努力なんていらない積立定期預金でお金を毎月自動的に貯める

「毎月少しずつでも貯金したい」なのに、「月が終わる頃にはすっかりお金がなくなってしまい、貯金に回せる余裕がない」

といった悩みには、努力しなくても先取り貯金ができる、積立定期預金をおすすめします。

  • お金に余裕がある段階で貯金できる。
  • お金を使い始める前に貯金してしまうので、結果的に浪費を防げる。

上のようなメリットを持つのが先取り貯金です。ですが、メリットはわかっているけど意志が弱いので先取り貯金できない、という人はたくさんいます。

貯金する意志が弱い・努力が足りないなんて気にしなくても大丈夫。銀行の積立定期預金(定期積立)が力になってくれるからです。

積立定期預金は銀行に預金口座を作れば、誰でも無料で利用できます。タダなのに貯金しやすい状態にしてくれる頼もしいサービスを、上手く味方につけてみましょう。

こんなメリットがある積立定期預金

ほったらかしでも毎月貯められる

積立定期預金とは、普通預金から定期預金へと、銀行が自動的にお金を移動させてくれるサービスのことです。

メリット
  • 本人が何もしなくても自然に貯金できている。
  • うっかり貯金するのを忘れても大丈夫。

契約さえしておけば、後は銀行に任せっきりでいつの間にか定期預金にお金が貯まっている状態を作り出せるんですね。

毎月預け入れる日を自由に決められるのも、積立定期預金のメリット。

給料日に預け入れのタイミングを合わせるのが一般的でしょうか。普通預金口座に給料が振り込まれる当日なら、まだお金が十分に残っていると思います。余裕がある段階で直ちに貯金へ回せる工夫が、自動的にできてしまうんですね。

普通に生活していると、

  • 食料品・日用品の購入
  • 公共料金の引き落とし
  • 外食・ショッピングで支払い
  • 化粧品や衣料品の購入・ヘアサロンの利用
  • 交通費・車のガソリン代

などなど、1カ月の間に生活費や趣味にお金を使い切ってしまい、給料日前にはすっからかん寸前になることもあるでしょう。

貯金できない原因の一つですが、積立定期預金を利用することで先取り貯金ができ、お金が残らず貯金へ回せない状態を回避できます。

また、先に給料から貯金分を引いておけば、給料日まで使えるお金は、あといくらなのか?がはっきりとわかります。使える範囲内で生活するため、自然に無駄遣いしないような習慣を身につけられるのも積立定期預金のメリットです。

ズボラな性格や忘れっぽい性格だと、毎月決まった日に貯金するなんてあまりにも無謀だと思いますよね?

「これから真面目に貯金しよう!」「忘れないようにカレンダーをチェックして、その日に必ず貯金する!」

積立定期預金なら、そんな努力もプレッシャーもいりません。

定期預金ではダメなの?

「積立定期預金?定期預金なら知っているし、こっちではダメなの?」

確かにそうですね。

積立定期預金も定期預金も、同じ仲間です。まず大きなくくりとして定期預金があって、その中に積立定期預金というサービスが存在します。

同じ仲間ならどっちでも構わないのでは?と思いがちですが、一般の定期預金だけを利用するという方法は、自分で貯金する意志が弱い人の場合、あまり向かないんですね

定期預金というのは、3カ月や1年間など、一定期間の預け入れを銀行と約束し、定期預金用の口座にお金を置いておく方法です。

ただ、積立定期預金と違って、銀行が本人に代わってお金を口座に預け入れてはくれません。利用者が自らすすんでその都度、窓口やATMなどからお金を定期預金口座へ預け入れる手続きをしなければならないんです。

これを考えると、銀行が本人に代わってお金を預けてくれる積立定期預金のほうが圧倒的にラクで、使いやすく感じると思います。

積立定期預金を利用できる銀行は?

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行のようなメガバンク、都市銀行、地方銀行などです。普通預金口座と定期預金口座を利用できる銀行の多くで、積立定期預金サービスを用意しています。

郵便局のゆうちょ銀行、信用金庫やJAバンクなども同様です。口座を作ってお金を預けられる金融機関なら、どこでも利用できる感じでしょうか。

パソコンやスマホでお手軽にお金の管理ができる、人気のネット専業銀行でも、積立定期預金サービスを扱っているところがあります。但し、やっている銀行はあまり多くないので、利用したいなら積立定期預金サービスのあるネット専業銀行で口座開設しましょう。

月1000円からOK!積立定期預金を利用できるネット銀行

預け入れ金額はいくらから指定できる?

1000円から預けられることも

銀行によって違います。よく見かけるのが5000円と1万円の最低金額です。

最低毎月5000円以上からだと少しキツイかも?と感じる人でも大丈夫です。最近では1000円以上から積立定期預金ができる、ハードルの低い銀行が増えています。

お金に余裕がない人でも最低金額の低い銀行を利用すれば、気軽にスタートできるでしょう。

毎月1回が基本。いつもより多めに預けられる月が選べる

設定した金額を毎月1回、指定日に銀行が定期預金口座へ預け入れてくれるのが積立定期預金の基本です。銀行によっては、指定日以外の好きな日に預け入れるサービスを提供するところもあります。

また、特定の月にだけ、いつもより多めの金額を預け入れる方法を選べる銀行も目立つ感じです。

いつもより多めに預けたい月の回数には、上限が決められています。年2回まで、年3回まで、などですね。

特定の月だけ多めに預けられる方法を活用しやすいのが、ボーナスシーズンです。

収入が多いボーナスの月なら、普段の月より使えるお金に余裕が生まれます。ボーナスが出た月に少し多めの金額を積立定期預金に預け入れることで、たくさん貯金額を増やせるでしょう。

ボーナスが出るとつい浮かれて、お金を使い切ってしまう自分をどうにかしたいときに、この仕組みが使えそうです。

契約期間が終了したらどうなる?

払い戻し、もしくは継続(契約更新)

積立定期預金は一般的に、満期が決まっているものが多めです。

満期とは、契約期間が終了する日のことです。

積立定期預金を申し込むときに3カ月や6カ月、1年や3年など、月単位、年単位の満期を自由に決められます。預け入れた後に満期が訪れると、払い戻しが行われて終了です。

引き続き利用したい場合は再契約しましょう。自動更新を選べる銀行もあります。

預けていたお金の受け取りかた

積立定期預金の契約が終了したときに預け入れていたお金がどうなるか、についてです。以下の3通りが基本で、銀行によって利用できるものが違います。

  1. 積立ではない、一般の定期預金として預け入れ。
  2. 普通預金口座へ払い戻し。
  3. 現金を窓口で受け取る。

1の定期預金として預け入れるパターンの場合、預け入れる方法には、元金元利の2つの考え方があります。

元金の場合
積立定期預金に預け入れていたお金のみを、定期預金に入れます。積立で得た利息分は、普通預金に払い戻されます。
元利の場合
積立定期預金に預け入れていたお金と積立で得た利息の合計額を、定期預金に入れます。元金のみと比べて金額が多いことから、定期預金口座で長く預けるほど受け取れる利息が多くなるメリットがあります。

契約期間中にお金をおろせる?

急にまとまったお金が必要になった場合、積立定期預金にお金を預けたままだと、ちょっと不便ですよね。

でも大丈夫です。契約期間中でも、好きなタイミングにお金をおろせます

定期預金は普通預金と違って契約が自由ではないため、契約期間中に口座からお金をおろせないと思っている人がわりと多いですが、これは誤解です。

期間中でも解約手続きをすれば、一部払い戻し、もしくは全額払い戻しに応じてくれます。

代わりに、満期まで預けた場合よりも、受け取れる利息は下がります。中途解約用の金利で利息が計算されるからです。

とはいえ、今の日本は超低金利な銀行ばかりですから、利息が減るのがもったいない!などと気にする必要はほとんどありません。

定期預金の金利は低い

比較的利率の高いと評判のネット銀行の定期預金であっても、2019年5月現在で年利0.02%くらいです。100万円を1年間預けたとしたら200円しか利息を受け取れないんです。

更にここから20%を超える税金まで引かれるため、実際の受け取り額は200円未満という残念な結果に…。預けてお金を増やすのではなく、あくまでも貯金用として使う口座だと思ってください。

積立定期預金を中途解約しても、手数料などの費用は請求されません。預けたお金がマイナスになる、元本割れが発生することもないので、安心して解約を依頼しましょう。

積立定期預金さえあれば深く考えなくてもお金が貯まる

毎月自動的に定期預金に預けられる積立定期預金を利用すれば、うっかり貯金を忘れることがなくなるでしょう。

お金をありったけ使ってしまう浪費家さん、貯金が面倒くさいと思うズボラさんでも、貯金しやすいサービスだと思います。

おまけに手数料無料、元本割れなし、いつでも解約できるなど、優れたポイントがいっぱいです。