【銀行の預金残高を大切に】口座を分けて貯金上手になろう!

預金通帳

お給料が預金口座に入ったときはお金が増え、自由度が増す感じがして嬉しくなりますよね。

この預金口座の残高が増えたタイミングこそ、お金を貯めるには絶好のチャンスです

「毎月確実に貯金したい人」「お金管理が苦手は人」なら、銀行の積立定期預金に素早く預け入れてしまうことで、自然にお金を貯められるようになるでしょう。

銀行を使ってコツコツとチリツモ貯金をしていく感じですが、「積立定期預金だけで本当に良いのか?」と考えられるあなたは、なかなかのしっかりものです。

貯金をもっと増やしたいなら、積立定期預金に頼るだけでは不十分です。預金残高が増えた後の生活で、着実に貯められるテクニックを身につけてください。

テクニックといっても、難しいものではありません。身近な銀行の預金口座を利用します。

積立定期預金に頼るお金の貯め方に比べると、あなたの意志の強さが少し必要になってきますが、これができればかなりの貯金上手になれると思いますよ。

貯金箱を使ったチリツモ貯金だけではダメなの?

過去に当サイトで、お財布にある小銭を適当なタイミングで箱に入れていく、チリツモ貯金のアドバイスをしています。

豚の貯金箱挫折しがちな人に贈る少額の貯金をすすめる理由とは

貯金するのは苦手だけど克服したい人へ向けた、入門的な方法です。

ですが、貯金箱を使うこの方法だと、今そこにある小銭やお札を箱に入れるだけになります。

あなたの預金口座に残高はあるでしょうか?手持ちのお金だけでなく、預金口座にあるお金についても把握して貯金すれば、もっと大きく増やせます。

普通預金口座の残高が残っていると?

給与振込の指定口座として、普通預金口座を使うのが一般的です。

キャッシュカードを使ってATMからお金を引き出したり預け入れたり、公共料金の引き落とし口座に指定したりできる、とても便利な預金口座です。

さて、この普通預金口座。例えば1月下旬にお給料が振り込まれて

  • 積立定期預金に預け入れる
  • 生活費に使う

…などをした後に、次の給料日まで残高がまだあるということも多いですよね。

残っていたなら、いったい何が起こるでしょうか?そうです、次に振り込まれるお給料の金額が残高に上乗せされます。

お給料が毎月ほぼ同じ金額で20万円、給与振込日の前日までの預金残高が3万円だったとしたら、お給料が振り込まれた時点で23万円に預金残高が増えているはずです。

お金が増えた!」と感動する瞬間でしょう。

しかし、この預金残高が人を油断させてしまう原因でもあるんです。

増えた分を使ってしまう危険

貯金上手な人なら増えた分を毎回しっかり把握して、使わないように貯金へ回します。ところが、いつも貯金できないと悩む人の場合、残高が増えたことに喜び、浪費に走ってしまうことがあります。

お金に余裕があるから飲みに行こう、食べに行こう、遊びに行こう…そんなワクワクした気分になりませんか?

お金を貯める目的は人それぞれです。残高が増えた分を娯楽に使うこと自体は悪くありません。

でももし、あなたがもっと貯金したいと考えるなら、増えた分からある程度の金額を貯金に回すように心がけてください。

残ったお金は別々に管理しよう

生活費やその他のことにお金を使った後で普通預金口座の残高がまだあるなら、その預金口座に残しっぱなしにするのは危険です。手をつけないように、分けてしまうのがおすすめです。

分けておけば貯金額を把握しやすくなります。それに加えて自分自身の力で貯金をする行動のクセがつきますので、今までなかなか貯金できなかった悪いクセを改善できるメリットが得られます。

それでは具体的な分け方について、ご紹介しましょう。

定期預金を使う

普段から給与振込で使っている銀行に、定期預金のサービスがあるはずです。

積立定期預金も定期預金の一種ですが、これとは違って好きなときにお金の預け入れができる、一般的な定期預金のことです。スーパー定期の商品名で提供している銀行が多めですね。

総合口座を開設しているなら、すでに定期預金を使える状況になっているでしょう。普通預金と定期預金をセットにしたのが、総合口座だからです。

定期預金で貯金する方法

自分の定期預金口座へ、普通預金口座からお金を預け入れるだけです。本人名義の口座間でお金を移動しますので、「振替」という手段が使われます。

振替は同一店舗にある口座間で送金するときに使われます(※銀行によって考え方が異なります)。手数料がとても安いのが特徴です。多くの銀行が振替手数料を無料にしています。

積立定期預金との違いは、指定日に銀行が代わりに行ってくれるのではなく、自分自身で手続きをして定期預金口座へお金を預け入れるところです。

窓口で依頼するものから、ATMやネットバンキングで操作する方法まであります。

いくらから預け入れられるの?

1円からのところもありますが、銀行によって条件が異なります。

預け入れ金額は最低100円から、1000円から、1万円からなど、いろいろあります。

定期預金口座に預けるメリット

普通預金口座なら、振込と引き落とし(自動支払い)ができます。一方で定期預金口座に預けているお金はいずれも利用できません。

定期預金であれば、うっかり貯めたお金を使ってしまうリスクが減るということです。

普通預金の残高があるからネット通販でほしいものを買って銀行振込で支払う、なんて浪費を防ぐことにつながるわけです。

他行の普通預金口座を使う

普通預金口座は1つの銀行で1つしか作れません。でも、利用する銀行の数には制限がありません。

複数の銀行で口座開設すること自体は個人の自由です。給与振込の銀行とは違う銀行に口座開設して、余ったお金を振り込んでしまうという分け方です。

他行の普通預金口座で貯金する方法

銀行振込を利用します。窓口やATM、ネットバンキングから他行にある自分の普通預金口座を送金先に指定するだけです。

この場合に気になってくるのが振込手数料ですね。窓口扱いとATMの現金扱いの振込は手数料が割高です。お金がもったいないので、この2つの方法は避けてください。

あなたの預金口座がある銀行のATMでカード(キャッシュカード)を使うか、ネットバンキングを利用した振込のいずれかの方法を選ぶようにしましょう。

一般的な銀行を見ていくと、あなたの預金口座がある銀行ATMからのカード扱いもネットバンキングも、同じ振込手数料になっているパターンが多めです。

ですが、ネットバンキングの振込手数料をより安くしている銀行も見かけられます。

千葉銀行の場合
  • 他行あてATMカード扱い:3万円未満で270円、3万円以上で432円
  • 他行あてネットバンキング扱い:3万円未満で216円、3万円以上で432円
(※2018年9月19日現在)
三菱東京UFJ銀行の場合
  • 他行あてATMカード扱い:3万円未満で270円、3万円以上で432円
  • 他行あてネットバンキング扱い:3万円未満で216円、3万円以上で324円
(※2018年9月19日現在)

利用状況に応じて利用客のランクを上げてくれる銀行だと、ネットバンキングの振込手数料を極端に安くしたり、無料にしたりするケースがかなりあります。

横浜銀行の場合
  • ネットバンキングと横浜バンクカードの契約を条件に、月2回まで他行あての振込手数料が無料。
(※2018年9月19日現在)

自分が使っている銀行に振込手数料がお得になる仕組みがないか、調べてみましょう。あまりお得感がないなら、給与振込口座を別の銀行に変えてみてもよさそうですね。

ネット銀行は全体的に振込手数料が安いところばかりでお得感が強いものの、会社側の都合で給与振込口座にネット銀行を指定できないケースがまだまだ多い状況です。

振込手数料の高い銀行を使うのであれば、振込回数を少なくして手数料のコストを抑える工夫をしてみましょう。

他行の口座にはいくらから預けられるの?

普通預金口座ですので1円から可能です。振込手数料を考えるなら、ある程度まとまった金額を少ない回数で振り込むのがおすすめです。

他行の普通預金口座に預けるメリット

預け入れる最低金額の縛りも、満期を決める必要もありません。気軽に利用できるのが便利です。

今利用している銀行の定期預金を調べてみると、最低預け入れ金額が1万円以上で少し高いと感じるときや、口座開設手続きが面倒な場合があるでしょう。自由度が高くて契約が簡単な他行の普通預金口座を使うのは、よいアイディアだと思います。

他行の普通預金口座に預けた後、その銀行の定期預金へ預け入れてしまっても構いません。

貯金用にする他行の普通預金口座の注意点

お金を貯めるのが目標ですから、引き落とし口座として使わないでください

指定するなら給与振込に使っている普通預金口座を選びます。これでせっかく貯めたお金を減らしてしまう危険を回避できます。

万能ではない預金口座の使い分け

ご紹介した預金口座を分ける方法は、貯金しやすい状態にするだけのものです。これさえやれば絶対に貯金できる、魔法のテクニックではないことを忘れないでください。

お金を管理するには便利ですが、定期預金も他行の普通預金も、お金を引き出してしまえば貯めたお金が減ります。貯金用として管理する預金口座のお金には、なるべく手をつけないようにしましょう。