、ネット銀行です。

今現在、積立定期預金を利用できるネット銀行は少ないものの、オンラインで申し込みを始めとする手続きができます。

来店不要!積立定期預金を申し込めるネット銀行のご紹介

オンラインで夜間でも日中でも、パソコンやスマートフォンで管理できます。銀行の営業時間内に窓口へ行けない、対面で依頼するのがイヤな人なら、ぜひ利用してみましょう。

ネット銀行は実店舗型の銀行とは違うメリットが他にも詰まっています。口座を作っておけば、お金に関する様々な場面で役に立ちます。

契約期間が終了したらどうなる?

払い戻しか継続(契約更新)

定期預金と同じく、積立定期預金も満期が決まっているものばかりです。

満期とは、契約期間が終了する日のことです。

積立定期預金を申し込むときに3ヶ月や6ヶ月、1年や3年など、月単位、年単位の満期を自由に決められます。預け入れた後に満期が訪れると、払い戻しが行われます。

引き続き利用したいなら、再契約するだけです。自動更新を選べる銀行もあります。

契約終了後に定期預金へ預け入れる金額について

預け入れていたお金は契約が切れた後、定期預金として預け入れる方法と、普通預金の口座に払い戻す方法が選べます。

MEMO
窓口で現金による受取も可能です。

定期預金として預け入れるパターンには、元金元利の考え方があります。

元金だと、積立定期預金に預け入れていた金額のみを定期預金に入れ、利息分は普通預金に払い戻されます。

元利だと、積立定期預金に預け入れていた金額と利息分の合計額を、定期預金に入れます。元金のみと比べて預け入れる金額が多くなりますから、定期預金口座にそのまま入れておくだけで利息を多くもらえるメリットがあります。

銀行が普通預金に振り替えてくれる自動サービス

積立定期預金が満期を迎えたなら、自分から銀行に申し出て手続きを済ませないと、銀行にお金をただ置いたままになるパターンが多い印象です。

ゆうちょ銀行の「満期一括受取型定期預金」なら、満期が訪れた時点でゆうちょ銀行が自動的に普通貯金口座に振り替えてくれます。払い戻し手続きを忘れる失敗がありません。

但し、ゆうちょ銀行の満期一括受取型定期預金を選ぶと、満期1年以上の契約が必要です。短期間だけ積立したいという場合には少し使いづらいかもしれません。

契約期間中にお金をおろせる?

急にまとまったお金が必要になった場合、積立定期預金にお金を預けていると、ちょっと不便ですよね。

でも大丈夫です。契約期間中でも、好きなタイミングにおろせます。

定期預金は普通預金と違って契約が自由ではないため、契約期間中に口座からお金をおろせないと思っている人がわりと多いですが、これは誤解です。

解約手続きをすれば、一部払い戻し、もしくは全額払い戻しに応じてくれます。

代わりに利息が中途解約用の利率で計算されるため、満期まで預けた場合の利息よりも下がります

とはいえ、今の時代だと超低金利な銀行ばかりですから、利息が減るリスクについてあまり気にする必要はないといえるでしょう。

中途解約しても手数料を請求されません。預けたお金がマイナスになる、元本割れが発生することもありませんから、安心して解約を依頼してください。

メリットばかりの積立定期預金を上手く使おう

毎月自動的に定期預金に預けられる積立定期預金なら、うっかり貯金を忘れることがなくなるでしょう。

お金をありったけ使ってしまう、浪費家さんでも貯金しやすいサービスです。

おまけに手数料無料、元本割れ無し、いつでも解約できるなど優れたポイントがいっぱいです。

少ない金額から利用できる銀行を選べば、貯金箱を使わずに積立定期預金だけでのんびりとチリツモ貯金にチャレンジするといった工夫もできるでしょう。